FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー112】オリジナルパターンを創る。 

【ある日のコーチング・カレンダー112】オリジナルパターンを創る。

 

コーチとしてのチーム創り『成果の出せるチーム創り』とは。

そんな秘策があったら教えてほしい。

 

秘策はないが、成果を出せれば、勝てるチーム創りの可能性を引き出すことはできる。

そのチーム創りの原点は、『メンバー一人ひとりの能力を分析』である。

「こんな能力の低いメンバー」で何ができる。

 

そう思われる指導者は能力の高い、自分の意にかなった選手をリクルートして集めてくればいい。そちらの方にシフトすれば良い。

しかし、多くのミニ・中・高・大学では選手集めはままならない。

ならばどうする。

あのチームはリクルートし、選手を集めて、良い環境で出来るから強いと愚痴って諦めればいい。そのようなチームの指導者対象へのアドバイスではない。

 

まずは、こんな空表を創る。(高校チーム)

名前

身長

運動能力

性格

A

 

 

 

B

 

 

 

C

 

 

 

D

 

 

 

等、スポーツ選手としての必要な項目を上げる。行く通りでもOK

そして、一人ひとりを思い浮かべて、表を完成させていく。

 

先ずはそれを眺めて、

どんなチームを創りたいかを指導者として、箇条書きで上げてみる。

・頑張るチーム

・走るチーム

defense力のあるチーム

・全員バスケを目指す

そして、大会でどのレベルを目指すかを願望も含めて書き上げる。

・全国制覇

・県制覇

・県大会出場

などなど。

書き上げてから、チーム選手表を眺めてみる。

 

目標設定に無理があると判断したら

その理由を書く

目標設定が可能と判断するならば、

その理由を書く

 

目標を『無理』『可能』にかかわらず、

優勝する、1番になるために条件を箇条書きにして上げてみる。

一番になるために条件を現状のメンバーで可能かを分析してみる。

各項目でのギャップ(差)があったとしても、先ずは自チームや勝てるチームの仮の勝利の為の分析データは創れる。

箇条書きした勝てるための項目と現チームとの比較した分析結果をまず、持つことである。そのギャップを埋めるために『どうすれば?』を考えて公式戦までのスキルを創ることが指導者としての仕事であり、使命であり、チームへの貢献であり、役割である。

差が大きくても差を埋める努力できっと何かが生まれる。また、創りだすことができる。

始め無くては何もうまれない。

 

信じるか否かは、あなた次第である。

私はこの様にして、勝てる可能性を見出して、強いと言われるチームに何度か勝利をしたことがある。

分析して、諦めず、具体策を日々の練習に組み込む第一歩が自チームの選手分析である。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1499-eb723245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード