FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー102】可愛くば 

図1
【ある日のコーチング・カレンダー102】可愛くば

「可愛くば、五つ教えて 三つほめ 二つ叱って よき人とせよ」


いつぐらいから二宮金次郎(二宮尊徳)さんの銅像がなくなったんだろうね。
道徳教育の賛否が渦巻く頃だろうね。

この句読んでみてください。
子育てや生徒指導に大切な心がけと思いませんか?
過去のすべてを否定しちゃダメだと思う。

温故知新。

凄い人が過去の日本には存在していた。
時代と共に消しちゃダメだ、活かさないとね。
古~いと言わずに掘り起こそうぜ、過去の偉人を。

おっと、そんな銅像しりません世代にどう発信したらいいのやら?
わかりません

どんな人、仕事の合間に時間を惜しんで勉強した人。
農政改革に取り組んだ人などなど
とにかく真面目な人です。

そのことはさて置き、この教えの「三つほめ」、現代っ子がよく言う「私は、誉められての伸びるタイプなんですよ」と人に自分をアピールする。そんな現代っ子に最適じゃないですか。先ず、誉めてみよう!に乗りましょう。
ここで、でもね。「やることやろうよ」に着目し、君の主張も聞き入れるから、「しんどいことや、努力を伴うこともやってみようよ」を指導者は教えるべきである。
この教えの「二つ叱って」は、怒るなどを意味しないと受け止めている。「何かを頑張ってみようよ」が込められていると理解している。
「君の良い所、ここだよ。だから、もう少し頑張ってみないか」の過去からのメッセージが現代に届けられている教えではと思う。
「5つ教えて」の欠如が平成の世に届いた強烈なメッセージだと指導者として、心して指導に当たろうと思ったことである。

最後に「可愛くば」は、チャレンジさせるスキルの提案であり、指導する対象の未来への成長への言葉と理解し、この教えを紐解いている。

偉人の教えを実践するに値する素晴らしい言葉と受け取っている。
その具体化の道標が自分の理念づくりである。

信じるか否かは、あなた次第である。


スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1488-e2a09228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード