クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー101】実行に移す 

【ある日のコーチング・カレンダー101】実行に移す

ある方から
今日の練習終わりに早速、「明日から頑張ろうミーティング」を取り入れて見ました。
小学生なので3つは無理だと思い1つ今日の練習で頑張ったところ言ってもらいました。するとみんなすらすらと話してくれました。しかもいつも私が注意していることを話してくれました。私は少し感動するとともに、子供たちをみくびり、3つを1つにしたことを反省しました。
今日の練習でも声が出ず、コーチの注意を聞いているのか不安でしたが、少しは届いているのかなと思いました!
次の練習からは3つ聞こうと思います。
との連絡をいただきました。

素晴らしいと呟きました。
そして、『出来ない壁』の思い込みをつくってはならないと改めて思った。
『やるか、やらないか』で成果をつかむ確率は50%です。
『やらない』を選択すれば、確率はゼロ%。
更に『やる』を選択すれば、87.5%の確率を得ることが出来ると云い続けている。
ただし、成果を出せない確率も12.5%ある。
全てが成果を出せるとは、言い切れない。
だから、修正・改善と努力で『続ける』必要であるとも伝える。

成果を100%近く出せには、水準を上げる。日常の普通レベルを上げて『続ける』必要がある。この方の文章にある「子供たちをみくびり、3つを1つにしたことを反省しました。」が大きなヒントである。

成果を出せるには、時間軸&数値目標と着地点の微笑水準(成功イメージ)である。
その時の壁が『そんなこと出来ない』である。

しかし、「次の練習からは3つ聞こうと思います」で修正・改善で壁へのチャレンジが即実行されている。

壁を与えるのも、
壁をつくるのも、
壁をぶち破るのも、
指導者としてあなたの仕事であり、チームでの役割であり、使命でもある。

信じるか否かは、あなた次第である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1486-5dd7f506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード