クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー81】ボトルネック (bottleneck) 


繝懊ヨ繝ォ繝阪ャ繧ッ_convert_20140826093105
【ある日のコーチング・カレンダー81】ボトルネック (bottleneck)

ボトルネック (bottleneck) とは、システム設計上の制約の概念。英語の「瓶の首」の意。一部(主に化学分野)においては律速(りっそく、「速さ」を「律する(制御する)」要素を示すために使われる)

それがバスケットボールコーチングに何が役立つの?
大いに役立つ考え方である。
写真の⇒赤丸の部分がボトルネックである。
会社によってボトルネックの大きさは異なるのではなく、用途によって流れ出る量を調整するために狭くしたり、広くしたりしてあるとある時に知った。

それがオールコートアーリーオフェンスやファーストブレイクの時のプレイヤー同士の合わせのタイミングが上手くいかな時に速度調整を書かれて本に出会った。その本は向上のベルトコンベヤーの速度を調整することにより作業効率が上がるという企業コンサルティングの本だった。
全てのベルトコンベヤーの速度を上げれば、生産性は高まると信じていた工業長が従業員に叱咤激励していたが一向に作業効率が上がらず、疲れ果てた従業員の姿があり、作業の違いがあるのにもかかわらず、全行程の速度を一定にして、速度を上げて工場の生産性を上げようとしていた。しかし、計画は破たんした。

その時に従業員の能力差や作業の違いであることをコンサルタントに指摘し、工程別に速度を変えてみた。
すると工場全体の生産性が向上し、従業員のやる気が向上した。

この話の読んだ時に閃いたことがある。
アーリーオフェンスに於いて役割別に、ポジション別に5人の速度を変えて見たら、チーム機能が発揮できるのではと考えたて取り入れてみた。
すると凄くプレイの連続性がアップし、機能し始めたことを体得するに至った。そして、練習ゲームに於いての試しで得点力が大幅にアップした。

信じるか否かはあなた次第である。

スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1464-6f4f3836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード