クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー62】日ごろの実力を発揮できる(強い)チームを創る 

【ある日のコーチング・カレンダー62】日ごろの実力を発揮できる(強い)チームを創る

テーマ「日ごろの実力を発揮できる(強い)チームを創る」
問題解決の第一歩の“頭の体操”
『目的を明確にする指導者のため合宿MYデータレーニング』
積み重ね法ではく、フィードバック法の採用のために
問題解決の根本を問いかけます。
職場にたびたび遅刻する
・何についての問題なのか…時間通りに起きられない
・何が問題なのか…睡眠時間が少ないこと
・それはなぜか…遅くまでテレビゲームをしているため
・何が問題の解決のカギか…23時以降はゲームをしない。
何故、遅刻問題を解決しようとするのか。
その目的は何なのかを明確にする。
・会社、同僚、他社、学校、クラス、クラブに迷惑をかけている。単なる個人の問題であること明確にするため。
これは学校だから経済的損失にならない。でも、会社なら…。当然、損失である。
会社なら減俸とできる。会社の損失でもあり、本人の痛手を被る。会社の同僚の減俸にもつながりかねない。→社会人としての常識。
しかし、学校内では個人の問題として終わらせていることが多い。問題の先送りなのである。→この点を改善すれば、学校に社会的常識が構築できる。
・本人とってマイナス要因であることを明確にする。
GS001_convert_20140730105906.jpggs003_convert_20140730110023.jpg

GS002_convert_20140730110048.jpg

部活動は、とくに運動系クラブは学校という組織では社会的常識を構築できるチャンスが多く転がっている。→ここが強いチームを創るヒントである。
特にバスケットボールは時間との戦いである。定められた時間内に得点関係を争う競技であるので時間という軸は大切で重要な要因の一つである。時間内に何かをする習慣づけこそが強いチーム創りのポイント(要因)である。

信じるか否かは、あなた次第です。


スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1439-e133877d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード