クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー61】上手くなる、 突然、その日は訪れる。 

明日からインターミューラル三朝合宿。
思い出したことがある。
真面目は宝、努力が報われる瞬間がある。
それを逃しては、ならない。
【ある日のコーチング・カレンダー61】上手くなる、 突然、その日は訪れる。

ある年代の合宿。

突然上手くなるわけない。
でもね、きっかけさえ掴めれば急上昇する選手がいる。
久しぶりに鳥肌が立つような思いを経験できた。
苦手意識は存在する。
ここ何年も勝てなかったチームに勝てるようになった。
ある日、そのきっかけをつかんだ。
チーム全員で実感できた瞬間が訪れた。
コーチにも肌で感じてもらった。
サッカーのオシム監督がPK戦を見ずしてピッチを離れるように、
指導者である私もコーチに任せて、コートを離れた。
プレッシャーによる変化では本物ではない。
自分たちでつかんだ実感を味わってほしかった。
選手・コーチ・監督、チーム全員が暗闇を抜け出して光を見た瞬間を体験できた。
試合後のコーチからの報告は「明らかに変りました」である。
明らかに変ったものとは、取組む姿勢であり、頑張りのポイントである。
ずれていたベクトルが一致しだしたのである。
全員が上手くことは不可能である。
しかし、明らかに変ったのである。
「走るバスケ」の速度が増した。
「ボールは疲れない」この言葉が理解できた。
明らかな変化を自覚できても、出来ないものは出来るまで頑張れば良い。
ベクトルに狂いが無ければいつか追いつく。
今日のミーティングで「格差を埋めろ!」とクラッチは叫んだ。
他人負けせの格差是正なんてスポーツの世界では必要じゃない。
与えられたものでは差は埋まらない。
8時30分の集合に8時30分に来ていては、差は埋まらない。
どうすれば良い。自分で考えるしかない。
試合に出られないのは監督が悪いのではない。
チャンスを与えて、成果を見ているのが監督の仕事である。
自分の都合で休んでいる者にチャンスがあるわけが無い。
それ程、お人よしのチームじゃない。

信じるか否かは、あなた次第です。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1438-77c411a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード