クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【ある日のコーチング・カレンダー56】ライバルいれば自然に育つ。 

【ある日のコーチング・カレンダー56】ライバルいれば自然に育つ。

競わせての日々。
ある時、ある場で
「先生、たった5名の部員じゃねぇ」って、諦めの声を聴いたことがある。

その通りですよね。
部員が少なくっても、競わせる姿勢を忘れては、競技スポーツのコーチは出来ない。
市民スポーツで健康の為なら競わせる必要はない。

自分自身と競う。
ある時、始めた市民マラソン。
汗かく程度のチャレンジ。
でも其処にもクラッチの競争原理が働いた。
42.195km4時間を切るチャレンジである。
その結果、6回連続の完走。
これもある種の競争である。
「それがどんな競争なんよ?」って叱られても、自分が決めた目標との競争である。
驛ィ蜩。謨ー_convert_20140724180625

これだけ、部員が要れば、試合に出たければ、
競わなくてもいいのに競う。

別の観点での争い?
「こんな事も競争なんかなあ」ってこと。
同じ学校内で啀み合っている部がある。
同じ種目で、同じトーナメントで戦うのなら、むき出しのライバル心で戦うのなら理解できる。
同じ種目でも、男女が戦うことがないのに啀み合っている。
それって可笑しいですよね。
「お互いに頑張ろうよ。どちらが早く全国に行けるか競争しようよ」は理解できる。
でも、戦いもしない同士なのに啀み合うようなライバル心はいらない。
この関係って、格好聞きますよ。
同じ学校で違う部の顧問同士が口も聞かないってことを。
だから、総合型市民クラブが成り立たないんだよね。


共存はできる。
最近、校庭開放でラグビーとサッカーの競技者が共存して、市民スポーツクラブが行われていた。すごく良い雰囲気に感じた。
こうでなくちゃね。
その中で「そちらも参加数が増えましたね。僕らも何とか増やそうって頑張ります。その知恵を教えて下さい」
「どうぞ、どうぞ、活気のあるスポーツマンの姿は良いですよね」
「そうですよね!」
「今度、大会はいつですか?」
「5月です。」
「私たちも5月です。お互いグランドを譲り合いながら、頑張りましょう!」
「そうですよね」
これが善なるスポーツマン育てる要因である。


専用グランドなんて、専用体育館なって現状ではあり得ない。
共存が原則である。
その中に共栄の精神が組織や指導者にあれば最高。
競わせるは、自分の種目内で指導者のコンセプト(方向性)である。


共栄もできる。
結論としては、良きライバルイズムを創ればいいのである。
その為には、枯れ木のにぎわいからである。
とにかく部員を増やすことである。
学校の中に部の数を増やすことである。


陰の声・・・
「増やせないので悩んでいるんや」
「増やすためにどうすれば・・・・?」


学校自体に活力がないので・・・・。
部活動に理解がないので・・・・。
近所に熱心な中学がないので・・・・。
やる気の生徒ばかりで・・・・。
受験が邪魔して・・・・。
親の協力が・・・・。


そこで提案である。
この辺は全てまでとは言わないが解決できる領域である。
学校に活力がなければ、活力を付ければいい。
学校改革をすれば良い。自分の部活だけを考えているから、
前に進まないのである。
共存共栄を目指せばいい。
クラッチが畷北でバスケ部を強くする前に、
部員が増えるすべを考えた。
学校に魅力があれば、学校は変わる。
学校が変われば、やる気のある生徒が来る。
やる気のある子が入学してくれば、学校は変わる。
その為には5年間教員が変わるための努力をすれば変わる。
このことを取り組んだ結果、部員が1年に10名づつ増えた。
その増えた部員に勇気を与えるために、指導者が頑張った。
部活動だけじゃない所でも頑張った。
その姿を見せて。「俺の背中をみろ」って頑張った。
クラッチがあれだけが頑張るんやったら、俺たちもってきにさせた。
すると学校が変わった。バスケ部も勝ち始めた。


まだ、全国に手は届かないけど、10年6回近畿大会にでた。
ちょっとましな部活になるに5年、
それ以上にさせようと頑張った5年。
1日や2日で出来る妙案なんてない。
どの年も、手を抜いたことはない。
それは、部活指導の事だけではない。
学校という組織の全てにである。

信じるか否かは、あなた次第である。




スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1433-2e91eab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。