クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

成功への第一歩。 

成功した人の数だけ、成功事例がある。
成果を出せない人の数だけ、失敗事例はある。

成功と失敗の間に諦めという境界線がある。
成功者は単に諦めずに成功するまで続ける。
ただ、その要素が分岐点である。

『修正改善』と『真似る』が私のとっての成果を出せる分岐点である。
こうすれば、成功するのではとの思いが浮上すれば、具体策を練る。
そして、次に日には必ず、行動に移す。
これが秘訣と勝手に思っている。
成果が時には出なかったとしても、異なる切り口が浮上すれば、成功するかもしれない。だから、成果が出ないことを徹底的に分析して、書き残す作業が次に繋がる。
『育成』には全てが、提供するメニュー、スキルが当てはまるとは限らない。
だから、色々な引き出しを用意して、対応するチカラを持つことが指導と常々考える指導者としてのルーティンと心がけている。

ただ続けると言っても、成功、成果に結びつかないパターンはチームには、諦めが蔓延る。
だから、ささやかでも良いから成功する体験が見えてくるとである。
一度、成功を味わうと効力感が芽生える。
効力とは努力の源みたいなもので、こうすれば、こうなるが脳に記憶される。
成功体験を組み込むスキル、メニューの提供者が指導者、コーチである。
このチームは凄いよなと感じる時は、きつく、しんどい練習でも目の輝きを失わないプレイヤー、部員、生徒たちの姿勢である。
それを創るのが指導者の使命であり、仕事であり、チームでの役割である。
この原則があれば、かなりの確率で勝利に結びつく成功体験は創れる。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1430-a89b2a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。