クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー㊷】“知っている”=“出来る”は違う 

【ある日のコーチング・カレンダー㊷】“知っている”=“出来る”は違う

“知っている”=“出来る”は違う。
知識として知ることとが成果を出せるとは必ずしも一致しない。
教える、伝えるだけで必ず成果を出させるとは限らない。
一方的に伝えても、指導者が教えたことに自己満足しては、教えられる側の者(生徒・選手・社員など)には不満が残る。
教えられたこと、伝えられたことを「やってみようかな」「やってみよう」の気持ちが出てこない限り、教えたことにはならない。
出来たことに満足、教えたことに満足、伝えたことで満足感に浸っていては、成果は出せない。
満足からもう一つ上の感動にまで結びつく、心に響く何かの提供が必要となる。

さほど難しいことではないと考える。

努力の先にある成功をイメージさせて、ささやかな成功体験を積み上げることに喜びを感じさせれば、出来るにつながる。
出来たことを自覚するために、ガッツポーズで成功体験を心(脳)にインプット、
出来たことを自分以外の人とハイタッチやバーンで共有できる成功体感をすれば、チームワークが構築される。

モチベーションが向上する成功体感がやってみようのアウトプット構築に役立つ。

教える、伝える先に成功体感を構築させることが指導者の役割であり、仕事であり、使命である。
教室の、コートの生徒、選手は何を望んでいるかを考えて、教える、伝えるを指導者が楽しめばいい。
それが時には、しんどさや時間がかかったとしても、見える教え方、見える伝え方が出来る人ならば、教室、コートの雰囲気は大きく変わる。
“出来る”を提供することが教えるであり、伝えるである。
“その気にさせる”を今すぐに、今日からでも、楽しみましょう。

その気にさせるのは、あなた次第です。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1415-1c594f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード