クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー㊶】ホワイトボード(黒板)活用術「書いてすぐ消す?」 



【ある日のコーチング・カレンダー㊶】ホワイトボード(黒板)活用術「書いてすぐ消す?」

「自分ならどうするか」を常に考えろ。
練習前のミーティング、練習内容のホワイトボード(黒板)に書く。
そして、説明する。
説明後、質問を受ける。
常に質問を受ける雰囲気は醸し出してある。
いや、質問せざるを得ない状況下でミーティングを進行させる。

それは常に「(君は、君なら)どうする?」を提案し、質問し、返答を求める。
返答は私が求める満点回答でなくとも、構わない、答えることが大事であり、「自分はこう思う」「こうする」との返答が大切だと判断している。

「彼は、こう持っているが、君はどう思う」と質問を投げかけていく。

色々な意見や考え方があって、当然、否定はしない。
「でもね…」と投げかけを続ける。
皆が考え、意見を言ってくれた。
共通認識を持てたらいいが、すべてバラバラな主張なら、「チームはどうなる」と投げかける。

その中でベストな内容を抽出するには、莫大な時間が必要となる。
そこで、指導者として、こうしたい思いを語る。
一つのベクトル構築のための提案をする。
「こうしよう」と提案する。
ホワイトボード(黒板)に書かれた練習図をすべて消す。
そして、もう一度だけ、書く。
そして、消す。
この後、チーム全員が同じ図が描けて、求める方向性「このプレイは何のために行うのか」を統一のあるものし、自分は何をすれば、このプレイを機能させることが出来るかを考えて、チーム全体がプレイする習慣ができる。

一度、このようなミーティングを開いてみてください。
チームの取り組む姿勢が明らかに変わります。
起こせイノベーション!
自分で考える。
必死で話を聞く、ボードを見る。
ほんの少し、集中するだけで脳は働く。記憶させることが出来る。

信じるか否かは あなた次第です。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1414-65ced163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード