FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

学ぶ姿勢(三朝インターミューラル・レポート3) 

学ぶ姿勢と素直さ

*文章と写真はリンクしていません。
CIMG1395_convert_20100807084506.jpg

三朝合宿での出来事。

じっとコートを観ている一人のプレイヤーが居た。

気になるので声をかけた。

「合宿、楽しいかい?」

「あんまり試合に出れないし…」と少し暗い。

高校からバスケを始めたのでなかなか使ってもらえなく、セカンドチームに居るという。

その彼が試合前のアップでシュートを打ちだした。

リリースは非常に良いのだが構えに難あり。

更に声かけをした。「チームメイトの真似をしているんだね」と

チームメイトのホームに瓜二つである。

このチームはほとんど同じシュートフォームで打っている。

チームのコーチの許可を得て、臨時のクリニックが始めた。


「君らはディフェンスが前に立たれるとシュート打てないだろう?」と問いかけた。

「?????」で返答がない。

言葉を変えた。「ノーマークの時しか、(シュートが)打てないだろう」と。

その状況も理解出来ていないようである。


初心者プレイヤーに問いかけた。

「君は真似るという高い能力を持っている。でもね、間違ったことを正しいと思いこんじゃ駄目だよ」

そして、彼が見本としてるプレイヤーにシュートを打ってもらった。

次に私が軽くディフェンスしてみた。打てない。構えに難あり。

この見本になった子が悪い見本にされたとすねだした。(えっ?)

君も試合で結果出せるようにしてあげるからと言っても心を貝にしてしまった。

この子は後で正すとして、捉えず、初心者プレイヤーをクリニックした。

すると見る見るうちに好転していく。表情が変わった。

この彼はゲームでプレイにチャレンジし始めた。成果が出るのも直前である。


ところですねたプレイヤーはどうなった?

試合の合間を観て、声をかけた。でも、????のままである。

「さっきはごめんね。君も変われるチャンスはあるよ」

「君が下手だとは思っていないよ。君のプレイが上手くいくようにアドバイスしてもいいかな」

表情に変化が起きた。受け入れ始めてくれた。

そして、細部まで丁寧にクリニックした。


体育館のギャラリーに目を向けた。この2人が真剣に他のチームの試合を観ている。

この夜、2人に声をかけた。

「バスケ楽しいかい」と

目が輝いていた。


一つ仕事ができた。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/139-6a461845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード