クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【ある日のコーチング・カレンダー㉑】『たった一つの決めごとがチームを大きく変える』 

【ある日のコーチング・カレンダー㉑】『たった一つの決めごとがチームを大きく変える』
クラッチ式バスケ合宿MYデータ
コーチング(実戦力)向上「具体化編」
オフィスKURACH倉田伸司制作    

『たった一つの決めごとがチームを大きく変える』
指導者の意識が変われば、チームは変わる。

何を どのように どうすれば、どうして変えれば…。
それがわかれば、チームは変われる。
チームが変わるというは指導者が変わるということである。
変わるということは目に見えて、誰が見ても変わったと自覚や認識できることである。

白い色の服しか着なかった人が黄色や赤色、いや、花柄のシャツを好んできる。
明らかな変化である。
きっと、心の変化がそういう行動をとらせたのである。
古いシャツを脱ぎ棄て、色まで変えるという行為は心の変化である。

自己分析でもう一人の自身を観ることができました。
その自分を飛躍させたいと思いませんか。
大きく変わる必要はないのです。
白いシャツを色ものシャツの衣替えをすれば良いだけなのです。
ユニクロの白いTシャツもブランド物の高価な白いTシャツも白色に変わりはない。
でも、同じユニクロでも黄色のTシャツでは明らかな変化がある。
ましてや恥ずかしが屋の人が彼女と手をつないでデートしている。
凄い刷新(イノベーション)ですよね。
過去を知っている知人たちはどう思いますか?
あっと、驚くでしょうね。

多くの指導者が「走れ、走れ」という。
だったら、スタミナ消耗につながるバスケを止めようよ
ディフェンスしろと言うけど一人じゃ守れません。
だったら、マンツーマンぽいゾーンディフェンスやればいいやん。
それで勝てる。
分析しよう。考えよう。相手の嫌がることやろう。
この見える変化はどこから来たのでしょうか。
着替えようとした本人の心の変化ですよね。
外部の変化は内なる変化である。

指導者が変化(か)われば、チームは変化(か)わる。
その瞬間(とき)を見逃しては、変われない。
成功の着地点までの具体的方法をイメージして、着地点で微笑む自分を創造して、フィードバック(さかのぼる)してください。
すると具体策が見えてきます。

やり方は簡単です。
チーム分析を踏まえ
① できることをやる
② 責任を持ってやる
③ 数値目標を明確にする
④ 時間軸を考える
⑤ 成果につながることをやる。
⑥ ミスを叱らない。
⑦ 無駄なことはやめる。
⑧ 喜ぶ人を意識してやる。
⑨ 次を考える
最後に
合宿の最終日コートで立ち微笑んできる自分、チームをイメージして計画する。
数値目標が設定して、達成させる。
「やればできる、必ずできる」
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1386-4b97fb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード