クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【ある日のコーチング・カレンダー⑧】Simple is Best! 

Simple is Best!
シンプルで発展性のあるパターンを採用して、
メンバーに合わせて、その年のチームで取り組む。
その一つの考え方を紹介します。

【ある日のコーチング・カレンダー⑧】
バスケットボール・コーチング基盤となる技術『アーリーオフェス』
かなり昔(30年以上前。時はさだかじゃない)のある時、ある場所のある講習会で4レーン速攻のトレーラー(4人目の存在)を紹介した。
3レーン速攻が主流の中、「#④⑤プレイヤーが先行するパターンなんて考えられない」と否定された。
実践&実戦する中で非常に有効かつ、得点力アップに役だつと多くのチームが採用しているシステムの一つとなった。
それから、時が流れ、今じゃ4メンダッシュ、アーリーなんて、ごくごく普通にミニバスからトップチーム、NBAの多くの場面で観られるパターンである。

トレーラーの存在と展開力で可能性を広げる。
そして、どうして得点するかの共通ベクトルをチームとして持つ。

この動画(『走るバスケットボール』全10巻の一部)はYouTubeにアップさせていただいているものである。
*このブログのリンクにアップ。

それまでOffenseで60点ぐらいであったチーム得点が80点となり、全員バスケとして、チーム全員が理解するものとして続けていた。

現在、100対80のゲーム(4Q10分制)を目指しませんかを提案し続けている。
1分間に2点取れれば、80点。(40回のチャンス)
30秒に2点取れれば、160点。(80回のチャンス)
但し、すべて成功した場合である。
チームシュート成功率40%の成功で80点を目標にするならば、攻撃時間の短縮と攻撃回数を増やせば、80~100点は可能であるゲームマネジメントを想定して、スキル。メニューをチームに提案する。
これをチームを育てる技術プランとして、デザインしていく。
一つの考え方として、一度取り組んでみてください。

信じるか否かは、あなた次第です。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1369-7d142913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。