クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

ゲームマネジメント後の先 

戦術戦法の基本となる考え方『後の先(せん)』
全ての指導者のベンチワークを意味するものではない。

先手必勝という考え方も当然ある。
私は最後に一点勝てば良いがコーチングの根底にある。
だから、出方を観るというのがベンチワーク、コーチングなどに出てくる。

『後の先』という考え方でゲームマネジメントを進めて行く事を得意とする。終わり方に重きを置く考え方でスキル、メニューを組み立てる傾向にある。『観る、試す』を前半に『修正・改善、成果』を後半でプランを立てたり、相手の出方を見たり考えたりして、ゲームのベンチに座る。日々も同じである。

対応の引き出しを沢山持っていることは大事である。しかし、後で「あっ、そうか」では意味をなさない。即効性のある引き出しを如何に有効に出せるかは経験する、させるしかない。だから、練習で多くの失敗をし、即解決の対応力を構築させ、且つ、短い時間で成果を残せる体験は必要である。

どの程度まで観るのかのラインこそ、コーチングの妙であるし、自分で得るしかないものである。

一杯、公式戦までに失敗しましょう。
そして、解決しておきましょう。
それをするのが大事である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1313-7af9f661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード