FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

「菜根譚」 

sankontan_convert_20100726094745.jpg

ある日
「さいこん」という知人が居る。その人からデフ(聴覚障害)バスケットボールの講習依頼を受けた。残念ながら日程が合わず2月まで延期。「菜根譚」と言う中国古典の訳書を毎日読んでるので、「さいこん」さんのお名前は「菜根譚」から来てるんですかと尋ねるとそうだという。これは凄い名前である。
5 秒以下前に webから

とツイッターにUPした。

大阪のバスケ関係者のひとなら多くご存知である「林 彩根」さんのお名前の話である。

習慣として毎朝、起きると読書をする。

リビングのテーブルの上に置かれてある「菜根譚」である。

もう何回読んだか記憶にはない。

中国古典である。原書は難しくて私の知識と学力では無理である。

訳書である。「五島慶太・田中角栄・川上哲治・吉川栄治・・・。江戸時代から偉人たちに愛読された、中国至宝の処世訓」と本カバーに書かれてある。

短い教えの文章が1ページ、1題。

その中の一文
 「人に与えた恩は忘れてしまうのがよい
 しかし、かけた迷惑は忘れてはならない。
 人から受けた恩は忘れてはならない。
 しかし、受けた恨みは忘れてしまうべきだ」 

現在の私の心のバイブルである。

一日一題の日もあれば、何題も繰り返し読む時もある。

こんな凄い本の「菜根譚」からお名前が来ている。

林氏の人のために精神が名の通り、流れている。

暑い日が続く中で爽やかな話である。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/131-5b574539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード