FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

声が届く 

多くの方との出会いで
頑張る指導者の悩みが出会いの数だけある。
多くの方との話の中で共感できることばかり。
そこで提案することも多々ある。

それはなぜ?
チームの選手・部員を悲しませたくない。
それは何も勝者になることだけを意味しない。
やってきた軌跡が布石となって、未来に活かしていただきたく提案する。

やるか、やらないかはあなた次第である。


色々な状況下で指導されている指導者の声が届いてくる。何とかして自信をつけてやりたいと思いが込められている。たった三人の部員、離島で練習試合ままならぬ、練習試合時間1時間、体育館使用週二日で半面などなど。指導者の誠意でやっと存続されている。その中で夢を語っておられる。

参考にと届けた。
チームを任された時、たった一人の部員。その時、絶望感よりも不思議に未来をその部員と語り合った。未来とは「部員を増やして、バスケの紅白戦ができる」だった。1年後、7名にその時、練習試合で勝ったことがチームの飛躍に繋がった。そのチーム、数年後に50名超える部に成長。上位チームになる。

「何とかなる」より「何とかする」を言い聞かせる。
楽観的に何となる材料を模索して、探し当てて、具体策を提案する。
夢物語ではない現実的なものである。
夢物語ではないが『夢』はある。
夢の具体化で『出来る』が現実のものになれば嬉しい。
大きな壁を細かくしてぶち破る。
結果、壁を破る。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1309-1ee1299a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード