クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

諦めちゃダメ。 

できる選手の伸びしろより、出来ない選手の伸びしろの幅は大きい。
それをチーム育成の目安とする。
これがクラッチイズムである。

できない選手集団を預かる機会が多かった指導歴、
育った結果で「いいチームですね」と評価されても、さほど嬉しくない。
それを育てるのが自分仕事であり、役割であり、
そのチームの指導者としての役割に過ぎないと常々考える。

先ずは先入観で選手のランク付けはしないを心がける。
指導者とのチームのビジョンに照らし合わせて、新入部員は全て出来ないを前提にスタートラインに立たせる。
競争の原理の平等化、平準化が指導者の仕事と考える。

だから、競争で起こるモチベーションは向上する。

そこで出来たを評価する。
それがチーム創りの第一歩とする。

多くの方が諦める、かける選手としての素材を機能させる。それは選手への励ましが第一、次に指導者としての自身への励ましを込める。この選手が育てる過程がチームの成長と比例すると常に言い聞かせる。育って人の目に触れる時には、育ちの過程は世に出ることは殆どない。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1307-eaecf56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。