FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

自主性を考える 

部活本来の姿勢に『自主性』を組み込みたいものである。
それには異論はない。

しかし、丸投げの自主性には異論を唱える。

部員にすべてを任せれば良いの主張で完全に部員だけにするなら、学校という中に部活は必要はない。
完全に部員に任せればの主張も指導者の意向が組み込まれている。
だから、丸投げではない。
完全丸投げの自主を唱えるなら、一切口を挟まない。
それで成果を出せるならそうすべきである。

あえて主張する。
丸投げの自主なんて、
ありあえない。

最初に方向性を示して、それを追及させるのなら、すでに指導者の意向が加味されている。

そこで部員たちへの方向性はしっかりと示すすのが指導者の仕事であり、使命である。
方向性の提供が部活というチームへの指導者の役割である。

右往左往している部活のチームを何度も観てきた。
それは自分がマネジメントするチームだけの限らないtころでの経験である。

着地点を明確に示し、それに向かう努力の過程での自主は大いに結構である。
更に自主への評価機能を明確に示すことのできる立場を示せるのが指導者である。

自主的にさせるも、評価がなければ、何も感じなくなる。
楽しくやろうぜ、『どの様に』
楽しくやった成果を評価してあげる役割が指導者に課せられた仕事である。

楽しくやろうよ『この様に』との相互関係がモチベーション維持につながり、
成果が見えてくる。

『どの様に』に『この様に』関係構築が部活の未来が見えてくる。

競技スポーツなら、競技をさせれば良い。
技を競うためにどうすれば、こうすれば関係が大切である。




スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1280-1ed255e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード