クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

一人で抱えこまない。 

一人で責任を抱える必要はない。
さりとて、人にせいにするのもね。
運命共同体としてのチームを考えてみようと提案すれば、多くの者が逃げ出すかもね。

チームが成果を出すには必要な精神構造である。
このイズムを教えて、チームがまとまらない限り、成果は絶対に出せない。
あえて、絶対と表現する。
古今東西、表現の違いはあれども、変わらない真理である。
『徹底力』が全てに行き渡ってこそ、成果が現れる。
何かの不安材料がチームに燻っている限り、敗退した時に一気に不安材料が吹き出してくる。
「自分のやりたいことが他にあるのでやめさせて頂きます。チームに迷惑がかかるから、試合期間中なので言い出せなかった」はよくある話。
勝ち続けていたら、どうなのか。
真剣にこれからのチームを考えていた時に更ににチームに亀裂が走る。

よく聞く、よくある話である。
でも、本当に他にやりたいことがあるのか。
途方に暮れるていることの噂はよく聞く。
長い指導歴の中で「辞めて良かった」より悔やみの言葉の比率が圧倒的に多く伝わってくる。

去りし者追わずで残った者がさらに情熱を傾けることに専念すべしである。
チーム内のやりがいを与える術を考察して行くことに徹するべきである。

出来ないことを他人や環境出来ないことを他人や環境などに転化している間は100%に近い確率で成果は期待できない。
自身の事と捉えて行動している人にはその時出来なくとも期待はできる。
責任を背負っているかが大きな問題である。

スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1247-909939ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード