クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

絶対を考える 

チームをどう育てるか。
結果を出して、チームに自信を構築させたい。
日々の練習だけで自信がつくとは考えづらい。
私はいつも、そう考える。
とは言っても勝利至上主義とも考えていない。

日々の練習は競技スポーツを志す限りなく、勝敗を意識するのはごく普通の考え方である。
勝者を目指すための努力に意義を感じて、どうすればを常に考える、考えさせる。

練習の成果が出せて、成果を自覚出来て始めて、自信が芽生える。
特に本番で成果を出せて始めて、ヤッター感が構築される。

チームを育てる時に『絶対はない』、しかし、『絶対を求める』。その絶対とは『成果を出す』と位置付けて、『信頼の構築』が可能性を限りなく、『絶対』に近づける。信頼関係には、選手と指導者、チームスタッフ、チームメイトなどがある。絶対を求めるときにそれこそ絶対の信頼関係が必須である。

信頼関係から『絶対』が醸し出されて、絶対的信頼感で成果が出せたり、困難と向き合い乗り越えようとする時に『絆』ができる。チームスポーツでの技術習得には、自分以外のプレイヤーの存在を意識せずにプレイを機能させるなんてことは考えづらい。個とチームというテーマは延々に続く。

チームを意識しても、得点を考えた時に、最後は『個』の力で成果を出さなければならない。個の繋がりでチームプレイは成立する。この力の発揮場所を設定しスキル、メニューを創る。個はチームを意識して、この練習、トレーニングをする。コーチングを考えた時に『個とチーム』が私が考える『絶対条件』である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1219-d02ce95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。