FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

1点差。 

これだというパターンを構築しても、パターンを覆しに来る試合相手がいる。自分の勝ちパターンに持ち込むには、相手の出方に対する対応力を準備しておく必要ある。それが攻撃、守備、どちらに重きを置くかは、指導者の感性である。40対39でも、100対99でも、1点差である。

40対39、100対99の1点差でに何を感じるか。オフェンス力、ディフェンス力。究極のことを言えば、守らないと勝てないし、攻めなければ勝てない。40対39がディフェンシブなゲームで、100対99がオフェンシブとは言い切れない部分がある。最後は守って攻める、攻めて守るである。

最後にどれほど集中出来るかは、日常のトレーニングなどにゲームの場面を如何にリアルに想定したものを提供できるかが大きく左右する。覚える時と勝ちを意識する時のバランスを考えてのコーチングが指導者の仕事である。楽しさと厳しさの共存は非常に難しい課題である。それが出来なけれ勝ちはない。

チームの勝ち負けを背負ってプレイする究極の場面は
バスケットボールにおいては、最小得点1点差と時間関係である。
1Qの残り時間と1点差には、さほどプレッシャーを感じないでプレイできる。
しかし、4Qの数秒での1点差はかなりの重圧のプレッシャーの中でプレイしているはずである。
かなり重いものを感じて、シビれる思いをしているはずである。
それに打ち勝つトレーニングは必要に決まっている。
それが厳しさである。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1197-4035bf6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード