FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

意図的に 

その日にやり終える。
それに反して、意図的に翌日に持ち越させる方法を取り入れていた。
それはなぜでしょうか。
出来るまで一日の中で予定時間を過ぎても続けることに効果を見出せなかったからである。
出来るまでやること多くのチームが実行されている。
そのやり方を否定することはしないが、自分はあえてやらなかった。

それは、モチベーションの継続を考えてである。

バスケットボールという競技は限られた時間内でゲームは繰り広げられる。
全てを40分内に解決させていかなければならない競技スポーツである。
また、国際ルール1Q10分内で結果を求められるスポーツである。
だから、10分をすごく意識させる時間で物事を解決させる方法を導入する。
あっさりしているといえば、あっさりしている。
10分以内解決を常に要求した。
出来るまでをその日にとは要求しなかった。
その時間内に限定していた。
できなければリセット、次に託す、最初からやり直す。
とは言っても、その日に解決しろとは思っていなかった。
公式戦のその日に結果が出せればと理解させていた。
今日できなかったことを宿題として、考えさせるを持ち帰らせた。

明くる日、解決法を提案させて、チームで考えさせた。
それを繰り返して、公式戦を目指させた。
公式戦前日のできれば、良いとさえ思っていた。
修正改善を10分間リズムで解決させた。
それがクラッチイズムだった。

体力的疲労感を明日に持ち越させるリスクを極力嫌った。
頭を使うことはさほどの疲労感を感じることがないと考えていた。
休めれれば、いいアイデアが創れるのではとも考えていた。

できが悪い日もじゃこれで終わり、また明日ねでチーム練習は終了してた。
個人練習をやりたければ、早朝に来れば良いと割り切っていた。
自分たちでやろうと集合して、解決策を練る。
それもありでした。

反論ありの方がおられても当然である。
異論を申し上げません。
それがその指導者のコーチングだからです。
でも、こんな方法で成果を出して来たチームも存在することを知る価値はあると思います。
暗中模索の中でたどり着いたものですから。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1186-f7a20ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード