FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

詰めを誤ることなかれ。 

「ぶち壊す気か」と叫びたくなる一瞬の出来事。

せっかく良い結果を残せそうに感じていたのに魔がさしたかのか、体調不良や不慮の事故。
長い指導者生活で何度かあった。

順調であれば、ある程、起こるアクシデント。
振り返れば、その要素はあったはず。

大事な一戦を前に、自信がないと言い出すスタメン。
プレッシャーに負けそうになっての行動だとは思うが他のメンバーには大きな迷惑である。
それも前日、チームとして打つてなしの状況に追い込まれる。
諦める訳にはいかず、手を打って救済措置で代役を立てるも役者不足、経験不足で負けが見えてくる。

振り返れば、マイナスの因子はあった。
勝負プレイを自分で決められなかったこと度々だったことが浮き彫りになる。
チームを育てていた中でそれを上回る出来で消されていたのである。

あとで気づいても後の祭りである。
敗戦という事実は消し去ることは出来ない。

なぜ弱気になったのか。
前日に時間を作り過ぎたことで余計な事を考えてしまったという事実を後日、知る。
周囲の期待がプレッシャーとなり、耐えきれなくなったと証言する。

それ以来、前日はチーム全員で行動するを心がけた。
試合往復は、貸し切りバスで
時には、宿泊させて時間やプレッシャーを共有することにした。
結果は良い方向に転じた。

合宿中はうまく出来ていたのに、帰宅させて部活を再開するとチームが崩壊した例はよく耳にする。
家庭と連絡をしっかりと取り、協力を求める。

猛暑ではあるが冷房かっけぱなしは良くないのは理解できるはず。
暴飲暴食、生活の乱れで体調不良は起きる。
これも理解できるはず、
でも、彼らの日常は夏休みということで乱れている前提で指導を進めた方が妥当である。

部活終了後、夏祭りでどこそこ集合で朝まで遊ぶ、その足で練習へ。
うまく行くわけないでしょう。
そんなことは、合宿中でも起きる。
最終日の夜、部屋で騒ぐなどで夜更かし。
注意しなければならない要素は転がっている。
合宿は楽しかった発言に指導者の皆さん、ご注意を。
墓穴を掘る結果になりかねません。
スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1099-c419325d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード