FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

hou・ren・souホウレンソウ 

報告・連絡・相談
報連相、ほうれんそう
企業の新人教育で徹底される項目である。

顧客や得意先のなどであったことを必ず報告書を作成する。
依頼されたことは、担当者に必ずメモ書きなどで連絡徹底させる。
分からないことや自分で判断は出来ない時は中途半端な返答でずに上司や先輩などの必ず相談してから決断する。
企業はチームとして行動している。
一人の判断ミスで大きな損出、不信、業績悪化、客離れなどをまねく。
ホウ・レン・ソウはチームとしての共通ベクトル構築や改善を促す材料づくりであり、企業を発展させる材料となる。自分たちの生活を支えるお給料にも繋がるのである。

スポーツ活動、部活にも多くの日本企業が採用しているこのシステムを活用しては考える。
私が運営していたチームは部活ノートを日々書かせることは義務付け、コミュニケーションをはかっていた。
形式は自由ではあったが一日、A4版ノート1ページ書くことを義務付けた。
それを3年間続けさせた。
最も大切にしたことは丁寧に書くことを要求した。
そして、帰宅後、机に向かう時間で自分とも向かい合わせた。
これを続けることで、何か良いことが必ずあることを云い続けた。
その結果、社会に出て大きく評価された多くの先輩に後輩たちに語らせた。
現役の時に気づかせれば、必ず結果に繋がる。
ここがポイントである。
現役の時に気づかせることが必要である。

卒業すれば、わかるでは成果は望めない。
ここが成果を出せるかどうかの分岐点である。
指導者仲間でもよく話題になることである。
成果の先延ばしではなく、その場で出せることを目標にしましょう。
ホウレンソウ活用術でチーム改革を。




スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1096-0dee8a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード