FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

来年は始まっている。 

合宿中に世話人の方が来年度の日程調節をしておられる。

と言うことは、すでに来年は始まっている。

と共に世代交代が始まる時でもある。

中心で組織を動かしておられた方が定年を迎えられる。

ここでバトンタッチがスムーズに行わなければ、影響大である。

新世代にバトンを渡せる努力が組織に要求される。
他人ごとでは済まされない。

世代交代へ、貢献していきたいと考える。
決して、お節介とは考えない。
もし、バトンがうまく渡されないなら、泣くのは子供たち、中学生、高校生、大学生である。

老いは必ず来る。
それは人間の老いだけを意味しない。
歴史を重ねて来れば、組織も老いが始まる。
イノベーションを起こさなければ、明日はない。
組織に属し、運営を推し進めてた人たちの責任のもとに次を考えなければならない。
考えるだけでなく具体策を挙げた、次に託さなければならない。

来年が始まっているのではなく、未来は、今、考えなければならない。
それは誰のために、次世代のためである。

私は過去にバトンタッチの失敗を目の前で見ている。
それ以来、一見、うまくいっているようであるが改革を行いながらの前進を感じなくいる。
発展を感じない。
離れてみるとよくわかる。

何かが不在の時間だけが流れている。
重いものを背負った思いがつのる。
同じことを繰り返したくない。
自分の感性を信じて、お節介と思われても行動を起こす。
それが私のイノベーションである。

スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1091-b80b5ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード