FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

出来るに賭ける。 

初めて出来たことに立ち会えて喜べる日々は、出来ないと嘆く脳内スペースを狭めるような気がしてならない。
その時にできなくとも、出来るかもの可能性にかける効果が出てくる。
人が投げ出しようなことでも、ひょっとして、できるかもパワーが出てくるのは、小さな成就感体験の積み重ねからである。

貴方は出来るに賭けますか、
出来ないに賭けますか。どちらに賭けても、
他人である私には、どっちだって構わない。ご自由にって感じである。
ただ、出来るを信じて、悪戦苦闘、切磋琢磨している人に手伝いたくなる。
それが指導者の使命であり、仕事である。他人事に思えない日々を過去に体験した。

出来ないから、成果が出せないと思い込んでいませんか。
出来ないと中にも、体験していないから、できない人も含まれていることを忘れてはならない。
一律に枠決めをしてはならない。
出来ると思い込んで、出来るふりをして、結果を出せない人は結構多い。

初心者が、経験者を追い抜くことなんて、たくさんある事実と多くの人が知ることである。
初心者をできない人として、見ている人はいつか追い抜かれる体質を持つ人である。
経験者をできる人扱いする人もいつか破綻を招く結果が訪れる可能性は多く秘めている。

チームとして、機能するには個を認めるが基本的コンセプトである。
認めるとは、努力する姿勢を認めると事である。
個を認めたり、活かすことは、優越感を持つことでも、劣等感を植え付けることでもない。
姿勢を認めることである。
あなたはこのチームでないができるのかを意識させることができる、チームに活力を創る。

いつの時代であろうとも、どんなチームであろうとも、どんな立場であろうとも、
出来るという可能性に賭ける姿勢を貫く。
賭けるとは、博打ではない。
姿勢に託する姿勢だと心得て行く。


スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1068-557db2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード