FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

教訓はコートにある。 

日々是勉強。

スポーツ指導者はコート、グランド、施設で悪戦苦闘の日々を過ごしている。

現場に立たない指導者はいない。

コートで繰り広げられる取り組みが成果を出せるか否かは、選手や部員のモチベーションに直結している。

「言っていることがなかなか、伝わらなくって」と悩む指導者は多い。

伝わらないストレスがコートに充満すると何が起きる。

コートに立つ選手は心を閉ざして、その場逃れの返事だけがクローズアップされてくる。

「わかっているのか」と指導者の声が飛ぶ、
「はい!」と大きな声で反応が返ってくる。
反応がないより、ある方がましとこの大きな声に騙されてはいけない。
指導者の要求への、その場逃れであることが多々ある。

コートに立つ選手は、「わかるように、言ってっよ」と心で呟いてかもしれない。

コートにある教訓である。
伝えるを教材にする最高の教訓である。
大きな声で指導者への返事は魔物である。
指導者のアドバイスを受け入れて表現すろのはプレイであり、行動である。
それを見てから、判断すべきである。
その場逃れの返事での返答だけを求めてはならない。

教訓、答えはすぐに求めてはならない。
機能するまで、悪戦苦闘する部員や選手の行動を見てから結論を出す耐性を指導者は持つべきである。
答えは、コートで示せの姿勢を貫く。
コートを離れた場所でも、同じことが言える。
チームに所属している限り、その行動はチーム方針は継続されている。
これ当たり前である。
そも趣旨は、伝えられ、実行されてはじめて機能する。

夏休みなど、長期休暇時に実施される合宿や遠征は絶好の『徹底』を実践する、絶好の機会である。

コートで起きる出来事は氷山の一角である。
コートでベストパフォーマンスを求めるのなら、私生活に目を向ける。
合宿中の選手の部屋を覗いて見て下さい。
乱れがある部屋があれば、コートでベストを求めても成果は得られない。
こうれ教訓である。
片付けられない部員がいれば、そこを正せば、コートでの姿勢は変わる。
部屋の片付けやコートに片付け状態に目を向けて見ましょう。
其処に『徹底する』教材は転がっている。

自然体で出来るまで、心に響く言葉で『伝える』を指導者側の教材として、取り組まれてはいかがでしょうか。
部員も、指導者も成長する場がコートにある。
教訓を教材として、受け入れてチーム向上の材料を提供する。
それが指導者の使命であり、仕事であり、貢献であり、役割である。
それは誰のためか、部員のためであり、生徒のためであり、チームのためである。





スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1064-e581b7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード