FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

雑誌から学ぶ。 

雑誌『Newsweekニューズウィーク日本版2013・6・4』、マンU、ファーガソン監督に学ぶ”勝ち続ける組織の条件を購入、
残る文章「私が生き延びてこられたのは…あらゆる物事を受け流し、誰に何を言われても気にならない心理状態に自分を置ける」が印象的である。

チームを機能させるために悩まない指導者はいない。
悩むのは、スキル・メニュー・起用選手などである。
悩むのはそこまで、決定し、言葉にした時には迷いがあってはならない。
ならば、修正はしてならないのか、それは違う。
日々反省し、修正、改善を繰り返し、未来を見ることは当然のように行って,当たり前である。

準備の段階で周到かつ細部にわたり、未来につながる視点でチームを考える。
そのチームを構成する一人ひとりのメンバーの能力、努力過程、取り組み姿勢、理解度などを組み合わせて、ベストパフォーマンスをチーム及び個々のプレイヤーに要求する。
育成を考えた時には、ぶれてはならない。
がんとした信念を貫く必要がある。
特に外部の声で一喜一憂してはならない。
一喜一憂する姿勢が見え隠れすると、チームは崩壊の方向に傾く。

修正・改善する姿勢は信念がぶれるとは異なる。
間違いをずっと繰り返していては、求める着地点、ゴールへの到達はない。
チームを泥沼に踏み入れるだけである。


スポンサーサイト



category: オフィスKURACH

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurach.blog13.fc2.com/tb.php/1024-e68ea063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード