FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイム思考300】その2 

【リアルタイム思考300】その2
昨日の連想ゲームに続きです。
レイアップの練習後、少しでも高くジャンプしようと
チャレンジするロイター板(踏み切り板)を用意してみた。
するとダンクぽい、セミダンク出来る部員が出てきた。
そこでボールをバレーボールにしてみた。
するとダンク出来る部員が現れてきた。

発想を変えてみる。

そんなことして、試合に使えない練習じゃない。
それを言っちゃお終いですよ。
そんな事はさておき、
このレイアップにアリウープパスを組み合わせてみた。
するとね、凄く積極的にほぼ全員、取り組み姿勢が生まれ、
ほぼが全員取り組んだ。

実際の試合ではダンクする事はなかったが
アリウープパスがチームアイティムとして、
使われるようになり、速攻の精度が上がり、
更にゾーンオフェンスでのキラーパスが生まれた。

このような発想がチームに欲しい。

その後、通常ありえない発想で生まれたプレイが多く創れた。

ハーフコート3対3ミニコート創りで
トランディションゲームに役立ったとか、

ラインドライブのパス領域が拡大したとか

ゴール下でのバウンズパスとか、

ダブルチーム回避パターン「ショトガン」とか

小ちゃなセンター(男子170cm)プレイヤーが大活躍とか

オールコート二回ドリブルレイアップシュートとか、

3Pシュートない時代に男子選手にツーハンドシュートを打たせ成功したとか

挙げればきりがない事多数
信じるか否かはあなた次第、
だだ、私は信じて、勝てそうもないチームの勝率を上げてた。
これは、私がコーチしたチームの日常である事は
チームのみんなが知る事である。
参考まで…。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考299】 

【リアルタイム思考299】
その1
連想ゲーム、仮想ゲーム、バーチャルな世界
メソッド、練習メニュー創りには必要な発想構造
「そんなプレイ出来っこない」じゃ、
楽しく、効果的な練習は創れない。

例えば、チーム全員がダンクシュートできたら、
チームのプレイの幅が広まる。
誰もが、アリウープパスとそのラインに走り込むだろう
相手チームのディフェンスに三次元空間を意識させる事ができる

こんな発想でそうだ「ダンクシュート」の練習をしよう。
多分、ほぼ、全員のコーチはそんな事出来るっての発想でしょうね。
そこでユニークな発想で
必要以上のジャンプ力を創れる道具、
トランポリン、ロイター板
でも、リングが高すぎて危険

そんな時、ミニバスの練習を見ていた
その時、遊びに来ていた高校生の少しジャンプ力のある選手が
リングをジャンプしてリングタッチしていた
声をかけた「ダンクしてみたら」と
レイアップからダンクへチャレンジ、
お見事、ダンク成功、練習会場のちびっ子、大盛り上がり

それを観て考えた。
ダンクを試みたこの高校生の肘の高さに着目
たまたま、私が指導していた移動式リングが高さ調節ができるタイプ
ミニバスサイズに調整して、レイアップからダンクをチーム全員にさせてみた
そのあと、通常の高さでレイアップ練習
すると何が起きたか、
残念ながら、全員ダンクはできませんでした。
が、…。
肘のの高さ、打点が高くなった。
それがどうした、
想像してみてください。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考298】 

【リアルタイム思考298】
妙な自信?
それは、説明しきれない。
それが負けた時ほど、強く現れてくる。
なぜなんだ。
負けたのかが、受け入れられない。
もう一度、得体の知れない自信を貫く。
それを繰り返し、ある時、突然。
何かが、降りてくる。
それを受け入れたら、変化が起きた。
これだ!と気づく。
それで良いんだと言い聞かせる。
この葛藤はずっと続く人ほど、
実は強い。
頑固さと寛容さの凌ぎ合い。
今だに、葛藤は続く。
この葛藤の回数だけ、解決の引き出しを創れている。
その解決の材料を丹念に引き出しに入れ、
いつでも引き出せるデータを適材適所で適応させる。
それが経験値である。
でも、同じ失敗しているようじゃ何の役にも立たない。
目の前に現れる困難な天敵に対応できなきゃ意味なさない。
だから、上手くいかなかった時こそ、その原因を究明し
解決して置く習慣をつけ、引き出しに入れて置く必要がある。
それが次への妙な自信の源となる。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考297】 

【リアルタイム思考297】
この一講座に心を尽くす。
足し算の美学。
100%越えを提供したくて
300%用意をする。

途中で息切れをして
頭の中が真っ白になる事、度々。

受けていただく人がつまらなさそうな空気感が少しでも感じると
その場で準備していたことを急遽変更する
時間オーバーになるなんてこと度々。

満足を超える感動を持って帰っていただきたく
全力でぶつかる。
準備するの為に、心に叩き込む
書いたものを見たり、覗く事はありえない。
一講座に頂いたお題を如何に心に刻み込めるか。
それが自分の真剣勝負である。
その日のセミナーやクリニックは
その日一回限りの真剣勝負である。
同じ空気感はない。
その日、足を運んでくださった人たちが
何を聴きたいのかを会場で感じるのが
講師の役目である。
その使命感が準備の時間を必要となる。

その為にする事がある。
誰よりも早く、会場に行く事であり、
時にはその会場を下見する。

そして、受講席に座って、
壇上に立つ自分をイメージさせて
自分の声を聴く。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考296】 

【リアルタイム思考296】
ふと、思いついた事、やりたい事を
綴ってみた。

我々〇〇スタッフは
バスケ大好き子供たちを集め
チーム創りに必要なメニューを提供して
バスケの魅力の虜へと導くコーチングを
コーチ、トレーナー、ドクター、有識学者、保護者が協力して
指導実践をグループで研究し
週一回3時間の時短で効果的なメソッド創りを
一年間48メソッドを提供し、
おもろ(楽しい)と実感できる時間を共有し
バスケに関わる子供たちの未来へ
更に指導実践データを積み重ねて
コーチング教本を創り次世代に残すことを
着地点として、
バスケ大好き子供たちがコートで輝ける様に
背中を押し、未来に羽ばたくべく
日々の指導に貢献できるメソッド研究に
叡智を集めて
効果的で有効なメニューを開発し
30年未来ビジョンで日本のバスケが飛躍できる
ティッピングポイント(節目)の理念で一石を投じ
U-12世代のバスケに適切なコーチングの広がりを目的とする
指導実践グループを立ち上げようとしている。
それがなぜ、U-12世代なのか。
バスケを愛するいい習慣を持って成長して行って欲しいから…。
その為に効果的でゲームの一つのシーンがイメージでき
クオリティが高く
最高の練習メニューを提供できる指導集団を創りたい。

私心を捨てて、組織を育て、全体のレベルを上げようと
そんな思いを持ち集団が身近なところにいたことを
思い出し、その存在を知って欲しい。
それが途切れたことが悔しくて
悶々としていた。

自分が動けば、また、その集団を創れると考えた。

素地はある。
下地はできている。
後はスタートするタイミングと勇気である。
その芽生えが襲ってきた。
やるしかない。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考295】 

【リアルタイム思考295】
選択肢のない環境で育てられている不幸。
なんのこと?
スポーツにおけるバスケプレイの選択肢(オプション)の話

パスで運ぶか、ドリブルで運ぶか、パス&ドリブルか、
当然その先には、シュートがある。
ドリブル多用時代、一人の能力高いヒーローがゲームの大半ボールを保持
オフェンスの大半がこのヒーローでプレイが組み立てられる。

確かにディフェンスにやられる事は最小限に抑えられる。
でもね、それじゃね、後のメンバーは育たないし、
面白くないでしょ。

ましてや、利き腕のみのドリブルワークは、相手チームに罠にはまるが見えてくる。
たった一人を育てる為に後はバスケする楽しみを体験できないんじゃ
何が面白いのかわからない。
そりゃ、嫌になって、やめたくなるでしょう。

U12世代、勝ち負けうんぬんより、
バスケするの楽しみ
協力してバスケするの為にプレイを教える方が
楽しいに決まっている。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考294】 

【リアルタイム思考294】
近頃の若いもんは…。
怒らなないで下さい。
ネガティブ思考の話じゃないんです。
ユニークな発想を受け入れなくちゃ、
未来はなし。
それが結論です。
団塊の世代の若い頃、随分、近頃の若い奴でしたよ。
年配者に噛み付いて、随分叩かれました。
でも、認めていただけた事もかなりありました。
「やってみなはれ」と背中を押してくださった事を
忘れちゃいけないねと言い聞かせる、最近の自分です。
ごくごく近い将来、既存の仕事ではない未知なる仕事が
70%しめるというデータがある。
それを知らずに、今まで通りがまかり通る事はない。
でも、でも、でも、若い世代は充分対応していきます。
これ実感です。
20代30代の人たち、またU12、U15~18世代と向き合って感じるのは
可能性である。
近頃の若いもん、やるじゃんが私の見解である。
教えられる事多々あり、受け入れて
次が提案できる柔軟性を学ぶ、
それはその世代に飛び込んでみることと感じる。
近頃の年寄り、なかなかやるじゃんへ
チャレンジするです。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考293】 

【リアルタイム思考293】
恐れを知るから、立ち止まる。
立ち止まるのは、突き進まない事ではない
そこで終われば、何も創れない事を知っているから、
一時立ち止まるだけである。
恐れとは、受け入れられない事を意味する。
このままじゃ終われない。
人という存在を意識すがゆえに、
立ち止まれないのである。
人という存在を意識するのは、
その人たちと共有することにできる達成感を持ちたい。
その一念で立ち止まるのをやめた。
恐れとは、振りければ、自分一人、
共にやっていたことを共にできなくなり、
いなくなった。
立ち止まったのは、本当に居なくなったのかを
確かめる為だった。
もう一度、暗闇に光を当てると
蠢いている人がいた。
それが一人でも、前に進もうと決めた。
そして、歩き出すと別の暗がりに
蠢いている人がいた。
それを引き寄せると『人たち』となった。

微妙な表現で、解りづらい言葉なのは、
止まることを余儀なくされた過去の出来事が
立ち止まっていた。
それを決して、人のせいにはする気は毛頭ない。
だから、また、歩き出そうとしている。

このリアルタイム思考365を迎える頃には、
再び、歩き出す具体を聴いていただける。
これは私一人の行動ではないことは伝えておきます。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考291】 

【リアルタイム思考291】
素案づくりは一人の方がやりやすいが
行き詰まると迷路に入る。
めんどくさくっても、素案を何人かでつくると
時間がかかるが、後々の流れがスムーズである。
素案から原案へレベルアップには時間を使いましょう。
なぜ時間をかけるのか。
生みの苦しみが後々の充実に繋がる事が多い。
めんどくさくとも、通らないといけない過程がある。
簡単にできる様じゃ、重みがない。
手間暇かけてこそ、良いものができる。
その手間暇かけるに自己満足を排除する。
多くの人に支持される事が大事ではと思う。
支持を得たいからって、理念を曲げては良いものは創れない。
擦った揉んだしてこそ、多くの人の心を動かせるものが創れる。
今、その凌ぎ合いの日々がである。
『素案づくり』が『原案づくり』へ
更に『案』へと上げていく。
この過程で何度も激論を交わし、練り上げてつくる『方針』
それでもうまく機能するかは、発進してからでないと
上手くいくかはわからない。
そこで『修正力』を持つ余裕が必要。
めんどくせぇは禁句に日々が続く。
それが『チーム創り』の現場の日々である。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考288】 

【リアルタイム思考288】
卒業生を”教え子“と余り呼ばない。
人に「あの子は教え子ですか」と言われて
「そうです」とは応えるが
進んで教え子とは、言わない。
なぜか、抵抗がある。
在学中、所属中には、教えている感覚はあるものの
育っていった後には、殆ど使うことはない。
独立した一人の大人として対等の関係の意識が強い。
育っていった人が教え子であったに感覚を持ってもらうことは有難いが
自分から、この子は教え子と言う表現は殆ど使わない。
はるか遠い存在に成長していってほしいし、
そうあるべきと考えている。
自分と同じじゃダメなんです。
教えた人が以上の存在となってこそ、
教えた事を学んでくれた証である。
それが世の中が発展する法則の一つではと考える。
超えていかれた事に僻みも妬みもない。
それが教育に従事したもの当然な行動である。
教え子は決して、自分のものではない。
しかし、いつも背中を見せれる存在でありたい。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考290】 

【リアルタイム思考290】
ある先輩からのアドバイスの言葉
「先ん出る人は哲学者である」が脳裏に残った。
訳の分からん事を真剣考えてみる。
宮本武蔵五輪書から
「遠くを見ると近くが見える。近くを見れば遠くが見える」的な言葉を知る。
読んで、あくまで個人的な見解での感覚的な言葉であったが
心に強く残っている。
漠然と捉えれば、見えるものが違ってくる。
集中しすぎると見えることまで見えなくなる。
全然、バスケ指導に繋がりそうもないことを考え続けていた時期がある。
勝ちたければ、前から当たるな、引けに至った経緯がある。
オールコートプレスよりハーフコートディフェンス。
すると勝率が上がった。
勝負する時のディフェンスはボールを欲しがるな。
打たせて、落ちてくるボールを確保しろ。
地域を守れ、徹底したペイントエリアを守れだった。
打たせちゃならない地域の徹底であり、チーム内の浸透であった。
それ以外には、無駄な力を注ぐな、エネルギーを使うなだった。
ゲームは接戦が多くなったが勝率はかなり高くなり、
上位常連校になれたし、
強い相手を受け入れて、
打たせても良い地域を限定するチーム努力を教えた。
このバスケ哲学自己論争の日々がちょっと勝ち方好転へと前進したのが
勝てない時期の葛藤でした。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考289】 

【リアルタイム思考289】
なぜ、良いのか。
なぜ、悪いのか。
この旨、見解を味覚に伝える。
日本人の良さの一つでもあるがわかりにくい
ぼやけた見解を醸し出す。
感じろが主流の育成方法も次世代の人たちには
受け入れられない風潮を教える側が知るべきである。
古いって言われる事が一気に溢れ出るのが間近に来ている。
それが吹き出している場と
昔ながらが淀んでいる場とのギャップは既に来ている。
はっきり言って落ち込む世代って思って、
接し方に距離を持って、
益々、溝をつくってしまっている。
若者に良かれと発言すれば、
「わからんし?」とか、「意味不明?」
なんてこと日常茶飯事。
はっきり伝えると「キツすぎる」と言う。
ファジィーから「yes、no」に慣らしていきましょう。
良いことは良い、
ダメはダメでの評価を言える指導へ
選手たちも慣れていただきましょう。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考287】 

【リアルタイム思考287】
365回をリアルタイム思考の着地点とする。
勝手に更新して、読み手が誰でも…。
でも、実はたった一人の人に向けて綴ってます。
それは貴方も知れないし、貴女かもしれない…。
そんなことはさておき、
あと、78回は、まだ78回もあるかと思うか
もう78回しかないのかと思うか
余り回数は関係ないか
これ、結構大事だと考えている。
同じ時間軸で進行しているにもかかわらず、
その後の行動には、非常に大切な心に動きとなる。
私は78回しかないと思うタイプ
だから、一回一回を大切にしようと考える。
伝えるべき事に抜かりがない事を描いてアップしようと思っている。
今日は、78回もあるタイプ、
回数に拘らないタイプへのコメントはおいておきます。
なぜ、ターゲットは一人の人なのか、
それは主体がブレない事が一つ
キャッチボールがやりやすい。
全ての人に理解は得れない事を前提であるが
複数の人には回答が届きにくく、スピード感が得られない。
賛否も一つなので対応は届きやすい。
でも、お読みくださっておられる人を無視しておりません。
このような背景がある事を踏まえて、お読みいただければ幸いです。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考286】 

【リアルタイム思考286】
バスケで進学を考える。
推薦で私学へ、
体育コースのある公立へ、
他府県へスポーツ留学、
バスケ好きでも、自分の進学の選択がままならぬ現実もある。
このままじゃ、普通の公立高校での部活バスケは滅びかねない

企業用語ニッチトップの考え方に着目しては…。
ニッチトップとは、
「規模の小さい隙間市場において、圧倒的なシェアを誇る企業のこと」

言葉を置き換えて、文章化してみよう。
「普通のあまり部活が盛んじゃない普通の公立高校で
強いチームつくりの情熱を持つ指導者がタッグを組んで
叡智を持ち寄りバスケに特化した特色ある学校の運営の図を書く」
スポーツ教える人=体育教師の概念を捨てる。
教員は困難校に転勤を嫌う傾向にある。
困難校の現状を分析してみよう。
学校嫌いで、学校滞在時間を極力嫌う生徒が多く集まる。
放課後の部活施設は余り使われていない。
故に独占して使える可能性が大である。

チームバスケ指導者が集まり叡智を絞れば、
面白いバスケ教師集団がつくれる可能性はある。
それはなぜ、困難校には転勤希望を出す教員は皆無である。
故に即、転勤させてもらえる。
ネット機能で全ての科目でバスケ指導者に興味のある教員で
バスケ指導集団を結成する。

まさか、まさかの発想は
若き有能な教師集団って、
プロパチ集団梁山泊を彷彿させるユニークな発想で
まさか、まさかのニッチトップ集団は如何でしょうか。

ベンチャー企業ならぬ、ベンチャー学校で
校長も、教頭も、事務長も、学年主任も、全ての部署も
全員20歳代なんて、学校あっても面白いですよ。
一学年1クラス三年間クラス替え無しのバスケ学校
そんな偏りなんて、怒る人多いでしょうね。
でも、その学校が学力もトップ校だとしたら、
世間の見る目は変わりますよ。

まぁ、そんな度量は教育界にはないか。
とんでもない事、聞き流してください。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考285】 

【リアルタイム思考285】
面の顔だけ判断をされ反発もされた、
そして、その場を去ることを決めた
いつか、わかる時が来る
いや、来て欲しいと願って
その場を去った。
反発の波を作った人たちの波は
穏やか波となるものの
新しい波がたたなかくなった。
その穏やかさから、何も創られていないことを
気づかないのはなぜか…。
自分が正しいと言っているのではない。
それを指摘する人が周りに居ないことが寂しいね。
人が喜んでくださる観点で
物事を進めているなら、伝わってくるはず。
一部の人のものじゃダメなんですよ。
独りよがりな意見と聞き流してください。
波風が立った飛沫が次の何かを創る事を知るべきである。
ティッピングポイント(分岐点)で、何かを叫んだから
今があることを知るなら、声を上げるべきである。
消えてしまうなら、それまでの思いだった事を知ればいい。
何もしなければ、何もうまれない。
最近よく使う言葉、
このままじゃ死ねない…。
わかるかな、わかんねぇだろう。
イェ〜!
心の奥に詰まってる声かも…。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考284】 

【リアルタイム思考284】
ラグビーの試合では、よく“規律“と言う言葉を解説者から聞く。
ディシプリンと言うらしい。
激しいコンタクトプレイでの我慢を意味すると教えていただいた。
審判も反則をさせないように我慢を声で促す。
競技性と言ってしまえば、それまでかもしれないが
サッカーでは、我慢どころか審判や相手チームに
文句のアピールがやたら多いような気がしてならない。
ジャッチ(判定)への言い分は当然あるだろうけども、
クリーンなゲームへのいいファイトを技術と技術の戦いを
バスケゲームでは望みたい。
その為への進行役である審判のレベルアップ、安定した判断を望みたい。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考283】 

【リアルタイム思考283】
決して、負け惜しみじゃないんですが
「負けねぇぞ!」は心の底深くあるディープな声である。
対、人への言葉じゃないんです。
挫けそうになる自分への励ましの声なんです。
一つのプロジェクトが終わるまでは、
不安と期待が交差する日々を過ごす。
時には、一歩が踏み出せずに悶々とする日々がある。
ギリギリまで、最初の一言が浮かんでこない時が常である。
夜中、飛び起きてメモ用紙を枕元へ手繰り寄せる事もある。
だから、終われば、心身ともに疲れ果てる。
でも、2〜3日あれば、次へのステップが起きてくる。
その時の言葉が「負けねぇぞ!」である。
ただ、苦手なことがある。
日程が連続しての起きてくることがパニックになる。
そんな時への準備が必要となる。
そんな時にも「負けねぇぞ!」である。
この言葉が浮かんでくる間は
オフィスKURACHの扉は閉めることはない。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考282】 

【リアルタイム思考282】
意地っ張りを変人扱いする?
平均的な領域でいる普通を大切にする日本文化。
皆んな、やっているのが普通で
誰もやらないから変人扱い。
なんか変じゃないと思えませんか。
誰もやらないから、俺はやる。
だから、先んじれる。
変人扱いされていることが、みんながやり出すと
それが普通って言い出す。
なんか変じゃないですか。
冗談で俺の先祖は初めて、ナマコ食べた人やも
今じゃ、海産物好きはよく口にする食材ですよね。
でも、あの姿見りゃ、躊躇する人もいるでしょうね。
所謂、普通にやっていても、普通以上は望めませんよってことですわ。
飛躍を望むなら、人と同じことをやっていてもダメでしょ
でも、ルールやモラルを無視していいことではない。
特に感じるのは、チームづくりには、
今日のテーマを強く思うところである。
みんながマンツーマンやっている時、
ゾーンやってみなさいよ、皆んな戸惑いますよ。
でも、ある年齢層からは、ゾーン可なんですよ。
これを言い続けると変人扱いされるのは
火を見るよりも明らかなことです。
この投稿を見て、変人扱いしないでください。
ちなみに、ほとんどゾーンを教えたことも、
ゲームで使ったこともない指導者です

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考281】 

【リアルタイム思考281】
クセが強いんじや
クセもんだから、嫌われる。
でも、そのクセもんを上手く生かせば、
ひょっとしたら、何か生まれるかも...。
皆んなが嫌がる汚れを買って出たクセもんがいてチームに貢献する出来事があったら
あなたならどうする。
10人中9人までNO、
たった一人やっても良いの
新撰組一番隊、行けばかなりの確率で生きては帰って来れない。
でも行く。
現代のスポーツ界でこんな話しても
蚊帳の外、きっと相手にされないでしょうね。
でもね、やりましょうと言った部員がいた。
サッカーのオシム監督の選択肢にはある。
一発レッドカードのファールプレイはある。
でも、日本の文化にはない事は分かった上での発言を耳にしたことはある。
上手くいけば、流せ、
もしも失敗したら、ファールする。
アンスポファールも覚悟で抑える。
悪に徹してくれた部員、俺がやると言った。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考280】 

【リアルタイム思考280】
併用って考え方もある。
色々な考え方、理論、持論がある中で
情報も錯綜している。
何が正しいのかな右往左往している。
物事を考える時、
まず、自分はという書き出し、思い出しで
局面している問題に向かうようにしている。
軟弱なことと言われても
色々な思い、考え方を活用させて
新しいものを創り出せたらええやん
そんな考え方で接していけば
指導領域が広まるのではと考える。
それを持って実践していけば
いつか、近い未来に成果が見えてくるのでは?
多様化する社会での指導者が持つ能力の一つの考え方では...。
バスケ技術だって、自国以外の考え方が全て良いとは思わない。
その時でも、先ずは受け入れてみるスタンスを崩す事はない。
その上であえて、ニッポン捨てたもんじゃないと付け加え、
足し算、掛け算、割り算、引き算などなどで
チーム適合を考えて、創るへチャレンジしてみる。
UCLAカットからpick&roll
8rollからバックドア
Hi postプレイとダブルスクリーン
などなどの組み合わせで編み出したplayは結構ある。
「併用」と「組み合わせ」からの連想ゲームはいかがですか。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード