クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚198】2017・9・20  

本棚198
【学びの本棚198】2017・9・20
《本》『回想録 幾山河』
瀬島 龍三著 産経新聞社

5つの人生を歩んでこられた著者。
一軍人から関東軍参謀・シベリア抑留11年・大商社の中枢・行政改革・教育改革に、
時には死を考えたことのある人生。
苦しみの連続の中に余生を考える著者。
この人がどんな人であるかは、クラッチには余り興味はない。
なのに何故、やたら分厚い本を読んでしまったのだろうか?
それは文頭にある「命ある限り、国家、社会への貢献」を決断された思い、そのことに心が動いた。
なぜ心が動いたのか、「俺はなんのために、一所懸命でいるのだろう?」の心の問いかけに
答えが欲しかっただけなのである。
行き着いた結論は「バスケが好きだから」である。
その延長上に教育あり、人との出会いあり、生きがいが
あるとの結論めいたことに出くわした。
そういう意味では、この分厚い本を読んだ意味はあった。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚197】2017・9・19 

本棚197
【学びの本棚197】2017・9・19
《本》『バスケットボール・コーチングバイブル』ジェリー・クロウゼ編 大修館

我が家にある本で最も高価な本かも知れない。
バスケットボールの事典である。
かなり重たい本である。持つだけで重たい本である。
何でそんな本を買ってしまったのか?
教え子の結婚式に出るために東京に行った。
時間待ちのために東京駅”八重洲口”をウロチョロしていた。
かなりの専門書が置かれていた大きな書店があった。
スポーツ書のコーナーにバスケットボールって棚があった。
ほとんど読んだことのある本ばかりだった。
その中にぶっとい、見たことのない一冊の本が眼に飛び込んできた。すぐに手に取り、立ち読みが始まった。
歴史に残るコーチング、フォーメーション、パターンを開発考案した人たちを集めた事典であった。
遠方にもかかわらず、思わず買ってしまった。
結婚式場まで持ち込んだ。
帰りの新幹線は時間を忘れた。
このような本に名前を残せたらなあって真剣に思った。
読みながら、自分はこのバスケット界に何が残せるんだろって真剣に考えた。
ちょうど転勤して3年目になろうかって時だけに、
「この学校、このチームで俺は何が出来るんだい」と真剣に考えた。
何年か経ち、タンスの奥から、この本を見つけ出すことになった。
なんでタンスの奥やねん。
家をリホームするときに置く場所がなく、
多くの本が一時的に避難場所としてタンスが選ばれた。
リホームして、そのままであった。
それが陽の目を見る結果になったのは、コーナー(クラッチの本棚)のおかげである。
紹介する本を何にしようかって思いながら、選んでいた。
すると微かな記憶に「あの分厚い本は、何処にいたんだろう?」と思った。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚196】2017・9・18 

本棚196
【学びの本棚196】2017・9・18
《本》『マフーフィー自分に奇跡を起こす心の法則』J・マーフィー著 三笠書房

自分の努力が足りないのではない。
「潜在意識の活用法を知らないだけだ」とマーフィーは言う。
■常にプラスの言葉を使う
■悪い結果は想像しない
■「お金」を罪悪視しない
■こうなりたい自分をイメージしながら眠りにつく
■”なんとなく”ではなく”強く”望む
後は潜在意識の”力”に任せておけば良い!ってマーフィーは言う。
”何となく”読むのには最高の本と思っている。
何となくじゃダメって著者は言うけど、
読んだ人すべてが成功者になったら、
それこそ大変である。
大それた成功者になろうとは思わない。
でも、俺が思っていることが実現する可能性への背中を押してくれるかもわからない。
マーフィーの本はよく読む。
クラッチの本棚では2冊目の紹介であるが、
ダンボールの中にある本の束から、
後何冊か出てきそうである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚195】2017・9・17 

本棚195
【学びの本棚195】2017・9・17
《本》『若い日をどう生きる』加藤日出男著 銀河選書

この悲しみを、誰もわかりはしない。
そう思うと、悲しみが二倍にせつなくなってくる。
そのくせ「この悲しみを、誰からもわかられたくない」と思うときもある。
それが若さである。
どんな時代でも若者は孤独感を味わう者である。
一人ぽっちで居ることを可哀想って、周りは思う必要もない。
それは大人になるための登竜門である。
この孤独感が人間的な成長を創造させる。
そして、心の耐性をつくることができる。
一人で居る子を世間はチヤホヤしすぎるのでは…。
だから、子供を取り巻く人間は、そのことを教える必要がる。
悩みなさい。
そして、まずは自分で解決しなさい。
すると心が成長することを教えるべきである。
ゲーム感覚の心のマニュアル本は必要ではない。
なんでも、マニュアル化するから、少しはみ出ると自分はおかしいのでは大げさに悩むのである。
また、それを可哀想って、周りがかまうから大人になれない若者が
世の中にたむろするのである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚194】2017・9・16 

本棚194
【学びの本棚194】2017・9・16
《本》『学校の挑戦』北星学園余市高等学校編 教育史料出版会

つい最近、存続か、廃校かで話題になった学校である。
この本を読んだのは20年ほど前の事。
読むきっかけは、自分が勤める学校を何とかしたと思う一念である。
年間何十人と退学していく学校、
バスケットボール部の実質活動はたったの一人
藁をもすがる思いで読んだことを昨日の様に思えてならない。
当時を振り返っても、気が重くなる。

この本を読み終えた瞬間(とき)、
じっとしていても、何も起きない。
「やるしかない」と自分に言い聞かせた。
駄目を探して、ダメだと言っても
何も始まらない。

行きたくなる学校づくりの具体を描くきっかけを
『創る』を実行した。
先ずはバスケ部員一人を試合のできる人数にする。

3年我慢して、さらに二年の行動を起こした。
その勇気をもらった一冊であった。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚193】2017・9・15 

本棚193
【学びの本棚193】2017・9・15
《本》『未来の年表』河合 雅司著 講談社現代新書

かなり昔のクラッチ教員時代の保健の授業
「出生率1・57で少子化の時代が必ず来る」
「高齢化も同時にやってくる」
と熱弁をふるったことがある。
その時代が現実となる。
この本の2020年の日本
「東京オリンピック!で盛り上がる」ではなくて
「女性の2人に一人が50歳以上に」の項目が目に入り
思わず購入する。
どうする日本、スポーツどころじゃありませんよ。
その警告を聞こうよ、国民の皆さんである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚192】2017・9・14 

本棚192
【学びの本棚192】2017・9・14
《本》『自己実現』ナポレオン・ヒル著 きこ書房

アメリカで発売以来、30年にわたり売れ続けている超ベストセラーである。偉大な経営者カーネギーの要請を受け、「万人が活用できる成功の秘訣の体系化」という要請を受け自己実現プログラムを完成させる。
この本は、過去の勤務校において「やればできるプログラム」として、一時期活用した経緯がある。
”バスケットボールの詩(うた)”はその一環である。
1.積極的心構え:が受身になっていないか
2.からだの健康:心の弱みにつけこむ病魔に注意しよう
3.調和の取れた人間関係:自分と上手く付き合っているか
4.恐怖からの開放:拒否権を有効に使っているか
5.目的達成への希望:目標がなければ動きようがない
6.強固な信念:自己拡大の決め手
7.幸運の分かち合い:幸運は分かち合うほど増大する
8.仕事への情熱:自己表現の表舞台
9.心の開放:偏見は目の中のゴミと同じだ。消し去ろう
10.自己鍛錬:長距離ランナーとなれ
11.人間理解:人間の行動の基本は9つの動機の組み合わせである
12.経済的安定:金儲けも金の使い方でその人の価値が決まる
YOU CAN WORK YOUR OWN MIRACLES

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚191】2017・9・13 

本棚191
【学びの本棚191】2017・9・13
《本》『コーチングが人を活かす』鈴木 義幸著 ディスカバー21

目新しさに飛びつくことは別に悪いことではない。
一度経験してみて、要らなきゃ、やめればいいことである。
本屋の経済・ビジネス書の棚に最近、よく目にするのが、
”コーチング”という表紙に本がやたらとでまわっている。
その何冊かを購入して、読んではみている。
企業の社員教育に使われているものである。
マンネリ化した体質を打破して、ヤル気の社員育成に活用しようとしているものである。
中身を吟味するとスポーツ界の有能な指導者・監督・コーチなら、
改めて勉強するようなものではない。
社員に目的意識を持たせて、
自発的に「~したい」って気持ちを持たせる術をコーチングなのである。
スポーツ界では育てて、コートやグランドやピッチで自チームの選手が
ベストパフォーマンスを発揮させるために行う指導である。
やらせのではなく、やりたくなる育成方法を意味する。
目的意識の注入である。
一人一人の社員の能力を育て、物を売るだけのものではなく、
人を育てる観点を会社の盛り込もうとするものである。
かつての成功を収めている日本企業の創設者たち、
松下幸之助氏をはじめとする偉大な先駆者たちは、
人を育て、地域を育てることを根本理念に会社を育ててきた。
会社(学校や部)を育てることは、人の育成に他ならないのである。
我々スポーツの指導者は、勝つという行為の前に、
人の育成を根本におくべきであると信じる。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚190】2017・9・12 

本棚190
【学びの本棚190】2017・9・12
《雑誌》『コーチング・クリニック 特集“こころ”の在り方・つくり方』ベースボールマガジン社

クリニック、セミナーを依頼されて、その会場でよくある事
「何故、こんなことをやらされるのか?」が浮彫の選手や生徒さんがおられる。
所謂学ぶ姿勢が微塵もない層との出会いである。
でも、負けていません。
その層を如何にこちらのペースに持ち込むかである。
どの様なレベルの選手・生徒さん達と出会っても
やってみようかなという刺激を提供できる引出を創るために
講師である私が学ぶ姿勢を忘れては、
“こころ”を開くことは出来ない。
そのようなレベルのチームがほとんどである事を知ることが大切である。
其処で諦めちゃ、私の仕事は成りたたない。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚189】2017・9・11 

本棚189
【学びの本棚189】2017・9・11
《本》『不平不満症候群』斉藤 茂太著 ワニ文庫

人前で上手くしゃべれない。
ちっとも友だちができない。
他人が自分をバカにしている。
友だちがだんだん自分から離れていってしまう。
こんないやな性格はどうしたら、なおるのだろうか。
等々、若者の訴え、悩みは尽きることを知らない。
そのような若者の苦悩や不平不満の源は、
強い「甘え」にあると分析しながら、
どんな「心」をもつべきなのかを解いている。
本当にストレスの塊のような若者の中で
生活しているとなんか変になる。
何が正しいのか理解出来なくなる自分を発見する。
それが嫌でたまらない。
リフレッシュの材料を探す日々。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚188】2017・9・10 

本棚188
【学びの本棚188】2017・9・10
《本》『俺はいま何かしなければ』加藤 諦三著 銀河選書

著者からの言葉
「その青春時代に泣いて肩をふるわせるほかに、
自分を表現できないほどの感激を味わうことが出来た青年は幸せである。
君は、小さな自己と将来のちっぽけな保証を得るために、
この胸をえぐるような深い感動を捨ててしまっていないだろうか。
僕は、人間がよみがえるためにはどうしなければならないかを、本書で自分の体験を通して考えみたいのだ」

大学4年生のときに読んだ本である。
行き先に不安があり、何をしたいかを思い悩んでいた時であった。
教員になるとはいっても、自信めいたものは、ほとんどなかったような記憶がある。
でも、その時に模索したことが、
その後の自分を支えているような気がしてならない。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚187】2017・9・9 

本棚187
【学びの本棚187】2017・9・9
《本》『もういちど生きなおそう』加藤 諦三著 銀河選書

クヨクヨ悩んでなんになる。
「人生が生きるに値するかどうか、
それは各人にまかされたことである。
誰も諸君に代わって、諸君の人生を生きてはくれない。
誰も諸君に変わって青春の戸を開けてくれる人はない。
人生の栄光は、敗れてもなお立ち上がることにある。
失敗を恐れることなくこの青春に挑んでもらいたい。」と著者は言う。
この本も大学4年生のときに読んだ本である。

こんなことを言う生徒と頻繁に出会う。
「先生、責任もってや!」
「バカたれが!」と叫んでやる。
「お前の人生やろ!」と叫んでやる。
自分がない、自信がない奴に限ってこんなことを言う。
そのくせ、見栄をはる奴である。自分がつぶれるのが怖い奴である。他人はつぶれても良い勝手な奴である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚186】2017・9・8 

本棚186
【学びの本棚186】2017・9・8
《本》『人間における意志力の探求』櫻木 健古著 ワニ文庫

この本を著者の紹介する文章が心を打たれた。
二宮尊徳翁がこういうことを言いる。
天下の大道は水のようなものである。
水だから、万人をうるおすことができる。
この道について書いた書物は、いわば、その水を凍らせた氷のようなものである。
その氷は、読む人の”胸中の温気”によって溶かされて水にもどり、
もって世をうるおすものとなる。読者に読まれなければ、氷は氷のままでなんの役にもたたないものである。
”胸中の温気”とは、「あたたかい血のかよった、人間的な心」と言うような意味でしょうか?
書物について、おもしろい認識のしかたです。…と、この著者はこの本の冒頭で述べている。

クラッチが公式戦に向かう道で口ずさむ、
♪明日は東京にでていくからは、何が何でも勝たねばならぬ…は、
大阪が生んだ将棋指し”阪田さん吉”の名文句である。
自分が賭けてきたものを自分自身で後押しさせるために唄う歌である。
それは生涯を「この一筋」に徹するための応援歌としている。
そんなことが書かれた本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚185】2017・9・7 

本棚185
【学びの本棚185】2017・9・7
《本》『スポーツ上達の科学』吉福 康郎著 講談社

根性論だけではすまない現代のスポーツ界。
体に自然で、理にかなった動作の研究は必要である。
一つのスポーツが上手になった人は、他のスポーツをやっても上手くいく、と言うことがよくある。
これは単に、運動神経がよいというだけではなく、
人体の構造や物理の法則からみて、
どんなスポーツにも共通する合理的な体の動かし方・使い方があるからでは…。
この書は、投げる・打つ・跳ぶ・走る、
といったいろいろなスポーツに共通する基本動作をとらえて、
骨格や筋肉、神経の生理、さらに力学の観点から、
もっとも効率よいパワフルな動作のあり方を追及するための本である。
内容は非常に難しいものである。
その中から学んだことは、無理な動きの結果は、ねじれをうみ、怪我に結びつくということである。
自然体でプレイすることが、小さなパワーで最大の運動効率を創造する結果に結びつく。
シンプルであることが大切であることを学んだ。流れを学んだ。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚184】2017・9・6 

本棚184
【学びの本棚184】2017・9・6
《本》『人の力を借りれば、もっとうまくゆく』
ボブ・ディビス著 東洋経済新報社

あと一歩で結果が変わる。
ちょっと昔まで一人で何役もこなす、
日本の教育界のスポーツ指導者。
最近、バスケット界ではやたら複数で指導されているケースを多く確認する。
いい事である。
ヘッドコーチが居て、コーチが居て、アシスタントコーチが居て、マネージャーが居て、トレーナーが居て、ドクターが居るなどなどのケースが徐々に定着し始めているような気がする。
一人じゃ限界のある社会になりつつある。
それは多様化する子供に対応できる組織つくりを意味する。
「一人で頑張るより、パートナーをつくれ!」
一つの目的に対して、複数の頭脳をもってすれば、
困難を克服できるかも知れない。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚183】2017・9・5 

本棚183
【学びの本棚183】2017・9・5
《本》『人生の教科書〔よのなか〕』
藤原 和博・宮台 真司著 筑摩書房

ある高校の体育型授業”スポーツ教養学”は教科書のない授業である。
生徒に①目指せトップアスリート②リーダーの育成という2本柱で授業を進めている。
独自の教材を提供しなければならない。
3年を経過して、らしきものは出来上がりつつある。らしきものとは、プログラムの提供である。
模索することは、チャレンジャーである。
悩むこと多々である。
そんな中に出合った本である。
「自分の居場所を探しているあなたへ。
この本は中学・高校向けの全く新しい”社会科の教科書”として書き起こしたものです。
ここにはウソのない”世の中のしくみ”が描かれています。
学校も親も、会社に入っても教えてくれない本当の姿です。
シミュレーションゲームやロールプレイングゲームのように楽しんで、
”ああ、こう考えれば自分の活きる場所がある”というぐあいに、
あなただけの生きるヒントをみつけてください」という書き出しで始まる本である。

元々ある教科書をクラッチは、否定する気は更々ない。
でも、自分たちがやろうとする内容にマッチした教科書が見つからないので、
自分たちで創ってしまえってことに共感できる本であった。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚182】2017・9・4 

本棚182
【学びの本棚182】2017・9・4
《本》『パワーアップ集中術』海保 博之著 日本実業出版社

 クラッチがよく使う言葉「明日、出来ることは明日やる」。
時間に余裕あるからといって、仕事を先取りしてやると、何にかしら疲労感が残る。
人の一日の許容量って、朝起きた時に体内スケジュールが設定されて、
今日一日、2~3程度のポイントを絞った行動をとるような気がしてならないのである。
「明日できることを今日やってしまう」と次の日に余裕がありそうな気がするが、
実はそれが墓穴を掘ることになる。
次々に先取りしなくてはならない強迫観念に苛まれ、
仕事に追われて、肉体的にも、精神的にも疲れ果てる構造を
自分でつくっているような気がしてならない。
だから、一日のスケジュールが早めに終われば、
残りをリラックスさせるゆとりに使うほうが健康的である。
 この本に、「パレートの法則」を実践して能率よく仕事をこなすっていうコーナーがある。
それはどういうことか?どうでもいいことを徹底して捨てるというものである。
一日10の仕事があるとすると実勢に大切なのは、その2割程度だと言う。
10、こなそうとすると無理がある。
8、捨てて、2に集中しなさいという法則である。
すると後の8は切り捨てる勇気を持ちなさいと教えてくれる。無
駄を排除して、有効な時間を捻出する。
そして、ゆとりを取り戻そうせす。。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚181】2017・9・3 

本棚181
【学びの本棚181】2017・9・3
《本》『畷北物語』Mrクラッチ著 

『世界でただ一冊の本』である。
N北高保護者のKさんが製本され、
届けられ”世界でただ一冊の本”である。
その年度、最高のクリスマスプレゼントだった。
部員をテーマに過ごした4年をまとめて書いた物語。
それから20年以上が過ぎた。
このチームの4年間以上の感動は生まれないだろうと
書き残す決意をして書いたものである。
でも、その後の5年には、勝るとも劣らない月日とドラマが存在する。それを伝えようとこのHPを立ち上げたこともある。

一冊の本(左上表紙 左下裏表紙)にしていただいて、
クラッチなりの歴史を認識する一冊となった。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚180】2017・9・2 

本棚180
【学びの本棚180】2017・9・2
《本》『下座に生きる』神渡 良平著 致知出版社

人の上に立ち、話すとき、行動する時の心構えを説いた本である。
坐という文字についての解説があった。
土の上に、人が並んで座っている。
並列していると言うことは、同じ目線で居るということである。
決して傲慢になってはいけない。
人の気持ちになって、物事にあたりなさい、
そして、同じ目線で考えなさいと説いている。
『下座に生きる』という題名には深い意味がある。
「人には、それぞれ成すべき使命がある」。
今生きている場所を天職と思い、生きることが大切である。
身分不相応なことをのぞんだり、
自分の境遇を嘆いたりしてはいけない。
与えられた環境に精一杯生きることの大切さを
教えられる本であった。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚179】2017・9・1 

本棚179
【学びの本棚179】2017・9・1
《本》『絶望がやがて癒されるまで』町沢 静夫著 PHP文庫
精神科医が語るこころの処方箋。
純粋がゆえに、マジメゆえに、抱え込んでしまう哀しみ、
不安、孤独は柔らかい思考と感性でくぐりぬけられる…。
めまぐるしい現代社会では、誰もが突然、
絶望に陥る可能性を秘めている。
絶望をくぐりぬけるに必要なものは、柔らかな思考と感性、
そして、深い見通し。
神経科医が、フロイト・ユング心理学、
そして自らの治療実践をもとに、
心の病の癒し方を紹介した本である。
何故。こんな本を読むのか?
クラッチが、あずかる子には、結構過去にトラウマを持つ子が多い。所謂、コンプレックスである。
この傷を癒すには成功しかない。
でも、何をしても成功感、
いや挫折感をぬぐい去ることの出来ない子には、悪戦苦闘する。
世の中には、真剣に受けとめる大人、
向かい合ってくれる大人が存在することを教えるに時間がかかる。
それに疲れ果てる。
他人を癒す前に、自分自身を癒す方法を模索する必要がある。
自己対話をするための材料探しのために
多くの本を読み、エキスとする。
それがクラッチ式癒しの方法である。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード