クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚165】2017・8・18 

本棚165
【学びの本棚165】2017・8・18
《本》『自己創造の原則』
ジョージ・ウェインバーグ著 加藤諦三訳 三笠書房

副題「あなたは何を恐れ、何から逃げようとしているのか」と言うものである訳者の加藤諦三氏の本はよく読む。
読んでいるとスゥーと頭に入って来る表現が多いのである。
そして、印象強く記憶の残るのである。
この本は「昨日よりも今日が、今日よりも明日が希望に満ちた日であるために、自分はいま何をどうしたらいいのか、この本は教えてくれる。この本を読むか読まないかは、自分の中にある素晴らしい可能性を生かすか、殺すかになる。希望と絶望の距離は大きい。しかし、本書は其処に短い橋をかける。たった一度しかないこの人生を、希望に目を輝かせて生きたいと思わぬひとはいないだろう」と語りかけてくれている。
そうだよね、一度しかない人生を前向きに生きていかなくちゃね。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚164】2017・8・17 

本棚164
【学びの本棚164】2017・8・17
《本》『頭をやわらかくする本』坂川山輝夫編著 三笠書房

副題「●一歩先を歩く90の条件」
著者「現代は過去のどの時代よりも技術革新が進み、この波及現象は社会に、企業に、地域社会に、家庭に、そして個人にさまざまな影響を与えている。過去の経験則や体験がなかなか自分の考え方や行動の指針とならない時代になっている。流動化のスピードをます今日には、やわらかな頭脳が必要になっている。本書をあなたの”脳力”向上に役立ててほしい。」

この本を手に取るほんの少し前に口の悪い友人から「公務員は頭が固いから、特に教師は…と。
「だから、生徒が暴れよるんや(云うことを聞かない)」って類のことをいわれたことがある。
少し頭にきた。
でも、友人と別れた後、妙にこの言葉が残像として残る。
その時、”勉強する社会人へフェア“が本屋の棚に。
その中の一冊をパラパラと捲った。
それがこの本である。
珍しく立ち読みをした本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚163】2017・8・16 

本棚163
【学びの本棚163】2017・8・16
《本》『背中を押してくれる50のヒント』
中谷彰宏著 三笠書房

この本の読みどころ
いつでも開いて
好きな頁を読んでください。
迷ったとき、落ち込んだときの勇気のもと、
難問を抱え込んだときの解決策、
人生を楽しく生きるヒント
200%つまってます!
という紹介である。1時間もあれば読める本である。でも、凄く心に残る内容である。
この作者はどんな本屋にでもあるって言ってもいい。それほど、たくさん本を出しておられる。
いい顔になるには?
大切な人と心を通わせるには?
仕事の選択に迷ったときには?
過去にこだわらずに生きていくには?
感性を磨くとは?
クヨクヨしないためには?
成功への近道は?
まわりに流されないためには?
生まれ変わるには?
・・・・どんな難問もこの本は解決します。
これがこの本のコンセプトである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚162】2017・8・15 

本棚162
【学びの本棚162】2017・8・15
《本》『自信がつく話し方教室』
D・カーネギー著 森本毅郎訳 三笠書房

経営者・経済に関心のある人なら、
この人D・カーネギーの名を知らない人はいないだろう。
名著『人を動かす』『道は開ける』は余りにも有名である。
「えっ、読んだことがない」読んでください。
道は開けます。
翻訳者”森本氏”は「カーネギー氏が差し述べている手は、決して形を整えるためのテクニックではない。”何を主張すべきか”という対話の根本を鋭く追及しながら、その上で如何に主張を整理し、言葉にあらわすかの道筋をつけていく。”言葉”の持つ面白さを知り、言葉を使って語ことの楽しさを経験し、他人の言葉に触れる豊かさを味わえる立体的な人間になるために、ぜひ数多くの人にこの本を読んで欲しい、と私は願っている。」

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚161】2017・8・14 

本棚161
【学びの本棚161】2017・8・14
《本》『捨てる!技術』辰巳 渚著 宝島新書

「とりあえず、とっておく」は禁句という副題である。
「"仮に”はダメ、"今”決める」から
「後ろめたさのない捨て方」まで、
「捨てるという発想」の基本を具体的に教える一冊である。

普段の私の机の上は、書類や本や文具等などが散乱している。
ある日突然、何もなくなる。
捨てることで次が生まれるって発想である。
捨てる時には未練はない。
時には「あっ…。」でへそくり、大切な書類がなくなることも度々である。
1ヶ月以上、まして、何年も見ることのない書類なんて大切なものではない。
捨てても気にならないのである。
もし必要なら作れば良い。
更にいいものが出来る可能性はある。
その書類や物が非常に大切なものなら、捨てるって言う行為はしないだろうし、もし、捨てたとしても記憶に残っているものである。
脳のためにも記憶再生は必要な行為である。
ボケ防止の最高の行為である。
「捨てる」とは、新しいものを受け入れる行為なのである。
でも、浪費家ではない。再生行為なのである。
新しいものを入れる”引き出”つくりなのである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚160】2017・8・13 

本棚160
【学びの本棚160】2017・8・13
《本》『まんがでできる営業の見える化』
長尾洋一著 久米礼華まんが あさ出版

「営業の見える化」が最終的に目指すのは、「顧客の見える化」
~本文より

この文章、いただ~き!
「指導者の見える化(可視化)」は「選手の見える化」に置き換えて
見える化⇒わかり易さ⇒具体化⇒成果⇒持続的モチベーション
難しさをまんが化すれば、伝わる。
画像化、映像化し、伝えれば、心が動く。
スポーツコーチングで目指すものは、シンプルにイメージを伝え
やる気にさせることにある。
一冊の漫画本から、チームの共通ベクトル創りのヒントを得る。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚159】2017・8・12 

本棚159
【学びの本棚159】2017・8・12
《本》『グズの人にはわけがある』Dr.リンダ・サパディン/ジャック・マガイヤー著 文春文庫

ギリギリまでやれない、ことわれない、したいことを後回し。
先のばしのない生活はこんなに快適!って本である。
完璧主義者・・・でも、完璧にやりたい
心配性・・・でも、変わるのが恐い
夢想家・・・でも、面倒なことは嫌だ
反抗者・・・でも、なぜ私がしなければならないの?
危機好き・・・でも、ギリギリまでやる気になれない   
抱えこみ・・・でも、することが多すぎて
さあ、あなたはどのタイプ?
クラッチは”危機好き”タイプです。
上のタイプは結局できない人のことを意味する。
どのタイプでもできる人はできる。
計算して行動している人は、他人からすれば、「もっと早くしてよ」と思われても、何やかんや言っているうちにやってしまう人はグズとは言いがたい。
ならば、何故この本を読んだのか。
効率の良い生き方はないものか。
生きる為の動線を確認するためである。
読んでいるうちに、自分は上の全てのタイプの人間じゃないのか?って思ってしまったのである。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚158】2017・8・11 

本棚158
【学びの本棚158】2017・8・11
《本》『<逆さメガネ>』養老 孟司著 PHP新書

「世の中おかしくなった」と多くの人が口にする。
教育の荒廃、凶悪犯罪、環境破壊、金銭汚職…。
ことあるごとに「誰かのせい」がはじまる。
政治家が、役人が、教師が、そして、会社が悪い。
そうじゃない!
あなた自身の見方・考え方が間違っていると訴える本である。
ものの見方を変えてみよう。すると良い事も見えてくる。
心のゆがみを正せば、変化がある。
他人のせいにすることをやめませんかを
訴えている気がしてならない。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚157】2017・8・10 

本棚157
【学びの本棚157】2017・8・10
《本》『集中力』谷川浩司著 角川書店

オリンピック選手の9割が、試合で実力を発揮するために集中力が「大いに必要」だと答えている。
ライバルにうち勝つための決め手は、
持てる力を存分に発揮する集中力である。
それも瞬間の判断が要求されるスポーツ界では尚更である。
天国と地獄を味わい尽くした将棋界の勝負師”谷川浩司”氏が伝授!
時間に追われつつも結果を求められる現代人、
と言うよりも監督業に必読の”光速流集中力”を学ぶ一冊である。
勝敗の分かれ目は紙一重。
ならば、その違いはどこからくるのか。
幾多の経験から、勝敗を分析し、同様の場面で即判断できる頭脳と実行力を鍛える。
経験値をリサーチし、即判断できる記憶の引き出しや如何に。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚156】2017・8・9 

本棚156
【学びの本棚156】2017・8・9
《本》『目標達成ノート』原田隆史監修(JAPANセルフマネジメント協会) ディスカヴァー

オフィスKURACHが得意とするセミナー未来像創り「イノベーションボード®」
「時の流れを掌握する」、過去、今、未来を考えて
具体策を立てる。
2017インターミューラル合宿において
高校部活マネージャーセミナーの一節にスケジュール管理を入れた。
公式戦の日程も知らないマネージャーに
貴方の仕事は、チーム貢献はと言っても、○○の耳に念仏である。

日々のスケジュール管理と目標設定などに参考となる一冊である。
是非、手に取ってみてほしい。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚155】2017・8・8  

本棚155
【学びの本棚155】2017・8・8
《本》武田信玄』風巻 絃一著 三笠書房

この武将の話になるとちょっと長くなりそう。
でも、短く語りましょう。
「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」は余りのも有名な言葉である。
次に有名なのは「(上杉謙信)敵から塩を贈られた」話である。とことん追い詰めるなである。
再生可能なところでとどめる。
同じ土壌で戦おうの精神を伝えた話である。
部下統率の鉄則は「信賞必罰」にあり!
「勝ちは6,7分をもって十分とせよ!」である。
この本は「甲陽軍艦」という書物をもとに、武田家家臣の強さを考察する本である。
何が人を動かすのか?信頼関係を結ぶ条件は・・・。
勝ち続けるための信玄戦法・・・。
功績があれば徹底して評価せよ。罪過ある者には厳格に罰せよ。
人を率いる秘訣がここになる。全てを現代に当てはまることは不可能である。
でも、部下掌握術には最高の教えを優しく伝えようとする本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚154】2017・8・7 

本棚154
【学びの本棚154】2017・8・7
《本》『コーチの社会学』小林 平八著 大修館書店

温故知新
かなり前の本である。
当時としては風変わりなバスケットボールの本である。
何が風変わりかって、当時では珍しい質問・対話形式の本なのである。
当時の全日本選手阿部、谷口をご存知ですか?
そんな選手への質問と回答を分析しながら、進めていく本である。
表紙も日焼けして、古ぼけてコピーがはっきり取れない。
表紙だけではどんな本かも思い出せなった。
自宅にある本は、ほとんど読んだときのかすかな記憶があるんだけど、この本だけは別だった。
それが最初の感想である。少し風変わりな本である。
そして、表題と内容がしっくりこないのである。
内容は非常に面白いのに、社会学…?って、疑問が残る本である。
でも、一つ一つは面白いのである。
失敗を生かす指導、チーム作りは人づくり、
方針の明確化など興味がそそられる内容がラインナップされているし、当時のスター選手にシュート練習方法などが次々と書かれてあるのである。
時が経過し、この形式の本は結構多い。
先見の明なんでしょうね。

category: オフィスKURACH

【学びの本棚153】2017・8・6 

本棚153
【学びの本棚153】2017・8・6
《本》『私のジョン万次郎』中浜 博著 小学館

日本の夜明けの時代に、
坂本龍馬を始め多くの者に大きな影響を与えた男、
幕末の英語教育に寄与した男、ジョン万次郎。
鎖国時代にまさかアメリカに日本人が居たなんて!
遭難し、死んだと思われていた人間がアメリカの教育を受け、
やがて帰国する。
その驚きたるもの想像の域を超えたものであったろう。
この男が幕府の開国決定に大きな影響を与えた人の存在を知る人の数は多くない。
波乱万丈のジョン万次郎の人生を知りたくありませんか?
日本に居れば、小さな村の漁師で一生を過ごしただろう男が日
本の歴史を大きく変える存在の男に成長する。
この運命にいたずらを知りたくて読んだ本である。

category: オフィスKURACH

【学びの本棚152】2017・8・5 

本棚152
【学びの本棚152】2017・8・5
《本》『脳と創造性』茂木健一郎著 PHP研究所

少し前、
世界的な脳科学者”茂木健一郎”氏が『世界一受けたい授業』で一躍有名になった”アハ体験”。
脳活性化の気づきを体験するとなるほど・・・ってことになる。
このなるほどが大切だと言うお話である。
現在の日本人学者で最もノーベル賞に近い男と言われている。
最近、何人かの日本人が知らない日本人学者がノーベル賞を受けている。
凄い人が身近に居るのにもかかわらず、気づいていない日本人。
ここでもおかしくなっている日本人。
良い娯楽番組、”こんな授業うけてみたい”にでている程度の人じゃない世界的学者って知っている?
最近、TVに余りでなくなったが
本屋さんに行けば、また、出遭える学者のひとりである。
興味津々でセミナーも受講した。
実に楽しくも、勉強、また勉強の時間が流れた。


category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚151】2017・8・4 

本棚151
【学びの本棚151】2017・8・4
《本》『「勝ち負け」にこだわらない、自分流の生き方』
精神科医 高橋龍一郎著 PHP研究所

ゆったり、豊かに生きるヒント。
「会社がつらい」「対人関係がうまくいかない」「家庭はバラバラ」
これまでの価値観は何か間違っていたのか?
精神科医が語る、新しい生き方の提案。

確かに世の中、「勝ち組」「負け組」という言葉が氾濫しているよね。だから、多くの若者が競争に乗らなくなった。
なぜって、大半の人は負け組みだから。
大人はよくこんなことを言う「先が見えないから、若者は燃えないのだ」と。
先が見えているから、
負け組みになりたいから、
どうせやっても結果は知れたもの、
だったら、適当にブラブラして、
「今が楽しけりゃ、それで良いじゃん」って主張し、
頑張る大切さを説く大人を無視して、
生きていく若者が周りに増えていませんか。
ナンバーワンよりオンリーワンの言葉に乗せられ、
個性的に生きるって風潮されて…。
でも、自分自身を振り返ると個性的でも
なんでもない自分が其処に居ることをいずれ知る。
ますます、社会性のない若者がどんどん増えていく。
この世に生まれたかぎり、
集団の中で暮らさないといけない宿命にあるのだから、
社会性を考えた上での自分育成を教えないと進むべき道を踏み外す危険性大である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚150】2017・8・3 

本棚150
【学びの本棚150】2017・8・3
《本》『武術の新・人間学』甲野 善紀著 PHP文庫

バスケットボールの社会ではかなり有名な武術家である。
東京の有名進学高で弱小バスケ部を全国に連れて行った”ナンバ走り”で一躍脚光を浴びた武術家である。
そのナンバ走りの原点は、明治時代以前の日本人の歩き方にある。
現代人の歩き方とは、まるっきり異なる歩き方であることをご存知ですか?
保健体育の授業で江戸時代の日本人の歩き方と走り方は現代人とは異なる歩き方であった。
これは正しいか?の質問に教員も含めて、クラッチの発表にバカ扱いされたことを思い出す。
それには、日本人の服装が関係し、武士道が大いに関係するって話をしたが、信じてもらえなかった。
月日がたって、この本を読んで、改めて、自分の主張が正しかった。
主張って言うより、調べたことが正しかったことを改めて知った。
この武術家は風体からして、人を寄せ付けない現実離れした人である。
クラッチが主張した以上に世の中で相手になれなった人物である。
でも、武術に目覚め、人の目なんて関係なく、自分の目指すものに邁進されている姿勢に、凄く凄く惹かれるものがある。
桑田投手は、どのチームのファンだとかいう問題ではなく、
プロ野球界で最もプロらしいプロと言えば、
桑田って答える指導者が多い。
それほど、取り組みが半端じゃない。
哲学的であり、科学的なのである。
一度ピークを通り過ぎた選手が再び全盛期の力を取り戻す時に出逢ったのが甲野氏である。
ある時、桑田は一度も勝利投手にならなかった。
投手生命は終わりか?でも、巨人軍は再び契約した。
其処に潜むものも、この本には書かれてある。
信じるか否かは読んでみてください。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚149】2017・8・2 

本棚149
【学びの本棚149】2017・8・2
《本》『王手』升田幸三著 サンケイドラマブックス
《本》『勝負』升田幸三著 サンケイ・ビジネ

将棋ブーム到来!
若き将棋プロたちと加藤一二三氏たちが連日TVで取り上げられている。

将棋は兵法から来ている。
クラッチ世代は、小学校の時に軍隊将棋なんて代物もあった。
将棋を指していて、バスケットボールを凄く感じるのである。
それが小学校の時に感じたことはありあないが、
この競技の指導者のなった時に凄く将棋ってことが身近に感じた。
将棋の”攻め”と”受け”の定石って、オフェンスとセフティーの関係にそっくりなんやね。
さらに奇手で新世代と人工頭脳、新たなる定石などなど
とはいっても、クラッチは将棋が強いってことはない。
そこ、そこ打つが段を持っているとかではない。
この2冊の本は、初心者コーチとして指導を始めたころに読んだものである。
かなり読み込んだ後が各頁に残っている。
「勝負の読み」「勝機」などを学んだ本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚148】2017・8・1 

本棚148
【学びの本棚148】2017・8・1
《本》『職員会議に出たクロ』藤岡 改造著 ワック

「氏名:クロ 住所:松本深志高等学校校用技手室 役職:番犬」って職員名簿に載った犬である。
じんわりとあたたかい気持ちでいっぱいになる不思議な学校犬との12年間。
このクロが亡くなったときに全校集会で校長が弔辞を読んだ…
不思議な学校犬との物語である。
実存した本当の話である。映画化もされた。
教員時代クラッチはこの物語を文化祭でクラス劇としてやろうと試みたが実現しなかった。
笑いで作る劇は、けっこう取り組みやすく、可能であると勝手に思っている。
でも、涙を誘うって、高校クラス劇ではなかなか難しいだろうな。
だからこそ、この物語を取り上げようって気持ちになったが実現しなかった。
こんな犬が学校で飼われていた。
これこそ、ゆとりです。学校が機械化された時代ではあり得ない物語である。
人の温もりがある。
学校に宿直って言う制度がなくなった都会の学校ではありえない温もりである。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード