クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー大晦日】 

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー大晦日】
良く年くる年。
今年一年、ブログご愛読ありがとうございました。
よきお年を迎えられることをお祈りいたします。
        スポーツ・コーチング総合研究所
         オフィスKURACH 倉田伸司
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー306】 

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー306】
2016・12・31
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その79』
~全体掌握術は細部までのイメージ力で~

このプレイをしたら、どうなるかのイメージを持てるメニュー創りが必要である。
そのプレイは何のためにするのかをプレイヤー自身が
知らなくては何時間費やしても実践では機能しない。
積み重ねてきた先に何が見えているのかを
プレイヤー、指導者のベクトルが共有されていないと成果は見えてこない。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー305】 

朝一305
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー305】
2016・12・30
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その78』
~有能なマネージャーを育てる~

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」岩崎夏海著
この本でマネージャーの存在が一躍クローズアップされた。
素晴らしい本として何度も読んだ。
この本が世に出て脚光を浴びる10年以上前に
有能な高校部活マネージャーを育っていた。
当時日本リーグで活躍されていたマネージャーをされていたS氏に依頼し、高体連で講演をしていただいた。
それを受講した“まや”が創ったノートがある。
是は現在も語り継がれて、部活マネージャーの教本として
色々なチームで活用されている。
その最終ページに書かれてある言葉
・いつでも笑顔がを心がける。
・マネージャーも同じ部員で仲間。
・臨機応変に。
伝えていきたい。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー304】 

朝一304
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー304】
2016・12・29
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その77』
~交渉力を持つ

あるカップ戦に出場したい。
でも、壁がある。
躊躇する。
学校が、大会自身が、チームが…。
一歩踏み出せない壁があり、諦める。
実力差が広がるばかりとなる。
そこで勇気を出して、色々な場所と交渉し
参加を認めてもらえる行動をとる。
躊躇する気持ちを処理はらう勇気が必要である。
殻を破るのは、指導者が最初に起こす行動である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー303】 

朝一303
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー303】
2016・12・28
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その76』
~栄養学を取り入れる~

スポーツマンの食育を総合的に考える。
ただ食べりゃ、良いって訳じゃない。
腹いっぱいに潜む栄養学で
体力、気力、意欲、競技適正ガタイ創り。
例えば、高タンパク質摂取でチームの持久力アップ等々を
チームマネジメントに必ず入れる指導者であってほしい。
チームを変える要因の一つになることを
疲れを知らない、走り切るチームとして
自覚できる日が必ず来る。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー302】 

朝一302
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー302】
2016・12・27
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その75』
~脚下照顧の力~


足元に人の心在り。
ある時の合宿の夜明けに揃えられたビブス&クラブノート。
わかり易くマネージャー&その日の係が
人の立場&目線で並べられている。
これに対して「ありがとう!」の感謝を言葉にできるチームは成果を確実に出せる。
そして、その行動を確認できる指導者でありたい。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー301】 

朝一301
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー301】
2016・12・26
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その74』
~心に残る言葉を持つこと~


客観的なことを伝えるとしても
対、人との対話では情の世界は常にあると心得る。
幾ら良いことを伝えようとしても
心に残らなければ、人は動かない。
心が動けば、何かをきっと創れる。
心ある言葉を心を込めて、伝えることを日々学ぼう!

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー300】 

朝一300
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー300】
2016・12・25
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その73』
~努力目標を明確にする~


何をするかも判らないなら、誰だって躊躇する。
これから何をするのか。
それをすれば、何にか、良いことがあるのかを
明確に伝えることが出来れば、
後は個々のプレイヤーや部員に任せれば、
成果を自ら出そうとする。
最初はグー!
最後は自信がつき,
これ最高のクリスマスプレゼント!
そんな日をコーディネイトしていきましょう。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー299】 

朝一299
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー299】
2016・12・24
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その72』
~サンドイッチ方式で誉める力を持つ~


誉め言葉から会話を進めれば、
多くの人は聞く耳を持ってくれる。
褒める⇒「注意点」を言う⇒また、誉める。
この姿勢を貫けば、多くのプレイヤーは変身を遂げる。
悪いこと探しの日々は疲れる。
良いとこ探しの日々も実は疲れる。
悪いこと探しの日々には次を見い出せつらい。
良いこと探しも疲れるが次を創れる可能性が開けてくる。
二宮尊徳の道歌
「可愛くば、五つ教えて 三つほめ 二つ叱って よき人とせよ」

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー298】 

朝一298
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー298】
2016・12・23
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その71』
~競技のハードさ、しんどさを理解させ、楽しませる能力~


「しんどいこと」、最初は誰だって進んでやろうとしない。
是世の中の常識…。
でもね、必要性を説けば、70%も人は取り組もうとする。
先ず、楽しそうであることがインプットできれば、
87.5%の人は真剣に取り組むようになる。
この可能性を信じて、日々向き合えばチームは大きく変わる。
さて、100%に到達する残りの12.5%が勝利、成果を引き寄せる努力の過程となる。
「やれば、きっと、必ず出来る」から「もっと、出来る」を引出しましょう。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー297】 

朝一297
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー297】
2016・12・22
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その70』
~ルール分析から創りだす競技(技術)向上心~


各競技の特性とルールを深読みすれば、
まだまだ改善の余地は残されている。
最初は真似事でも良し。
オリジナリティーまで高めることが出来れば、
(世界に)通じる技術は創り出せる。
国民性を考慮し、地域性を顧慮し、性差を考慮し、年齢を考慮し、個々の能力を考慮するなどを背景において、
「どうすれば」を問い続ければ、
「こうすれば」「このようになる」が見えてくる。
最初認められなくとも、続け成果をだせば改革は出来る。
そのことを何度も繰り返してきた。
コンセプトは「いつか勝ってやる」だった。
その日々が楽しくて仕方がなかった。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー296】 

朝一296
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー296】
2016・12・21
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その69』
~職場、保護者、家庭、地域への理解構築~


時間がかかっても、努力すべし。
協力者は必ず出現する。
通勤の駅から職場までの道、
毎日、角々の番犬に不審者扱いで吠えられていた。
ある瞬間から、その犬たちが尻尾をふって、
寒い朝を出迎えてくれた。
私の最初の理解者は地域の飼い犬だった。
このワン犬たちに認められた頃から
チームは好転し、成果が出始めた。
そして、地域の方々から挨拶されるようになった。
すると学校にも変化が起きた。
『やる気の芽生え』だった。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー295】 

朝一295
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー295】
2016・12・20
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その68』
~連絡網力~


公衆電話、古~い!
今の時代、ライン、メールがあるでしょ。
若者は使い方知らならないですよね。
携帯一斉送信で連絡一括処理、
それありの時代である。
情報として、個人情報は重要視されるが
チームの信頼関係で連絡網は必要である。
遠征先で連絡、時間の変更などなど、
チーム全員が共有しなければならない時も
制限が加えられる時代であることを掌握する必要はある。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー294】 

朝一294
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー294】
2016・12・19
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その67』
~反省への即効力と対応力~


「反省ぐらい猿でもできる」ってCM、昔ありましたよね。
古すぎて、若い世代には?ですかね。
刻々と変化するゲームにおいて、
起きミスを最小限にとどめ
最大限の効果を出せる指示を出せるかは
日々に取り組み姿勢にある。
自滅、相手のプレッシャー等々…。
修正改善で反省力をアップさせて、
即解決のスキルをチーム内に取り組みとしてを導入する。
先ずは自分たちで解決させる。
ゲームにおいても、審判のジャッジ後、フリースロー時など
即ハドルを組み話し合わせる。
自分たちで解決しようとする姿勢を日々の練習メニューとする。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー293】 

朝一293
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー293】
2016・12・18
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その66』
~切り替えと区切り力~


線引きが難しい時がある。
どうしてもファジィーで中途半端な説明しきれないラインが存在する。
どちらにでも解釈できることをあえて定義付る。
でないとチームに混乱が生じる。
右に行く、左に行く、真っ直ぐ進む、下がる。
チームの方針づくりに絶対必要な決断は必要である。
こんな時には、右へ行く
こんな時には、下がる
等を明確にすれば、プレイは機能する。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー292】 

朝一292
明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー292】
2016・12・17
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その65』
~事務力とファイリンググ力~


チーム運営、マネジメントにおいて、
データの管理は脳内整理であり、
即活用できる引出を如何に整理できるか。
時間軸、必要項目など、ソートし、即出せるファイリングが必要とされる。
単なる記憶に頼っていてはミスが生じる。
分析、応用などのデジタル化は作業時間の短縮に役立てることが出来る。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー291】 

朝一291
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー291】
2016・12・16
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その64』
~人を好きであること~


チームを運営し、チームを育てるには
その競技が大好きなこと。
そして、その競技に携わる全ての人が好きであること。
取り組む姿に惚れ込み、
更にレベルアップを目指して、
好きにさせる、好きになることである。
これ成果を出せる原点である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー289】 

朝一290

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー290】
2016・12・15
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その63』
~誰よりもその競技が大好きであること~


「好きこそものの上手なり」
好きだからこそ、
もっと上を目指そう!
もっと上手くなりたいんや!
出来ないから、くやしんや!
しんどいことも楽しいんや!
「楽しいから、しんどいことも苦にならないんや!」
是、結論かも…。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー289】 

朝一289
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー289】
2016・12・14
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その62』
~無限から一つを引出す能力~


能力の違いがあれども、
一人一人には可能性がある。
その可能性を引出し、その気にさせるのが
指導者の仕事であり、役割であり、使命である。
下手な子、初心者、実績の無い子、大いに結構!
可能性を引出しましょう。
それが指導者としての能力である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー288】 

朝一288
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー288】
2016・12・13
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その61』
~感情のコントロールが出来ること~


常に理論的であれ。
「なぜそうなるか」を納得させる。
激しい口調であっても、クールであること。
提案することが成果に結び付けば、
聞き手は変わる。
やろうとする。
特に技術的なことに対しては
「なぜできないんだ?」は禁句とすべし。
やろうとしないことは注意しても、
やろうとしているのにできないことに対しては
クールに出来るまで修正改善を加えて
切り口を変えて、伝えるべし。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー287】 

朝一287
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー287】
2016・12・12
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その60』
~服装はお洒落であること~


人前に立つ…。
まして、大勢の人の前に立つ
そして、語り、教える…。
常に注目される存在となる指導者
その場に応じて、常に服装には気を使うべし。
高価なものでなくても構わない。
清潔感を常とすべし。
聞く側の人たちの気持ちも変わる。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー286】 

朝一286
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー286】
2016・12・11
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その59』
~24時間体制を貫く(プロフェッショナルな生き方)~


四六時中、そのことを考え、未来を考え、実行し、成果を出す。
そんな楽しいことが出来る職業に付けて幸せである。
それが出来て、初めて専門性を活かせる道である。
その職業に就いた時の思いを忘れてはならない。
成りたくて仕方がないから、その職(指導者)を選んだなら邁進すべし。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー285】 

朝一285
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー285】
2016・12・10
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その58』
~伝達の徹底力~


ミーティングのハドルをじっくり観察してみよう。
輪の後ろにいる部員は下向き加減で聞いている。
その部員が練習メニュー列の最後尾にいることが多い。
そして、ミスする確率が非常に高い傾向にある。
クリエイティブなプレイは生まれなし、
マネするが、それ以上を望めない。
チームとして、全てのプレイヤーに伝え、
考え行動するチカラを創れれば、
能力を最大限に活かせる、引き出せる要因となる。
上手く伝えるチカラは聞くチカラを向上させる

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー284】 

朝一284
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー284】
2016・12・9
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その57』
~感謝・ガッツポーズ・ハイタッチでモチベーション維持向上~


チームスポーツにおけるハイタッチは
モチベーション向上に特に役立つ。
成果を共有できるアイティムとして、
頻繁に活用される行動である。
コミュニケーションツールとして、
チームの活性化に大いに役立つ。
チームに活気をもたらし、

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー283】 

朝一283
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー283】
2016・12・8
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その56』
~早々に感謝を述べる行動力~


どんな時も「ありがとうございました」を言葉として伝える心構えを持ち続ける。
対人において話をする時に最後には、
必ず添える感謝の言葉で受け入れられることが多くある。
その姿勢が人の心を動かす大きな要因となる。
白々しく、上辺の行動ではなく、
心底、頭を下げる行動を続けることで心が動く。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー282】 

朝一282
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー282】
2016・12・7
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その55』
~部内通信発行の力~


活動の証を残していく。
それがチームの歴史として刻まれていく。
ある時代の時間軸を共有することで
チームの成果を見直せる。
あの時、こんなことで、頑張った証を残していく。
それが伝統の力となり、次の世代に残せる。
チームを取り巻く人たちの共通認識、共通ベクトルの共有を構築できる材料となる。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー281】 

朝一281
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー281】
2016・12・6
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その54』
~映像・画像の活用力~


伝える方法はいくつかある。
文字で、映像・画像で、言葉で、示範でなどなど…。
誰かが発信し、読み、観て、聴いている人がいれば、
全ての人の脳は情報として一時的に認知する。
その中で必要なものを記憶させて、
記憶を引出し、考え、行動する。
その情報源としての映像・画像に強く反応するのがスポーツ界である。
観て真似る。
これほど、端的に情報を発信できるアイティムを活用しない手はない。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー280】 

朝一280
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー280】
2016・12・5
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その53』
~プレゼン力を高める物語風語り~
伝え上手は話し上手。
必要事項だけを淡々と伝える…って、
心に残らず、記憶されない傾向にある。
「明日、○○駅に○○時に集合、わかった…。」
「はぁ~い!?」
しかし、当日、違った場所、遅刻者続出…。
部活あるある物語ですよね。
「明日ね、非常にみんなにとって1年間やってきた練習の見せ所の公式戦、心地よく○○駅に集まって、○○時に笑顔でみんなで今日頑張ろうと会場に向かおうよ。そのために早めにしっかり寝て、朝早めに起きて、しっかり朝食取っておこう」との伝え方如何でしょうか。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー279】 

朝一279
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー279】
2016・12・4
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その52』
~ホワイトボードの板書力~


書いては消し、消しては書くホワイトボード…。
少なくとも、その日に書き込んだ内容は、
練習が終わるまでは書き残す。
それを観れば理解できると同時に考えさせる内容、
それを徹底したい内容については、強調して書き残す。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー278】 

朝一278
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー278】
2016・12・3
『スポーツコーチングマネジメント101ヶ条その51』
~メモ力~


ミーティング等で聞いたことを考えながら大切なことをメモする。
いつ、どこで、何を、聞いたか
その重要な部分をメモする習慣づけをする。
そのメモの内容は、何をすれば、
上手く行くか。
迷惑をかけないか。
自分の役割は何なのか。
特にチームの仕事としての役割を任せられた時の内容は重要であることを習慣づければ、将来きっと役に立つ。

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。