クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー214】 

朝一214
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー214】
2016・9・30
~勝利の為のピラミッド創り021『プライド』~

口でプライドを持て!では、プライドは持てない。
プライド構築の為に、プライド創りの過程を体験し
成功感、達成感を自覚して、
更なる努力を自らやろうとして、
自分が得た効力感を知って、初めて出来上がるものである。
どんな苦難が現れても、「らしく」ふるまっている姿を発見した時に感じるチカラ「プライド」であると自覚する。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー213】 

朝一213
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー213】
2016・9・29
~勝利の為のピラミッド創り020『モチベーション』~モチベーションを高く維持させるには、
小さくてもいい、
ハードルが低くてもいい、
成功感を、達成感を持たせ続けることである。
大きなハードルを跳び超えるのは、
限られた能力の持ち主が得られるものであり、
チームとしては小さなことを何度も、
コツコツとしび超えていく道を選ぶ方が大きな力になることを知る指導者が成果を出せる。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー212 】 

朝一212
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー212 】
2016・9・28
~勝利の為のピラミッド創り019『キャプテンシー』~

全てがパーフェクトに出来る部員がキャプッテンでなくてはならないとは思わない。
何がしの影響力のある部員、
例えば、日ごろ、大人しくとも、チームが困っている時に無言でも先頭をきって難題と向き合っている部員の存在を観つけることがある。
本来なら、このような部員をキャプテンであれば、最高ではと常々考える。
真のキャプテンを選ぶまで、キャプテンシーを発揮する部員をチームとして見つけるまで、一度は部員全員がキャプテンを務めさせるもの、チーム活性化の一つの方法である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー211】 

朝一211
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー211】
2016・9・27
~勝利の為のピラミッド創り018『コンディッションつくり』~

コンディッションつくりは全てをベストに整えるを意味しない。
時には、「最悪のコンディッションで最高の成果を求める」という理不尽さで「何をすべきか」を考えさせるコンディションの中でトレーニングを提供するも時には必要である。
全て上手く行かない、最悪の環境下で出た成果は本物であることが多い。
とは言っても、良い環境下で育て、良いコンディッションでやることを否定している訳ではない。
実績ある指導者は、そのことを踏まえて、向き合う姿勢を常に持っている。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー210】 

朝一210
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー210】
2016・9・26
~勝利の為のピラミッド創り017『伝統の力』~

老舗の味を守ろうと継ぎ足し、継ぎ足して、その店の味とする。
それを人は『伝統』という。
根本の考え方は揺るぐことはない。
更に良きものを継ぎ足して、現在に至る。
私はそれを『伝統の力』で更なるパワーと考える。
毎年「同じように」では、下降線をたどる。
より以上は『伝統の力』で向上させることである。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー209】 

朝一209
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー209】
2016・9・25
~勝利の為のピラミッド創り016『創造力』~

リエイティブ(creative創造的)なバスケボールの原点は
先ずは指導者の学ぶ姿勢であり、
そのクリエイティブな発想で育てられたプレイヤーは自ら進んで考えるようになる。
「この様にすれば、この様になる」を日ごろから、プレイヤーたちがクリエイティブになれれば、きっとチーム全体のレベルは向上する。
時に考えた末の行動(プレイ)が間違っていても、それを考えるの材料にするも良しである。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー208】 

朝一208
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー208】
2016・9・24
~勝利の為のピラミッド創り015『ほんのささやかな技術論』~

技術が全てじゃない。
まして、能力だけじゃ進歩はない。
技術を支えるチームの育成方針が大切である。
ほんのささやかな技術論と言っても、トップを目指すチームの指導者が世に出回っている技術などの専門知識は知っていて当たり前。
その技術のどの部分がこのチームに必要かをさらに掘り下げて、
チームが機能するスキルや練習メニューを提供するのが
指導者の使命であり、仕事であり、役割である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー207】 

朝一207
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー207】
2016・9・23
~勝利の為のピラミッド創り014『楽しむ心』~

「楽しく、しんどいことを、楽しめ」と云い続けた。
楽しくなければ、
楽しめなければ、
チームじゃない。
だから、我がチームは「しんどいこと」も楽しめた。
心拍数マックスでも、
出来なくて、困った時も
楽しくなくっちゃ、○○高バスケ部じゃないと云い続けた。
だから、コートには『楽しい声』がみち溢れていた。
「だって、バスケってしんどいスポーツでしょ」
だったら、それを楽しもうよ。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー206】 

朝一206
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー206】
2016・9・22
~勝利の為のピラミッド創り013『ライバル心』~

良い意味で互いを認め合っての競い合いは個々を成長させたり、
チームの飛躍につながることがある。
同じポジションでのライバル心は必要である。
目標になったり、目標にされたりしての意識が個々の努力することや成長に繋がれば、最高である。
但し、相手をおとしいれたり、憎んだりしてはならないことを肝に銘じておく必要はある。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー205】 

朝一205
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー205】
2016・9・21
~勝利の為のピラミッド創り012『仲間意識』~

チームに云い続けていたことがある。
その一つ「このチームで出来る自分の貢献を持て」
それをチームメイトに知ってもらって、
やり続けば、
自分の居場所は自然にできる。
一人一人のチーム貢献を繋ぎあわせれば、
チームはチームらしくなり、
自分の居場所と仲間意識は自然にできる。
一所懸命、貢献しようとする仲間を認め、
受け入れる体制を整えれば、
チームの未来が見えてくる。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー204】 

朝一204
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー204】
2016・9・20
~勝利の為のピラミッド創り011『挨拶』~

挨拶の仕方には、色々な方法がある。
会釈、ハグ、握手、お辞儀、軽く手を上げる、
おはよう!こんばんは!こんにちは!
よろしくお願いします。
大切なコミュニケーションである。
チームで挨拶する時には、深々と頭を下げて、心を込めて5秒間やるを決めた。
習慣づけば、きちっと揃って出来るようになり、評判になった。
新チームが最初に覚えたチームプレイである。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー203】 

朝一203
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー203】
2016・9・19
~勝利の為のピラミッド創り010『伝達力』~

チームを一流にするには、絶対に必要なアイティムの一つである。
大きな返事をしたからって、伝わっているとは限らないことを知ることが大切である。
伝わっているか否かの判断は、指導者の仕事であり、
「云ったでしょ、何故、出来ないの?」で突き放すのではなく、
もしも、正しく伝わっていない時は、やり直すことが大切である。
そして、上手く伝わり、行動すれば、
即、誉めることを忘れちゃならない。
「正す」ことを忘れてはならない。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー202】 

朝一202
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー202】
2016・9・18
~勝利の為のピラミッド創り009『思いやる心』~

厳しくたって、思いやる心や態度や行動があれば、人の心は動く。
動かないのは、感じる心を育てていないからである。
言葉のキャッチボールの時、小声でもいいから、声にする、させることが受け止める心を育てる一つとなる。
やり取りがあってこそ育つ思いやり。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー201】 

朝一201
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー201】
2016・9・17

~勝利の為のピラミッド創り008『信頼する』~

『信頼する』から生まれるのは安心である。
信頼する部員でも、時として失敗もある。
その時、「それも勉強、次、取り戻せばいいよ」で促してあげましょう。
次の行動を起こせるチームの体質を創ることへの信頼構築で頑張りましょう。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー200】 

朝一200
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー200】
2016・9・16
~勝利の為のピラミッド創り007『計画性』~

カレンダーを捲り続けて200日が経ちました。
ブレルことなき日々は続いていますか?
先の見えないカレンダーじゃ、意味がない。
このカレンダーは1年先を見据えてのスタートでした。
今日、明日、その先のやることは決めてある。
「上手くいかないんですよ」の声が聞こえてきそうですね。
見直しは、時には必要でしょう。
後の165日の為に修正改善は必要でしょう。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー199】 

朝一199
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー199】
2016・9・15
~勝利の為のピラミッド創り006『生活習慣の大切さ』

成人病の大半は生活習慣病とも言われている。
成長に段階で正しい体内時計を構築すれば、
それだけで成長の後押しをしてくれ、健康的な未来に繋がる。
部活動における合宿や遠征先での共同生活はチームにおいて最高の教育の場である。
親御さんが涙してくださるのは、何も勝ち負けだけではない。
「うちの子が家事を手伝ってくれるようになりました」もその一つである。
-- 続きを読む --

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー198】 

朝一198
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー198】
2016・9・14
~勝利の為のピラミッド創り005『根気強さ』~

出来ないから、出来るようになれば嬉しいに決まっている。
諦め厳禁、必ず出来るまでやらせる。
するとその部員や選手は、出来る喜びを知り、
出来るまでやろうとする。
その根気を指導者がなくしては、チームは育たない。
「全ては出来た時の微笑の為に」である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー197】 

朝一197
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー197】
2016・9・13
~勝利の為のピラミッド創り004『真面目は宝』~

一所懸命取り組む姿勢を最重要視した。
真面目さを滑稽さにさせてはならない。
その真面目さに、チームが救われる時が必ず来ると云い続けた。
それがチーム育成の原点の一つとした。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー196】 

朝一196
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー196】
2016・9・12
~勝利の為のピラミッド創り003『感謝する心』~

日々の生活の中で「ありがとう!」が自然体に出てくるチームを目指した。
指導者が率先して、「ありがとう!」を声にした。
するとあっちこっちで「ありがとう!(ございます)」を耳にするようになった。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー195】 

朝一195
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー195】
2016・9・11
~勝利の為のピラミッド創り002『聴く姿勢』~

私は「聞く」をあえて「聴く」にしました。
その心は聴くとは耳で14の心を持って聞くなり。
1年目1人の部員が7人、
あら不思議、2年目7人が14人となる。
「素直な心」で「聴く心」を学び、真剣に取組む姿勢の部員が14もできました。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー194】 

朝一194
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー194】
2016・9・10

~勝利の為のピラミッド創り001『素直さ』~

さて、貴方のチーム創りの第一歩になるキーワードは?
ある場所で出会ったプレイヤーたち、
人の話をまともに聞けないプレイヤーたちだった。
ただ、それだけでチーム創りの第一歩を『素直さ』にした。
ただ、それだけであるが後々、曲げることが出来ない育成の一歩だった。

さて、このピラミッドを突き付けられたチームは、
どの様に変化していったでしょうか?
26項目を積み重ねてから、その結果を語ります。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー193】 

朝一193
ある時代、ある時、コーチングで悩み続けていた時に
UCLAヘッドコーチの偉大なバスケ指導者ジョン・ウーデン氏の「成功のピラミッド」と出遭う。
私は変わりました。
そして、自分のチームに応じ、このスキルを積み重ねれば、
成功のピラミッドは築けると『新勝利のピラミッド』を創りました。
その一つです。

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー193】
2016・9・9
~チーム理念構築の為のピラミッド創り~

チームに必要な項目を積み上げて、勝利(成功・成果)のピラミッド創りにチャレンジしてみませんか。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー192】 

このブログ、投稿2000番目の記事です。
宜しく!です。
朝一192
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー192】
2016・9・8

~時間を守れないチームに勝利なし~

時間を守ることが組織(チーム)運営で必要最低条件である。
時間内で得点を争うバスケットボールゲームなのに、
時間をおろそかにしていませんか。
日々の練習時間を守れないチームメイトいませんか。
もし、競技スポーツで勝敗を求めるなら、
時間を守らせましょう。
これ、大切な第一歩です。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー191】 

朝一191
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー191】
2016・9・7

~君(あなた)が出来るチーム貢献~

所属するチームでどんな貢献が出来るか考えてみましょう。
犠牲心なんて、なかなか芽生えるものじゃない。
チームに貢献する為に何が出来るか気づかせることである。
それぞれの遣り甲斐を見つけ出し、活かして結合すれば、勝利という成果が見えてくる。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー190】 

朝一190
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー190】
2016・9・6

~工夫で時間の短縮を~

時間の長さで解決できるなら、時間をかければいい。
しかし、何でもかんでも長けりゃいいとは思わない。
だらだら感満載のチームに限って、
「時間がない」と言っている。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー189】 

朝一189
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー189】
2016・9・5

~さぁ、新学期スタート、でもね…。~

「これで良いのか?」と迷いが生じる9月のスタートである。
長期休業時の計画ほど、困難さを感じることはない。
なぜなら、部活以外にやる時間がいっぱいできるからである。「これで良いのか?」が芽生え、部活に目標を見いだせなくなる懸念時期でもある。
学校行事の渦の中、
さぁ、どうする新学期である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー188】 

朝一188
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー188】
2016・9・4

~一隅を照らす、覚悟を学べ~

こんな所でやってやれるか」と何もしない人は、
どんな良い環境に行っても愚痴っている人である。
成功者は、一所懸命に「POSTでBEST!」で与えられた場所で改善を繰り返し、成果へと導いておられる。
結果や過程だけを追わず、
人が投げ出すような所でのスタートの『覚悟』を学ぶべきである。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー187】 

朝一187
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー187】
2016・9・3

~時には、遮断するもよし~

情報氾濫の世の中で自分らしさを出す困難さは誰にもある。
その情報があたかも正しく、世論だと思い込む危険性多々あり。
自分たちのイズム構築の為にスマホや携帯を禁止にする日をつくり、
インターネットや情報を得る手段を遮断してみるのも一つの方策である。
私は時には、時計すら外す日を大切にしている。


category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー186】 

朝一186
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー186】
2016・9・2

~多く語る必要がない時もある~

一つ、一つ取り上げて、
ああでもない、こうでもないと悩み続けるより、
漠然と全体を観ている方が上手くいく時も多々ある。
考える習慣づけには、必要な取り組み姿勢である。

category: オフィスKURACH

【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー185】 

朝一185
【明日の朝一(あさいち)ミーティングの為のカレンダー185】
2016・9・1

~それなりの理由がある~

「なぜ、そんなことが出来るんですか?」の問いに、
「出来るように準備していたからです」と答える。
簡単なことの法則である。
多くの事は偶然じゃなく、必然である。
そして、準備のたまものであると…。

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード