クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

 

2月20日リリース! 
本日2月29日までキャンペーン中
DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 
スポンサーサイト

category: 未分類

一日得する2月29日 

閏年(うるうどし、じゅんねん)とは、閏がある年である。閏年でない年を平年と呼ぶ。

通常、閏年は平年より暦日が1つ多い。その余分な日・月を閏日・閏月、総称して閏と呼ぶ。閏は、暦と太陽または月の運行(太陽の運行は季節の移り変わりを、月の運行は月相を決める)とのずれを補正するために挿入される。閏の挿入規則を置閏法と呼ぶ。「閏」の字が常用漢字表に含まれていないため、うるう年とも書く。
ウィキペディアフリー百科事典ウィキペディアより

そうなんです、地球規模、いや宇宙規模で時間を修正・補正する日なんです。

時間が足りないとぼやく方々、今日は時間を頂ける通常なら空白のなかった一日なのです。
大切にしましょう!

時間が足りないことを時間する人を多く知っている。

その中でも成功者は自身のスケジュール管理をして有効に時間と付き合っている人である。

時間が足りないとぼやく人は結構自分の時間をつくれない人の”ぼやき”である。

計画していても、間に合わない。

どこかで補てん、修正は必要である。

そのどこかが今日である。

時間を考えましょう。

俺には時間がない。だから俺は時間を大切に有効に使う努力をする。

明日はもう3月…。

category: クラッチのつぶやき

視点 

目の向け所

積み重ねて来たことのに目を向ける。

学校関係者のスポーツ指導(部活)は新人戦を終えて、第2ステージと向かう春休み。

新人戦までと同じことを繰り返していては、結果は同じことが予測される。

あれだけやっていたのに、自分たちが考える結果に結び付かなかった。

気力が途切れ、新たなる意欲が起きてこない可能性もなきにしもあらずかもしれない。


高い目標や長期の計画に向かって進んでいる集団や個人であっても、気力がうせかけることは誰しもにある。

自分だけが何て、思う必要はない。

表にあらわすか、あらわさないかだけにすぎない。

誰にだって起きてくる感情である。

自分にはできないのではといった気分におそわれたり、強く感じる時に客観的な材料にもう一度目を向けてみる。


先にに向かって頑張るのではなく、
これまでの積み重ねを客観的な材料をノートに書き並べ、
確認する時を持つ。
・難シ搾シ托シ点convert_20111205112200

新人戦までに成し遂げたなしとげてきたことをじっくり見れば、
「自分たちでできたことがある。たいしたものだ」と思える部分を探す。

やればできる意欲が熱くなる時を感じる時間を持つ。

思いではなく、出来る部分を探すことに少し時間を割いてみる。

成功感の積み重ねを自分にも、指導対象者にも要求してみる。

『やればできる、きっとできる、かならずできる』を体験する。

category: オフィスKURACH

日々語っています。 

「教える」「育てる」「成果を出す」

これ指導者成功の三大要素。
IMG_NEW_convert_20100222103230.jpg

「教育」「訓練」「成果」というと結構抵抗感を持たれる方がおられる。

おしつけるなとか、自主性がないに結び付かないとか、戦前の教育じゃあるましとか

などなど、受け入れていただけないことが多々ある。


コンビニアルバイト店員を雇う。
①A店のシステムを教える
②お客対応を覚えさせる
③A店の収益を上げる

これって、経営者や店長が雇用する時の当たり前行動である。
単に人柄が良いだけで経営が成り立つわけがない。

教育界はどうだろうか。
①教室で教科書を使って教える。
②学習能力を高めていく。自ら考え、行動できる生徒を育てる。
③自ら考えで行動できる生徒を育てて、卒業後の希望進路を叶える。

この三大要素を色々な条件下で、展開させていけば、欲求を満たすことはできると考える。
三大要素の言葉を考えて、状況に応じて徹底させれば、成功を引き押せることができる。



2月20日リリース! 
2月29日までキャンペーン中
DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: オフィスKURACH

ステークホルダー 

あなたはこの写真の『手』の向こうに何をイメージさせますか?

wa_convert_20120222101841.jpg

絆、友情、信頼関係・・・。

間もなく春を迎えます。

春と言えば、入学、新入部員、新しい環境、などなど・・・。

期待と不安が入り混じるワクワク、ドキドキ感が充満する季節です。

期待通りになればハッピー、不安が的中して失望

新たなる人間関係の構築がこの1年を左右する。


居場所探し、仲間づくりは人間には必要な行動である。

オフィスKURACHセミナーでよく使う言葉に『ステークホルダー』

私は『取り巻き』と説明している。自分の周辺に存在する人たちと説明する。

周辺にいる人たちを意識することが大切である。

それはなぜ、自己実現に大きな役割を持つからである。

プロサッカー選手の勝利インタビュー
「サポーターの後押しとゴールを決めるパスをしてくれた仲間のおかげで気持よくシュートすることができました。また、コンディションつくりに協力してくれた家族に感謝します。ありがとう!」
サポーターはステークホルダーであって、その人たちを意識しての発言である。
プロ選手は自分のプレイを観戦してもらって、成り立つ職業である。
観客動員無くして、成り立たない職業である。当然観客を意識するのは当たり前である。
日々を支えてくれている家族に感謝するのも当然の行為である。


では、中高生のプレイヤーが活動するにはどうだろうか。
自分のためにやる、当然です。
しかし、活動するために多くの人が自分のために関わってくれている。
このことを意識するか、否かは一人の中高生の部活動に大きな影響を示すことになる。
kazoku_convert_20120222103930.jpg

【参考資料】
ステークホルダー(英: Stakeholder)とは、企業・行政・NPO等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者を指す。 また、日本語では利害関係者という。

範囲 [編集]企業の利害関係者の範囲は考え方によって異なり、一定の定義が確立していないとも言えるが一般的には以下が含まれる。(表の下にあるほど広義の物と言える。)

投資家(但し、株主は除くとする考え方もある。)
債権者
顧客(消費者)
取引先
従業員(社員)
地域社会
社会
政府・行政・国民
ウィキペディアフリー百科事典ウィキペディアより

category: オフィスKURACH

今日は定例”豆の会”開催日 

どんな悩みの種を持って、集まってくるのか?

それが楽しみだぁ~!
逋コ闃ス_convert_20111026103635

”悩みの種”を酒の肴に春まじかの夜長を楽しみます。

不具合が出てくれば、良い苗が巣立たない。

間引いて、良い芽を育てる。

不具合を反省の材料にして、大きく育てる塾が”豆の会”である。

若い指導者は悩めば、悩むほど、解決策と向き合えば、向き合っただけ、良い苗は育つ。

解決策を見出して、解決するという成果をだせないと”自信という苗”は育たない。

クラッチは解決策を提供することはない。

”解決の肥し”を蒔くだけである。

解決策は自分だ考えて、自分で探せ! が基本姿勢である。

提供されたことを提供されたようにして何が面白い。

答えは自分で出さないと…。

自分で出した答えはオリジナリティでクリエイティブで魅力的である。

コンピテンシー(資質)の魅力的な人間性は奥行である。

悩んで、悩んで、悩みぬいて、実践して、工夫して、改善して、人より数倍の努力して、答えを出そうとすれば、勝利は向こうからくる。


今夜が楽しみだ!

category: クラッチのつぶやき

フリーランス 

のびのびとしたプレイの発想は好き勝手を意味しない。

今日はこのことを少し考えてみませんか?

shinji.jpeg


フリーランス(freelance)とは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約(ただし、プロスポーツでの選手契約を更新しないことを指す「自由契約」が有名なため、フリーランスを指して自由契約と呼ぶことはほとんどない)。一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当する。ウィキペディア/フリー百科事典


何かにはばまれることなく、自由に活動する。

夢ですよね。それで生きていければ最高ですよね。


社会のルールの中でモラルを持ちながら、闊達に活動するフリーランサーの存在。

よくも悪くも自分の能力次第でフリーランサーになることは誰にでもできる。

しかし、誰もが成功するとはいかない。


生きていくうえで食っていかねばならない。収入はいる。

好き勝手やっていて、収入を得るなんてことは考えづらい。

自由に生きるが何がしの制約があるのが世の常である。


1つの組織の制約の受けた中では生活しづらいのでフリーランサーになる。

フリーランスになって主張して受け入れられるには実力がいる。

受け入れられる先が現れなくては、力は発揮できない。


スポーツの社会でフリー(自由)でプレイするなんて考えづらい。

チームスポーツなら好き勝手やろうにも対戦相手という制約がある。

自由にオフェンスしようとしても、自由にさせてくれない。

そこでできた言葉がフリーランスという言葉である。

自由な発想でチームメイトと協力してクリエイティブに、相手チームと戦う術をプレイ(楽しむ)する。


「俺のやりたいバスケじゃない」と主張するなら、どのようにしたいかを主張するべきある。

その時に主張した人は、その人が主張するプレイを受け入れたチームメイトはすでに自由ではなくなっていることを考えなければならない。

そのことが理解できない人が「やりたいバスケじゃない」と身勝手さを押し付ける。

例えば、バスケという競技スポーツはチームメイト協力して、相手チームと得点を競うスポーツである。

好き勝手が入る隙間なんてほとんどない。ルールとモラルの中で楽しむことを忘れちゃならない。

楽しむ方はフリーである。

楽しむプレイするのにはチームでフリーランスソフトを楽しめばいい。

自分たちで楽しむソフトを考えるのは自由である。


また、考えましょう、語りましょう。

category: オフィスKURACH

偶には・・・。 

語っているようで抑える部分はある。
shinji.jpeg

日毎更新しているブログ。

ある方から「毎日毎日、よく話す(ブログ更新)ことが続きますね」と言われた。

「実を言うとしゃべりたいことのほんの一部分なんですよ」と返事する。

「ウソでしょう?」と驚かれた。

語りつくせないことで、セミナーでは1つのテーマで終われなくなること多々…。

進行途中で大反省なんてことは日常茶飯。

右脳と左脳で凌ぎ合い、続けろ、止めろと葛藤する。

「主体がぼけるやろ?」の自問自答が綱引きをする。


だから…結論を一番最初に持ってくる。

結論「○○です」がクラッチ用語であり、クラッチセミナーの特徴である。


次に大切にしているのが場の雰囲気を大切にすることである。

前振りは、本題に入る前に雰囲気を感じ取ることである。

自分自身がその気になる、その場に溶け込むことをすごく大切にする。

紅茶に入れる砂糖のようなものである。

白い砂糖が紅茶に入れて、スプーンでかき混ぜれば、形はなくなる。

呑んでみて、甘さを感じる。それで再び砂糖の存在を認識する。

それが指導者の極意ではと常々考える。


ある企業家との対談で
「怒れる人(上司)が減った」と語られた。

厳しく(若者に)あたる人が少なすぎる。

その時は嫌われても、後で(若者に)きっと役に立つ時がくる。

砂糖が紅茶に溶けて、甘さを知るがごとく、砂糖の目に見える語りがなくなっても”甘さ”という味が残る。

厳しさがその人のためになることを覆い隠しても、厳しの陰に温かさがあれば、きっと後で愛情を感じる時はきっと来る。これ、実体験である。


あ~あ、また、やっちまった。

オブラートに包んでしまった終わり方です。

クラッチの語りはまだまだ続きます。

お後がよろしようで…。

category: クラッチのつぶやき

春まぢか? 

仕事の合い間にちょっと・・・。


オフィスKURACH 3年目の春を迎えます。

オフィス(6階)から見える公園で保育所の子供たちが先生とお遊びをしている。
寒さは残るものの”春”を少し感じる。2月17日撮影

セミナーや出版物の原稿整理など一日中PC画面と葛藤する。

目の疲れを感じた時、オフィスからの風景を眺める。

輝きプラザ「きらら」から眺める風景は「最高です」とオフィスに来られる全ての人が語られる窓からの眺めである。

春を感じるこの眺めも3回目になります。


”未来に託す”とは今のクラッチの心境である。

『すべてのスポーツマンに微笑みを』

このコンセプトで第2の人生を踏み出した。

何をどうすれば…。

見えぬもののとの戦いをいつも癒してくれたこの風景である。

あれから3年、見えてきたものがある。

”次の世代に託す”である。

最近の仕事は20代の人と関わることが多い。

悪戦苦闘の日々ではあるが実に充実した日々である。



2月20日18時リリース! 
DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: クラッチのつぶやき

結果を急ぐことなかれ! 

shinji.jpeg

思い通りにならないことでイライラしてはならない。

ため息をつきたくなるがため息を呑み込みましょう。

思い通りに行かない中身をしっかり、じっくりと分析してみては…。

思い通りにならないから、練習するし、方法を考えるのである。

指導者としての自分の一時の満足を求めていて、即、答えの出ない問題に白黒をつけいらついているのでは。


全てを選手に求めてはならない。

指導者としてチームが選手が機能しないのには何らの反省できる点があるでしょう。

ひとつがうまくいかないからといって、

次々と新しいことに手を出したくなるかもしれません。

中途半端になっていませんか。

ひとつかふたつのことに絞って、力の注ぐ点を分析して、原点に立ち戻り、コーチすればいいのでは…。


2月20日18時リリース! 
DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: オフィスKURACH

”語りえぬものを語る”の巻 

”敵将軍と語る”の巻

試合の流れを大きく左右する”御前会議(タイムアウト)”
・エ・ッ・托シ点convert_20120213114431

”今だから、語れる”激戦の反省と裏話。

セミナー『タイムアウトを科学する』二部”パネルディスカッション”
・エ・ッ・呻シ胆convert_20120213114929_DSC0094_convert_20120213113823.jpg

何度対戦したかわからないチームの指導者から本音を聞く。

大阪府立淀川工科高校バスケットボール部監督をパネラーにお迎えして、語りえぬことを語っていただいた。

タイムアウトの請求のタイミングと必要性
・得点差と時間
・タイム時の要求と準備力
・不利を感じたとき
・申し合わせ事項を選手に問いただす
・精神的舞い上がりの鎮静化
・勝ちを意識させる。
・火事場の馬鹿力
・1秒に敵味方合わせて3回のタイムアウト
・火に油を注ぐ
などなど…。

本日18時リリース決定! 
DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: オフィスKURACH

ビジョン構築は指導者の仕事 

兵庫予定

過去のセミナーの予定表である。

選手が何をしたいのかが見えなく右往左往している。

試合中に「何をしたいのか」が見え隠れする。

見えているならば正しさを確認してあげればいい。
すると選手はチャレンジする気持ちが芽生える。

やろうとしていることが隠れているなば、ヒントを与えればいい。引き出せばいい。


やろうとすることも、やりたいことも、指示したことも何も見えてこない。
これが一番困る。

しかし、ここが成功するか否かの分れ目であり、指導者の腕の見せ所である。

選手ができぬは、指導者の指導不足。

選手と指導者と共有できるチームベクトルを持つことである。

それには信頼構築が全てである。


出来ないことを指摘することは必要である。

やろうとして、チャレンジの結果を指摘するもの簡単で必要なことである。

これらはすべて、過去の出来事に対する評価である。

選手に要求すべきことは、これから起きるうることを自らデザインさせるシステムの構築である。

起こるだろうとする結果に対して勇気を出して、今、何をすべきかにチャレンジする心と技術を提供することが指導者の役割であり、仕事であり、使命である。

起こりうるケースを体験させて、常に解決させる術を教える。それが練習である。

想定できるすべてのことを教えることで、選手に安心感が芽生える。

目の前で起きる変化に対して「どうすれば」解決できるのかを教えるのが練習である。


DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: オフィスKURACH

比べることなかれ。 

 ■近畿高校バスケットボール新人戦(奈良)組み合わせ 


shinji.jpeg

人の動向が気になる。

何かと他人のことが気になる?

自分より優れた部分を持った人を見て劣等感を抱いたり、人の持ち物が気になったり……といったは少なからず誰しもが持つ傾向にある。

エスカレートすると、嫉妬やねたみの言葉になりかねない。

これはストップ!させたい。

だから、影響されない自分を構築させたいですよね。


自分には、自分の良さがちゃんとある。

必要以上に人と比べるのはやめる。

羨ましいと思う感情を学ぶ姿勢に変える。

生き方などを考察してみる。

すると見えてくるものがある。

それを自分のものにする。


DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
 ■詳細はこちらから 

category: クラッチのつぶやき

昨日とは違う画像でキャンペーンDVD公開 

多くの方に励まし、激励のメッセージをいただき、DVD発売キャンペーンがスタートしました。

感謝申し上げます。今後もオフィスKURACHを宜しくお願いたします。

CIMG3371_convert_20120202112739.jpg

声を出す大切さ、声は技術なり。

コミュニケーションツールとしての声。

ひとつ上のレベルを目指すには、取り組み姿勢を変えれば、チームは変わる。

けっして、選手の能力や魔法のようなフォーメーションが存在するのではない。

プレイを機能させるための取り組み姿勢にあり。


DVD【アーリーオフェンスマニュアル】
-考えて走るチームをデザインするチーム創り-
発売元 株式会社RealStyle

バスケットボール指導者の皆さま、指導者のためのDVDをつくりました。

クラッチバスケットの真髄をお伝えします。
チーム創りにご活用ください。

・、・カ・、hiyousi_convert_20120214132225
クリックしてみてください。昨日と違う画像と出会えます。
 ■詳細はこちらから 

category: オフィスKURACH

盛り上げる、そして、育てる。 

2月10・11日パナソニックアリーナ、JBL観戦記

この体育館(アリーナ)とは実に50年近くのお付き合いがある。

現トライアンズ関係者の誰も知らない時からクラッチはお世話になっている。

クラッチ高校生時代に松下工学院バスケットボール部との練習試合や練習によく使わせていただいたコートである。

このアリーナに入ると思い出がフラッシュバックしてくる。

コートから体育館観客席のてっぺんまでダッシュを繰り返した思い出の聖地(?)である。

その時の息使いが聞こえてくる気がする。妙な感覚をいつも味わっている。


…激戦が繰り広げられるこのコートに、子供たちが躍動するハーフタイムショー。
P1000710_convert_20120213102723.jpg

熱戦冷めやまぬこのコートに子供たちが飛び出してる。

この子たちも本番前の緊張感はある。
それが大切である。
P1000707_convert_20120213103314.jpg

緊張を振り払って、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ…。
P1000708_convert_20120213102552.jpg

子供も大人も一緒に会場を盛り上げる。(JBCフィットネススタジオの皆さん)
P1000705_convert_20120213102438.jpg

そして、再び戦いの場と変身する。

この緩急がファンの心を刺激する。


子供たちの心の成長に役立てる。

緊張する場を与える。そして、チャレンジ…。

終わった時の成就感が心を育てる。

終了後、「またやりたいわ!」の声がする。


この会場には松下幸之助師の写真と「地域貢献」の文字が飾られていた。

まさしく、その瞬間である。

category: クラッチのつぶやき

部活アスリートの意識改革 

イノベーションボードとは成功のイメージ画像を自身の手で探し出し、努力の過程(プロセス)を時間の流れに乗せて、白紙のボードに未来の自分へメッセージを添え、画像を貼り、成果を得るまでの折れない心をデザインさせ、成功へと導くための励ましボードである。

コートだけが練習会場じゃない。

日常を鍛えて、チーム、選手のレベルアップに取り組んでみませんか。

コートを離れて、じっくりと時間をかけて、自分たちの部活やチームの進むべき方向を考えてみませんか。

プライベートでも、サークルでも、チームでも結構ですのでご相談ください。

取り組む姿勢に変化が起きてきます。

一度ご覧ください。⇒ ■イノベーションボード

オフィスKURACH ご都合に合わせて時間・場所・費用など、ご相談に応じます。
  ご連絡ください。お待ちしております。


枚方市車塚1-1-1輝きプラザきらら6階7号室
電話ファクス 072-860-7376
メール scskok@kurach.jp

→輝きプラザきららアクセス

category: オフィスKURACH

戦略・戦術・戦法を踏まえて 

戦略・戦術・戦法を踏まえて

『タイムアウトを科学する』セミナー

2月4日大阪産業創造館

_DSC0032_convert_20120209122016.jpg

戦略・戦術・戦法を明確に線分けすることは困難である。

しかし、ボールゲームにとどまらず、スポーツ界では頻繁に使われる言葉である。


指導者やコーチの腕の見せ所であるゲーム掌握術として、スカウティングしたものの手腕の発揮場所として試合におけるゲーム計画がある。

想定内外のことを予測し、ゲームをデザインする。

自分たちの最も得意とすることを貫くのか、

はたまた、相手の出方を見てゲームメイクするのか、

1つのゲームのみの戦術・戦法をたてるのか

それはチームをあずかる指導者の監督として大切な一面である。

試合の流れを考察し、ゲームを有利に運ぶための手段として、バスケットボールには5回の”タイムアウト請求権”がある。

この請求権をいかに使うべきかをテーマに提案させていただいた。

タイムアウトを科学する「9つの心得」をクラッチは提案した。

この提案を効果的にするために日常の練習がある。

ビジョンを持って、方針を立てて、パターンやフォーメーションやフィジカルなどの練習に取り組む。

そして、試合に臨む。

試合当日、水面下で準備してきたことをいかに選手が発揮してくれるかで勝敗の分かれ道になる。

ベストパフォーマンスをさせる手腕が指導者である監督には要求される能力である。

見せ所、ベンチワークの一つに『タイムアウト』がある。

タイムアウトを科学する=ベンチワークである。

このテーマでこの夜は熱く語りました。

category: オフィスKURACH

フラストレーション 


IMG_NEW_convert_20100222103230.jpg

フラストレーション (frustration) とは、欲求が何らかの障害によって阻止され、満足されない状態にあること。また、その結果生じる不快な緊張や不安、不満。「欲求不満」、「欲求阻止」、「要求不満」、「要求阻止」などと訳される。 ウィキペディア フリー百科事典より


クラッチの捉え方は新しいものを創り出す為の”陣痛”と考えている。

エネルギッシュに動く意欲はあるはあるものの、ままならぬ日が続く。

周囲の称賛を得られるだろうと期待しても、思うような成果が手に入りそうにない。

それが当たり前である。

残念ながら、壁にぶつかるばかりで理解されず、次の一歩が踏み出せない。

そんな時は、アイデアをさらに磨いて力をためる時期と諦めではないが理解される日を積極的に待つ。

何もしないでただ待つことはストレスとなって、アイデアは破綻する。

周囲の称賛を得られるだろうと期待して、温めていた策を提案しても、現実的でないとか先鋭的すぎると簡単に受け入れらねないことを前提に活動していれば、普通のことである。

自分が勝手にとっておきのものと思うアイデアほど、力をため、あらゆることに関して熟慮し、不足している部分

を補強し、過ごす日々を心がけている。

上手くいかないことがエキスとなり、活力となる。

欲求不満は次へのステップの陣痛である。

category: オフィスKURACH

(耳)+(十)+(四)+(一)+(心)=? 

(耳)+(十)+(四)+(一)+(心)=
閨エ縺柔convert_20120208115137

日常的には

聽と聴は同じ意味で使う”きく”という漢字である。

14の広い心を持って聞きなさい⇒聴く

目的を持って、あることを耳に入れる⇒

(耳)+(十)+(四)+(一)+(心)

同じ”きく”という文字を使うときも使い分けている。

聴く姿勢にもう一つ、プラス(一)して、何かを加えてみませんか。

または、学ぶ姿勢(心)の中にある一つのことに集中してみませんか。


「心のトレーニング」セミナーでは『成功への14のフローチャート』を提案させていただいている。

目標を持つ心を育て、自分が飛躍して進むべき先の着地点に微笑む自分が居る。

そのイメージで自分の未来を創る。

着地点までに到着するまでの自分の努力の過程を構築させて、

折れない心をつくる。そんなセミナーメニューを提供させていただいている。


最近、あらゆることに対して、出来ないと思うことを言うことが多くなっていませんか? 

今日は少し人の話を聴いて、受け入れる心をもってみませんか。

全てはチームの為に、選手のために、自分を変えるために

今日は少し学ぶ姿勢を強く持ってみませんか。

あなたが変われば、チームは変わる、選手は変わる。

その先(着地点)には微笑むあなたとチームの皆が立っている。

category: オフィスKURACH

天から与えられた才能 

自分が気づかない能力。

CIMG3371_convert_20120202112739.jpg


秘められた能力を発見するきっかけは、自分以外の人が教えてくれることがある。

自分にはできない難しいと思っていたことが、思いのほか簡単にこなせることに気づき、驚く。

自分には自信がないと自分に言い聞かせていたいたことが

他の人のためになら役立てることさえできるかもしれません。



他の人に気づかせてもらった天から与えられた才能を無視せず、

周囲の人とわかちあうことが豊かさにつながることがある。

自分でプレイしたい時にはレギラーになれず、挫折の連続。

でも、チーム貢献はいつもいつも考えて行動していた。

それが隠れた才能である。

その才能を未来で活かせる日が来る時が来る。

教えるという行動で能力が開花する。

そう、指導者としての能力が花開く時が来る。

チームの選手の為に生きる。


悩んで上手くプレイできない選手が指導者のアドバイスでうまくプレイするきっかけを掴む。

その時に選手が指導するあなたに心から「ありがとうございます」と頭を下げた。

まずは選手側に立って自己表現(指導法)を心がけてみましょうよ。

スポーツに携わるあなたの新たなの能力が開花するかもしれない。



category: クラッチのつぶやき

未来への微笑みを 

大阪市内某所プライベートシアターでイノベーションボードで語る会を開催。

彼は語り始めた。

CIMG3400_convert_20120207180256.jpg

心のモヤモヤ感を整理して、未来に目を向けて

自分がどこに向かいたいのかを考え

自問自答をして、未来への時間軸の中で

目標を立てて、

今、「何をすべきか」

次に何をすべきかをタイムラインに画像と残す。

行きつき先(未来)には微笑む自分が待っている。

CIMG3410_convert_20120207180330.jpg

イメージした自分を託する目標を画像と言葉を道標として残しておく。

CIMG3399_convert_20120207180208.jpg

すると成功に向かう道(ライン)がインプットされる。

いつまでに何をすべきかが見えてくる。

ささやかな成功を積み上げていけば、効力感が心に貼りついてくる。

自らの成功にガッツポーズし、成功を祝う。

category: オフィスKURACH

KYK 

K(空気を)Y(読んで)K(語る)
IMG_NEW_convert_20100222103230.jpg

セミナー・講習・講演・授業の準備は

何を話すかの1つのテーマを決めて、入る。

平均的には1時間30分~2時間である。

コンセプトは”心に響く”である。

そして、KYKを心がけている。

場の雰囲気を感じる感性を持つ、勝負は開演前にある。


最低1時間前には入る。時には2時間目も当たり前である。

感じて、開演する。

馴染ませる。

この習慣は指導者、教師時代から終始一貫している。


例えば授業には3通りのパターンを用意して、教室の扉を開く。

そして、空気を読む。

どのパターンが自分に生徒たちが集中してくれるかをはかる。

導入が全てであると考えていた。今も同じである。

でも、着地点は同じである。

教えたいことは一つだけでいい。ワンテーマ主義である。

着地点までの道のりが違うだけである。

3つのパターンとは”静””動””鋭”である。

静には”無気力なやる気なさ”、

動には”騒がしいやる気なさ”

鋭には”真面目に学ぶ姿勢”

全て同じ着地点に向かわせる。

着地点とは教えたいことであり、生徒には学んだ結果である。

どの様な状態でも、同じ結果が教室に残せる。

それがクラッチに教える姿勢である。

ある場所に、自分が行きたい場所に

歩いて行こうが、自転車で行こうが、バスで行こうが、車で行こうが、電車で行こうが

着く場所はすべて同じである。

時には電車という手段を、地下鉄か、JRか、私鉄か、を利用しても着く場所が同じなら、なんだってかまわない。

それがクラッチの教え方である。

語りかけが異なるだけである。

category: クラッチのつぶやき

最初の一歩は”真似る”から 

スタートは真似るである。

成功事例を真似ることが成功への早道である。

それが一番簡単である。

その後、発展し、自分のものにしていく時に分岐点は来る。

成功するか、しないか…。

先人を真似て、復活させることがカギとなる。

温故知新をじかに感じることと今、出会っている。

後世に残す資料はいつか活かされる。

捨ててはならない。

これ実感である。


しかし、何を真似るかである。

それが問題だ。

アレンジすれば、オリジナルになる。

研究されたものが進化し、次に伝えられる。

ある時点で流れを切ってはならない。

成功者は閉鎖的にならず、伝える。

そうすれば、それが文化となる。

オフィスKURACHの使命はスポーツ文化の伝承である。

category: オフィスKURACH

頑張りの原点 

上には上がある。

頑張りの原点であり、学びの原点である。

どれだけの人と出会いがあったのかは定かではない。

かすかな記憶として残っているが全てが鮮明に記憶から引き出せるだけの能力は私にはない。



一回一回の出会いを大切にしてきたことは間違いのない事実として積み重ねてきた。

それが個性となって今の自分がいる。生きている。

育てていただいたと表現するのが正しいのかもしれない。

激論をかわし、悪態をついて、失礼な振る舞いをして後悔したことも多々ある。

これも一期一会…。

私の生き方から醸し出す人生感を誤解されている面も多々ある。

それも仕方がない。

しかし、私の根底に流れている”学びの姿勢”を崩したことはない。

category: クラッチのつぶやき

鵜匠 

チーム創りと鵜匠

魴懷権_convert_20120131115742

鵜飼

篝火にたらされた川面に鵜が泳ぐ。

鵜匠と2人の船頭さんがあうんの呼吸で船を操り、

アユ漁にいそしむ。

訓練された鵜が鵜匠の手縄に操られ、アユを取る。

手縄を巧みに操り、もつれることなくひたすらアユを追いかかる。

私はこの図、この写真を見て、チーム連想した。

選手を鵜に例えるのは好ましくない表現かもしれない。

しかし、トレーニングされた鵜が鵜匠に操られて必死に泳ぎ潜る姿は

試合で必死でボールを追いかけ、奪い合い、ゴールに向かう姿にだぶらせてしまう。


鵜が意のままに動くまでにどれほどのエネルギーをついやしたかは想像にお任せする。

自然界に生息する鵜を捕獲し、馴らして、訓練し、野生の本能を失わずに、育てる。

人間の知恵と自然界との融合である。

『指導者は鵜匠たれ』とはどこかで聴いた言葉である。

この岐阜市役所のパンフレットのある説明図に指導者としてのが動いた。

category: オフィスKURACH

宮澤賢治 

雨ニモマケズ
宮澤賢治

螳ョ豐「蛛・莠契convert_20120131123644


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

行き詰まりを感じた時に宮澤賢治『雨にも負けず』読む。

特に”ホメラレモセズ”を強く読む。

どんなことがあっても希望を捨てない。

上手くいかないのには何かの原因がある。

原因を突き止めて、好転するまで頑張り続ける”こころ”を培う。

今日も頑張るクラッチであります。



category: オフィスKURACH

エアーバスケ! 

”エアーバスケ”でイメージトレーニング。



クリエイティブで、斬新で、ユニークで、エンジョイできて、効果がある。

hanai2_convert_20120131110643.pnghanai3_convert_20120131110710.png

クラッチの名演技で盛り上がる会場。

声をだし、心を伝えて、バスケを楽しむ。

コミュニケーションツールとしての”声””ゼスッチャー”力を鍛えて試合で活用する。

バスケする楽しさを素直な心で表現させる。

恥ずかしさを一掃し、プレイヤーの心を開けさせる。

それはなぜ…。

”声は技術なり”である。

パス・シュート・ドリブルの基本練習があるように、”声を出す”ことを基本として取り組めば、

チームは変わる。

category: オフィスKURACH

光陰矢のごとし 

気が付けば、もう2月。P1000681_convert_20120130113932.jpg


あっという間にきっと春が来る。
shinji.jpeg

寒波襲来の日本列島。

しかし、季節は確実に進んでいる。

オフィスKURACHの胡蝶蘭が今年も見事に咲きました。

苦節13年、学校の窓辺に置かれ、暑さ寒さに耐えて、オフィスKURACHで2年…。

皆さんが育てるに難しいという蘭の花。

でも、カトレア、オンシジューム、そして、この胡蝶蘭は確実に花をつけてくれる。

1年を通じて、どれかの鉢に蘭の花が咲いている。

この花とも18年近く苦楽を共にしている。

花を咲かせていない時は”枯れている”と誤解される株である。


チーム、選手育成の姿勢を見るような思いで育てている気がする。

「あきらめるな!」と言い続けた日々を反映している。


オンシジュームとカトレアは何年かぶりに株分けをした。

1鉢の親株から5~6鉢に増え、10~12の大所帯になってきた。

16年前を悪戦苦闘した日々を思い出させる。

夢を見続け、努力すれば、必ず夢は叶う。

今、再び、自分に言い聞かせる日々である。

大切に育てようと思う。


category: クラッチのつぶやき

高校生セミナー「心のトレーニング-日常を鍛える」 

平成24年1月27日
大阪市立汎愛高校体育科特別授業
「心のトレーニング-日常を鍛える」
高校生セミナーの講師をさせていただいた。

繧サ繝溘リ繝シ2_convert_20120130100627繧サ繝溘リ繝シ・狙convert_20120130100528

頑張っている高校生にエールを送る。

日常をもっと楽しく鍛えれば、ナンバー1を目指す、オンリー1な学校、チーム、選手になれる可能性にチャレンジしよう。

それが日々の高校生活を楽しみ大きな成果を得られる。

でも、なかなか自分を変えることはできない日々が続く。

きっかけを掴めば、簡単なことだけども、心にブレーキがかかる。

繧サ繝溘リ繝シ・点convert_20120130100654

何をどのように変えればいいのか、悩む。

日々の生活を見直し、前向きなルーティンを構築すればいい。

簡単なことである。

過去を捨て(悪い習慣)、未来を見る。

未来に微笑む自分をイメージして、今、何をすればいいのかを自身で考えればいい。

やるか、やらないかが成功の分岐点である。

ささやかな成功感が伴うものを実践すればいい。

出来ればガッツポーズである。

繧サ繝溘リ繝シ・農convert_20120130100719

出来たことを自分で誉めればいい。

ただそれだけのことである。

ha25_convert_20120130102437.jpg

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード