クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

ねじを巻き戻せ。 

結果から教え始めればいい。

そして、最後にスタートラインを確認すればいい。

すると何をすればいいのかの道中をフィードバックさせる能力が身に付く。

効力感が成功へのプロセスを自らの手で構築させることができる。

・難シ搾シ托シ論convert_20111026104554


話は変わりますが効力感っていう言葉を思い切り否定されたことを思い出す。

「効力感」を体感できる学校つくりを目指しましょうって提案したのに

その言葉はまだまだ認知されいないっと否定された。

だから、まだ使われていないので、インパクトがある。

それ何って興味が向くといったけど無理でした。


話を戻して、効力感って、自分の歩んで来た道で成功感を掴めば、

自ら再び何かにチャレンジしようとした時に

何から始めれば、何をすべきか、何をしたら良いのかなどを自らプログラミングしょうと行動するようになる。

それが「効力感」である。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

普通の基準 

shinji.jpeg
上手くいかないのが普通の基準にしておく。

すると、出来たらものすごく上手くなったように思う。

それを普通の基準とする。


上手くいかないことが努力をしてできるようになることを普通の基準にできれば、

人は育つし、社会はは必ずよくなる。

選手は育つし、チームスポーツならチームが強くなる。


ちょっとで出来たことはあてにならない。

それを普通の基準にしてはいけない。

着地点までにいくつもの小さなハードルを設定して、大きな目標地点にたどり着くパターンを

指導者は想定する。それが指導者の資質であり、要求される能力である。

その能力を身につけるべく、

切磋琢磨する姿勢が指導者の使命であり、

選手やチームに対する役割であり、

それが指導者の仕事である。

category: オフィスKURACH

ルーティンを変えてみた。 

shinji.jpeg
生活のパターンを変えてみる。

すると見えてくるものが少し変わってくる。

変わらぬルーティンの持ち主で成功者大リーガー・イチロー選手はプレイヤーとして準備力(ルーティン)は変わらない。

自分のペースに相手を巻き込み自分のリズムを醸し出す。

狂いはない。

疑問も抱かない。

それを何年も続けている。

日本式に言えば、”継続は力なり”である。


でも、時には…。

一定のルーティンを維持できていても、成果が伴わなければ、変えてみることも面白い。

変えてみて、何かが見えてくるならば、それを新たなルーティンとすればいい。

試行錯誤の中で得たことを定着させる。

模索していることが確信になるには何か良いことが伴ってこない限り、自覚は生まれない。

自覚を創って、効力を生み出す。

”こうすれば、こうなる。”

クラッチはルーティンの大切さを自覚して生きている一人である。

日々のルーティンを大切にするが

いっこうに成果が出ない時、順番を変えてみる。

元に戻すことはいつでもできる。


変えてみて上手くいくなら、それを定番のルーティンにする。

柔軟姿勢でスランプとおさらばしよう!






category: クラッチのつぶやき

不定期開催の『豆の会』発足 

参加人数分のたこ焼きなど、おつまみとビール持参で心底を思いを語たる小さな”豆の会”発足。
*クラッチの教え子で1回の参加者5名限定。5名は主幹Y・Tが選ぶ。
 お題はその都度、最も悩める者が提案する。
逋コ闃ス_convert_20111026103635
 

私が勤務していた学校の環境下では指導者はまず、生まれまいとクラッチは思っていた。

ところがどっこい、ここ数年、少数ながら教員が誕生している。

教育実習すらままならない環境下でイズムは細々と繋がった。

振り返る場、帰る場がない教え子たちが裸一貫、巣立ち始めている。


指導者たるものを教えられないまま、右往左往している教え子が門徒をたたいてくれた。

自分がいた環境で得た成果以上のものを求める教え子が集った。

口々に言う「絶対クラッチ以上になってやる」

日々之決戦でクラッチの戦いを体験した者たちの意気込みである。

嬉しい限りじゃあ~りませんか。

こんな日を待ってたよ~!(笑&涙&感動)

なぜか頭の中に♪『栄光の架け橋』(ゆず)が流れている。

彼らの生き方に共通してある「どうすれば○○○…。」


ある日ある時、クラッチにある「伝えたいことは山ほどある」と一致した。


涙を流し悩む苦しむことをぶちまけてくれた。

クラッチの引き出しを次々と開きだした。

語れば、語るほど時間がアッと言う間に過ぎていく。

どうすれば、良いのかのスタートラインが見えてきた。

一歩踏み出せば”道”ができる。

”未知への道”が引かれはじめる。

そのスタートダッシュの1ページを書き綴ったものをクラッチに報告してくれた。

部通信『道』を創刊したという。

それがこれだ。



蒔いた種(豆)は荒れた土地でも

耕し土壌を変えて

水分と程度な栄養分があれば、

必ず育つ。

耕した土壌で水分と程度な栄養分があれば、

花を咲かせ、実をつける。

実は再び、豆(種)となる。

花は悪環境で育った方が綺麗に咲く。

むしろ悪環境にさらしたら強く次世代のために良い花を咲かせ、

強いDNAを創る。

CIMG1944_convert_20111025105638.jpg
このカトレア、開花まで3年かかりました。

温室で育成時には花をつけず諦めかけていた。

環境を変えて温室から出して育てると見事に開花した。

その一株が今では5鉢に子孫を残し、今年も花芽をつけている(咲き次第ブログにアップします)

この成長過程が君たち(豆の会)の現役のクラッチの支えでした。

必ず花は咲く。

これですぞ、豆の会の皆の衆。

category: クラッチのつぶやき

語籠(かたろう)会のご案内です。 

ssskanban_convert_20110720101907.jpg


11月26日・12月26日【SSS(スパー・スポーツ・サミット】
バスケを熱く語籠(かたろう)会―シリーズ第2弾メニュー創り&レベルアップ。
参加費3,500円
場 所バスケットボールBAR”ペネトレイト”

・撰シ搾シ撰シ狙convert_20111006102615


ゲストに元全日本選手山崎昭史氏(元松下電器スパーカンガルーズ)をお招きしてクラッチとコラボ。

熱く語るぞ、これからの日本バスケ、センタープレイヤー育成メニューなど等…。
多くの指導者やバスケ関係者の皆さんのご参加をお待ちしております。

⇒バスケを熱く語籠(かたろう)会のご案内詳細

category: オフィスKURACH

チーム創り、スタートの秋。 

ギャップは埋まりましたか。

目標到達点見えていますか。

今、何していますか。

次の一歩、一手は…などなどの具体策を書き出して、前に進みましょう。

大会が終わり、来シーズンに明確な具体的な計画をじっくり、たてましょう。

fuseki1_convert_20111014111741.jpg


まずは目標設定のための自己と対比現状分析を並べれば、具体策は見えてくる。
 ⇒目標設定PDF版 

category: オフィスKURACH

感動の矛先を考えろ! 

スポーツ新聞のトップ記事を信じるなら

プロ野球界の監督問題に怒りを感じる。

クラッチ瞬間湯沸し状態の怒りを感じる月曜の朝を迎えた。


スポーツ界のファンは大いに盛り上げっているのに

リーグ戦終了もしていないのに監督退任とかが発表されるのか?

ファン無視では。

全て終わってからすべきことでそれならシーズン中でも電撃退陣させたほうがよっぽど話題性がある


プロである以上、ファンの眼差しがあって当然、

ファンの目が負担ならプロという職業を選択しな方がいい。

結果が全て?

勝っても負けても真剣勝負を楽しんでいるファンもいる。

それに入場料を出しても観戦したい内容を提供してほしい。

シーズン途中で解任の話なんて聞きたくもない。


順位が決まったからって

来シーズンのための敗戦処理的な布陣を観戦したいとは思わない。

真剣勝負にファンは燃える。

育てたいからファーム(2軍)があるんだから、そこでやればいい。


久しぶりに(神宮)球場で見たスピード感への驚嘆の思いが薄まってしまった。

このスピード感ならファンは釘づけにさせる要素はたくさんある。

でも、興ざめしてしまった月曜の朝であります。

category: クラッチのつぶやき

お蔵入りと涙と具体化 

ディスカッションは続いた。

訪問者の思いの具体化に話は及んだ。


最初はマインドマップでもやもや感を整理していった。

でも、「どうすれば」が彼の内(心)から出てこない。

そこで、お蔵入り資料第2弾が登場した。

fuseki3_convert_20111014114611.jpg

fuseki5_convert_20111014114213.jpg

 ⇒ギャップを埋める。PDF版 

テーマを決める。⇒着地点

自分が追及するバスケットボールチーム像をコラージュする。

それが大阪№1をイメージするなら、

仮に3年後に頂点に立つチーム像をコラージュさせる。

現状の大阪№1チームとの比較をする。

ギャップがあるなら、その差を埋めれば良い。

そのギャップを指導者の思いとともにコーチすればいい。

思いの具体化したものを伝えればいい。

3年後で大阪決勝リーグ最終日に微笑むチーム像をイメージして

今何すべきを具体化すればいい。


思いは必ず伝わる。

伝え方を間違えなければ、かなりの確率で夢は叶う。


計画した時間軸の中で、涙した思いを忘れなければ、成果は出る。

目標を明確にして、今、明日、未来に対して取り組めば、夢は叶う。

いや、夢ではない。努力したプロセスを現実に起きることをイメージすれば、実現させることはできる。


成功者になるには、実行するか否か、ただそれだけのことである。

category: オフィスKURACH

お蔵入りと涙 

「人が残した遺産はその人がこの世を去ってからも、価値を生み続ける」
アイデンチティ・コード ラリー・アッカーマン著 サンマーク出版より



ある晩、人が尋ねてきた。

話の成り行きから、部通信やクラス通信の話になった。

fuseki1_convert_20111014111741.jpg


この人が訪ねてこなかったら、この資料は世に出ることはなった。

お蔵入りである。

布石乃心籠という過去の部通信の表紙と部員に伝えたいことである。


思いを部員に”何を”、”どのよう”に伝えたいのか。

伝えたい思いを部員がどのように受け止めてくるか、それが問題である。

心に響く言葉はタイミングである。

思いの具体化が指導者の力量である。

「思いを伝える」でこの夜、ディスカッションしていた。

クラッチの過去を引き合いに出した。

それが部通信である。

思いを形にする。

fuseki2_convert_20111014112501.jpg


クラッチの書庫から一つの資料取り出しテーマにした。

それを読んでもらった。

するとこの人は人目もはばからず涙を流された。

チームは違えども、過去にバスケットボールへの努力が今日にある。

この人たちが存在したから、今の俺が居る。

そのことを思うと涙が出てきたと彼は言う。

頑張らなくてはとの思いが込み上げたという。


そこで「どうすれば」が頭を持ち上げてきた。

思いの具体化である。

―明日に続くー

category: オフィスKURACH

気づき 

「ほとんどの人は、これまでの人生で体験した多くの経験に隠されている共通のパターンに気づいていません」
THE IDENTITY CODE ラーリー・アッカーマン著 サンマーク出版より

これをやれって言われて、やる。

出来たことを評価される。


誰にもやれとは、言われていないのに、やる。

出来たことに対してを評価される。


機能させて、成功感を味わい、成果を出せている自身のパターンは後者である。

そして、高い評価をいただいたのも後者である。


やらされ感の評価ではなく、充実感をもった進んでやったことへの評価を頂けたパターンを認識できることができた。

”進んでやれる”何かを持っていることは自分の人生に充実感を持てる。

探しましょう!自分らしさを…。

category: オフィスKURACH

Idenity(アイデンティティ) 

ある日、凄い自信家と出会った。

「私はなんでも知っている」を醸し出す人とであった。

圧倒された。

話を聴かせていただければ、いただくほど、自分が小さくなっていくのを感じた。

「すげぇ!」と心が震えている。


しばらくして、ビビってばかりじゃ駄目だと矛先を変えて、その人を観察してみた。

この人の知識の豊富さに興味の矛先を向けてみた。


するとこの人の知識と実績は一致しないことを感じるようになってきた。

この人の場合、知識=語句の羅列ではないのかと気づき始めた。

実践(具体)例が出てこない。

特に成功例へ導くものがない。

自分らしさをこの人からあまり感じられなった。


質問してみた。
その言葉の意味をわかり易く、どんな時に使う言葉で、どのように使うのかを説明してほしいと訊いてみたら、

凡人に理解できる内容ではなく、ますます、難しい言葉の羅列が続くだけだった。

厭きてきた。興味が薄れた。

難しい言葉の鎧兜で自分を隠しているだけに見えてきた。


無知であると思って、聞き入っていた人が実際には実績を持って、世の中に貢献していた。

ある社会では専門用語を知ることは必要である。

でも、知っているだけで機能させる術を知らないのなら、絵に描いた餅である。

自分を必要以上に小さく感じる必要はない。

しかし、学ぶ姿勢は、勉強は、必要である。

category: クラッチのつぶやき

繁昌亭へ。 



1ヶ月前、落語家”小枝”の独演会へ(9月22日)

大阪天満宮”繁昌亭”に足を運ぶ…。

天神祭のお渡り船を少し手伝わせていただいた事を思い出しながら境内へ。


その前に古典落語をしのんで”時そば”と洒落こみ、蕎麦屋で一杯。


繁昌亭に入ると天井にやたら興味を示すクラッチであります。

話術を学ぶに来たのに小枝の巧みな話を楽しみに来たのにやたら天井に目が行く…。

CIMG3187_convert_20111011121336.jpg



不思議な空間だった。



CIMG3186_convert_20111011120713.jpg

でも、さすが小枝師匠、会場の空気を引き付けて、小枝ワールドへ。

話のテンポに引き込まれていく。

間が醸し出す観客との息づかいが最高でした。


category: クラッチのつぶやき

体育の日、国会議事堂と六本木と一周年。 


10月の3連休、ぶらりKURACH、東京へ。

なぜか、機動隊警備の厳しい、国会議事堂へ。

CIMG3197_convert_20111011101256.jpg

体育の日、東京の街中はトレーニングウエアがやたら目についた。(写真なし、”笑”)

一昔、ジャージ姿で街中を歩くと怪しまれた時代が懐かしい。


やたら坂の多いことに歩き疲れ、地下鉄に乗り、六本木へ。

CIMG3209_convert_20111011102615.jpg

娘夫婦と昼食、とは言っても一汗後のビールタイムへ。

レストランで娘たちの結婚”祝1周年”で乾杯。

このレストラン、六本木ヒルズ内なのに予想に反して、おしゃれな店員さんたちの体育会系のノリ。

サプライズケーキに店員全員で祝ってくれた。

特に漢字での祝辞”祝一周年”を注文、店員の皆さんに最高に受けた。

プラスお客さんたちからも大拍手をいただいて、娘夫婦感激。

ついつい飲みすぎたクラッチであります。

CIMG3202_convert_20111011101140.jpg

category: クラッチのつぶやき

陳腐化(ちんぷか)か、温故知新か。 

10月10日と言えば、体育の日。

体育の日と言えば、東京オリンピック。

そして、スポーツが文化としての一歩を踏み出した。


DSCN1506.jpg

秋と言えば、体育祭。日本教育界の伝統文化。

全国の学校関係で体育祭を開催していない学校はないと言っても過言じゃない。

世界に誇る”スポーツ文化”(私論)の代表格である体育祭。

生徒・児童・保護者・先生・地域も燃えるスポーツ文化である。

そして、伝統である。


もうひとつのスポーツ文化としての部活。

両極性を持ちだして、繁栄と衰退で部員不足や指導者不足が問題化している。

少し古い表現で学校体育から社会体育への移行が叫ばれて、かなりの時間が経つ。

陳腐化を進めようと試みられた。

*陳腐化(ちんぷか) ブランドの陳腐化とは消費者の変化や新技術の登場によってブランドが古くなることをいう。...



少子化による部員不足や指導者不足で閉部・廃部…。

子どもの数は減ったとしても、子どもたちのスポーツへの要求も奪い、

スポーツするチャンスを奪っていいものか?

「NO!」である。


教育界の良き文化”部活”を【陳腐化】させてはならない。

【温故知新】で改善して、更なる教育文化として、発展させる。


少し古い表現ではあるが社会体育への移行とは言っても、進まぬ現状はある。

改革をして、教育界へ外部指導者数を増やすか、教員の部活指導者の充実を図るか。

スポーツ施設、スポーツ愛好者の宝庫である学校を見直そう。

それが【提案】体育の日を考えるである。







category: オフィスKURACH

反省していますか? 

今日は個人的つぶやきブログにします。


反省していますか?

自問自答がめぐる。

懺悔の日々が夢に出てくる。

あの時、こうしておけばよかった…が頭を持ち上げる。

必死でかき消そうとする自分と葛藤する。


そんなときに「あんまり、自分を責めなさんなよ」のもう一人のクラッチが現れる。

とは言っても、他人のせいにしょうっては思っていない。

真っ先に思い浮かんでくるのが懺悔…。

勝たせてやれれば、少しは人生変わったかもである。

なぜか、バスケットボールの試合の場面が浮かんでくる。

俺って、やっぱりバスケ好きやねん…。


勝たせてやりたい一念で創ったバスケパターンがいくつもあった。

夜中に何度跳び起きたことやら、必死でメモを取る。

・茨シ搾シ撰シ廟convert_20111006101630


それを信じて、プレイする選手の姿が現れる。

ショットガン、アーリー1~4番&ジャパン、Vディフェンス、ストロングサイドBOXゾーンオフェンス、1-4オフェンス、ステップワーク、バスケビクス、天下の宝刀”グー(バックドア)、ゼロ㎝マンツー、黄金のデルタポジッション、モーションオフェンス、オリジナルでアクロバティックなトレーニング法などなど…。
機能しているのに何か物足りなさを埋める日々。

そこに向上心だけが残った。


全てが”内”に責任出るとは限らない。

思わぬ”外”からのストレスへの対応が要求される社会であることを認識しておく必要性はある。

それ以外のことに関しては”内”の責任と捉える姿勢で自分を磨いていく。

だから、反省があり、改善しようとする姿勢が生まれる。

全てを転嫁する姿勢とおさらばしよう

category: クラッチのつぶやき

語籠(かたろう)会のお知らせ 

・撰シ搾シ撰シ狙convert_20111006102615


11月26日(土)バスケを熱く語籠(かたろう)会シリーズⅡのお知らせ

 
 こちらから⇒第2回バスケを熱く語籠(かたろう)会の詳細 

category: オフィスKURACH

連動。 

繧・l縺ー縺ァ縺阪k_convert_20111003120331

学習できる環境がある限り
世界中のほとんど誰でも
能力を伸ばすことが可能だ
   ベンジャミン・ブルーム
アメリカの教育学者・心理学者1913~1999
ピアニスト・彫刻家・オリンピック水泳選手・世界的テニスプレイヤー・数学者・神経学者など、ずば抜けた実績をもつ120目について調査。その大多数が幼少時には凡庸な子で、本格的な訓練を受けるようになるまで、際立った才能は見られなかった。

この本からベンジャミン・ブルームを知り

元々持っている才能をほめるのでがなく、努力して身についた才能をほめる。そうすれば、才能が開花する。BY KURACH
…に結び付き。

更にVHS「落ちこぼれの天使たち」を知り、
「どんな環境でも「やればできる。諦めなければ…」、ある場所で悪戦苦闘した日々を思い出す。過去のことではあるが身震いする。

「先生よ、どうしても俺たちを信じるわけ?」の言葉に過去を振り返った。
關ス縺。縺薙⊂繧契convert_20111003120243

見えてくるものが感じられれば、生徒、子供たちは努力を惜しまない。

「こうすれば」、「こうなる」ことをコラージュさせて、何をすべきかを提案する。

それが指導者の役割であり、仕事である。

そんなことを再確認した「本とVHS」の連動でした。

何かの参考にまで…。

category: オフィスKURACH

陣痛 

何かを始めようとしたときに、日常のバランスを崩すことがある。

新たなバランスと出会った時、停滞が起きる。

新しいバランスで前に進みだすと味わったことのない心地よさや経験・体験から新しい収穫を得ることがある。

チームに新しいことを導入すると必ず不協和が奏でられる。新たなる陣痛である。


新チーム発足時、昨年の反省を踏まえてと考え行動するコーチ(指導者)は多い。

口先だけの反省を唱えてスタートさせても、昨年となんら変わらぬことの提供なら前進しない。

明らかな変化を感じる提案で刺激的なものであれば、まずは飛びつく。

この時にプラトー(停滞)現象が起きても、必ず前進はある。


チームに提案したことが停滞するのはビジョンのなさを意味する。

停滞は常に想定内である。停滞は努力の証である。

スポーツチームの1年のサイクルで3か月はチームイズムの徹底である。

試しの時期があり、本番(公式戦)を迎える。

新人戦の後、飛躍的に伸びるチームがある。

修正と改善を加えて育てる。


もう、来季の新人戦が始まっていると言っても過言じゃない。

今、チーム内で戦うことがチームの底上げになり、未来の勝利が見えてくる。

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード