クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

起こせ、イノベーション! 

CIMG1384_convert_20100831171243.jpg

分析   まずは、自己分析&チーム分析
目的意識 チームの向うべき方向を明確にする
着地点  そのためにこうすれば、こうなるフローを構築する練習の着地点を明確にする
時間軸  まずは、着地点を意識してフィードバックさせて今を考える
改善   とりあえず、改めることのできる現状を並べる。
開発   早急に成果の出なった過去を捨てる。アンライインの法則

チームの刷新(イノベーション) そして、一機に負け犬根性の一掃。
強みと弱み 分析結果を踏まえて、何ができるかを自覚する
集中   短期間にイズムを創造する合宿は絶好の機会
シンプル 誰にでもできることを提案する。
実践力  成功者とは実践する勇気を持った人である。やるかやらないか。
効力感  こうすれば、こうなるという着地点が見える達成感
成功   ささやかで、目の前のことを着地点を見据えて小さな成功感の積み重ねを喜べるチーム創り
勝利    一人ひとりが達成感を持つ、みんなで、手の届く成功感育成
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

猛暑の中での観戦 

30年前にタイムスリップ

このコート(淀商業)でコーチとしての資質を磨いた。

懐かしよりも重さを感じた。

あの日があるから今日がある。

バスケ界の師匠”矢田先生”に指導原点を学んだ私の聖地である。



こんなに明るかったのかが第一印象である。

次に目が行ったのがコートである。

何か愛着がある。

CIMG1464_convert_20100830100948.jpg

教員時代、ひたすら走った3メンリピート。このエンドラインが30年前にタイムスリップしていた。


観戦中、見慣れたTシャツを着ている選手に遭遇。2004ALL KINKIのバックプリント。

一角に出場校が書かれてあった。「SHIJONAWATE KITA]
CIMG1472_convert_20100830101136.jpg
CIMG1473_convert_20100830101234.jpg

思わずシャッターを押している自分がそこにいた。複雑な心境である。そのチームは今、この世に存在しない。

この日は更なる出会いがあった。知人の先生の教え子さんご夫婦である。
CIMG1467_convert_20100830101025.jpg
昼食をご一緒させていただいた。

話が盛り上がり、教育論に。

クラッチの言葉に涙していただいた。試合に出場できない我が子であるがチーム応援は欠かさない”K”さんご夫婦である。

思春期の男の子、照れくささで「試合に来るな」と言う。

「でも、お子さんは心の中で喜んでいますよ」の言葉で奥さんは涙を流された。

きっと、今日の夕飯時に何らの会話があるはずである。

category: クラッチのつぶやき

コーチングスタイル十人十色 

スポーツ界には十人十色のコーチングスタイルが存在する。

どの方法が正しいのか、正解を明記するのは困難な問題である。

しかし、これだけは言える。

常にチームを上位に持ってこられる指導者はそう多くない。

当然、指導法に何かがあるわけである。

何かとは、卓越した技術指導であるかもしれない。

人間関係構築に卓越した指導力を秘められているのかもしれない。

卓越したアナリストなのかもしれない。

リクルート能力に卓越した人なのかもしれない。

いずれにしろ、その年代に卓越した何かを結集して、チームをベストな状態で戦わせる能力を秘めた人がチームを勝利に導くことができる。

指導力とは、チームのプレイヤーにマキシムな能力を開花させるプログラムの提案ができる能力である。

そのためのありとあらゆる努力を惜しまない人が指導者との資質である。

それは誰のため?プレイヤーのためである。

いくら良い方法を知っていても、プレイヤーの能力発揮に結び付かないものを提案し続けていても、成果は得られない。

ゲームにどれだけ気持ちよくプレイさせるか、そのために日頃からチームにおける役割を理解させることが大きな比率を占める。

能力が高いプレイヤーであっても、チームの何かが理解できていなければ、ただの邪魔ものでしかない。

一人のスーパースターより、チーム役割を出来ている心のコントロールができている集団の方が勝つチャンスは巡ってくる。

もっとも悪いのが能力のないのにわがままな集団である。

多く場合、このケースをコントロールできないことである。

試合にするのに協力する心がなければ最悪の事態が生まれる。分裂と敗北である。

更に最悪な事態は続く。批判と責任転嫁である。

一度この事態を招くとチームの活性化には長年の時間が必要になってくる。

有能な指導者に事態がないわけではない。

最悪の事態を予測し、体験させることで回避する能力を持つ人が上位チームの指導者に多くみられる。

一度泥沼に足を突っ込むと底なし沼化する。

アンラーニング(過去を捨てる)能力で未来への視点を向けさせることが指導者の資質である。

学びましょう。成功者の足跡を。

私は偉大な指導者に何人も出逢えた幸せ者です。

そして、多くのことを学びました。

category: オフィスKURACH

久しぶりに観賞てしまいました。 

IMG_0001_convert_20100826151342.jpgIMG_convert_20100826151249.jpg

セミナーや講演会の準備が整ったので、この2本のDVDを一機に見てしまいました。

過去に何度も観たものなのに

再び心が震えました。

魂に火がつきました。

揺らいではいけない。惑わされはいけない。

信念を貫く理念を持てと心を揺さぶってくれる。

「勝利への旅立ち」主演:ジーン・ハックマン
「コーチ・カーター」主演:サミュエル・L・ジャクソン

凄い名優が演じる指導者の生きざま。

どちらも、事実に基づいて映画化されたものである。

特に「コーチ・カーター」は最後の教師生活がだぶってきてしまいました。

若者の成長には欠かせないのが恩師の存在である。

一度は若者たちからの目線では駄目の刻印を押されかけても

貫く信念・理念が若者を成長させる。

勝ち負けだけが成果じゃない。

得た心の成果が若者を大人へと成長させる。

まだ、ご覧になってない方、一度ご覧ください。推薦します。

category: クラッチのつぶやき

いよいよ、ですね。夏の成果を試せるのは・・・。 

夏、ご一緒させていただきましたね。

コーチが見つめていたものは何ですか。

合宿学入門『マネジメント』その後編の空白は埋まりましたか。


CIMG1414_convert_20100825120925.jpg

『たった4日間の経験がチームを大きく変えた』
指導者の意識が変われば、チームは変わる。
もっと変わったのは、部員たちである。

できても、できなくても三朝合宿は終わりました。
成果は出ましたか。
う~ん?出なかった。
凄く成果が出た。
どちらにせよ。次につなげましょう。

CIMG1375_convert_20100825120823.jpg

成果に○×はあったにせよ。
チーム・イノベーション(刷新する)を起こせましたか。
本番は公式戦です。

mydatamisasas_convert_20100826111003.jpg
この合宿MYデータを完成させることができれば、ドラマが生まれる。
ドラマの主人公は「部員」である。
ドラマには「感動」が付き物である。
ドラマを完成させれば、「遣り甲斐」を自覚できる。
ドラマをクランクアップさせることができれば、「伝説」が誕生する。
語り継がれるものができれば、「伝統」になる。
「伝統」あるチームには「人」が集まる。
人が集まれば、レベルは上がる。
レベルが上がれば、「楽しく」なる。
更に、楽しくするために「工夫」(改善・開発)が生まれる。
努力すればこうなるという「着地点」が見える。
どれぐらい頑張れば「成果」が見る。
「着地点が見えれば」成果が見える。
そのために今、何をすべきかかが「理解」できる。
理解できれば、頑張り所で「力」が発揮できる。
「力」発揮できれば、「勝者」になれる。
「勝者」になれば、認められる。
認められれば、「自覚」ができる。
自覚ができれば、「自信」になる。
自信ができれば、「余裕」ができる。
余裕が「社会貢献」につながる。
社会貢献すれば、「人格」ができる。
このように正の連鎖がたった4日間の合宿に潜んでいる。
あなたはこの連鎖の脚本家(指導者)になれるチャンスがある。
「成果の出る努力」を引き出せる提案ができること。
やり方を変えれば(刷新)すれば、成功する。
このチャンスをものにできれば、リスペクトされる。



category: オフィスKURACH

増えすぎました。 



オフィスKURACHを起業する前の暇なときに購入した水草”ホテイアオイ(布袋葵)”が花を咲かせました。

たった一株の購入が水かめや水槽いっぱいになり、水が見えなくなりました。

メダカも同時に飼育開始したのですがメダカの姿は何処に。

株をよけるとメダカ生存していました。ひと安心です。


CIMG1448_convert_20100824115835.jpg

category: クラッチのつぶやき

教員チームの練習会に行ってきました。 

8月11日に入院先から、山口教員バスケットボール大会に出場それているチームスタッフ室屋孝史先生。(1枚目写真左の方)に電話した。

50歳超えの体力を酷使して、試合に出られたという。

その勇気に大拍手である。

その時に次の試合にでるチャンスがあれば、得点したいとの意向の発言に

「得点すれば、京橋サパークラブ「おかむろ」(居酒屋)貸切やな」と約束。

退院後、大会記録を拝見すると光り輝く2得点・・・。

男クラッチの約束である。

8月20に練習見学と「おかむろ」パティーへとむかった。


CIMG1445_convert_20100823103746.jpg




真面目な取り組みで先生方は熱中症になるのでは・・・。

テーマは「声を出せ!」で10分ゲームを数本されていた。


CIMG1443_convert_20100823103633.jpg

CIMG1444_convert_20100823103708.jpg

練習後、7~8名の先生と京橋に向かう。

呑み始めると少し体調の異変を感じながら、冷たい生ビールを呑み始めた。

しかし、ぐぃ~ととはいかず、心の中は?????である。病み上げりではねとあきらめる。

これがこの夜からの悪夢を呼びこむ、39度を超す夏風邪である。

嗚呼、夏風邪物語。

結局、体重5㌔減。ひどい落ち込みである。

でも、この日の先生たちの頑張りエキスをいただいたことで、夢と希望で病気を吹き飛ばしていきます。

次回は是非、立ち呑み処”おかむろ”で「愛と勇気とあるこーる」と酔いたいです。

category: オフィスKURACH

近畿経済産業局HPにオフィスKURACHが創業事例として紹介されました。 

近畿経済産業局のホームページに創業事例の紹介

スポーツ・コーチング総合研究所オフィスKURACHが近畿経済産業局のホームページに創業事例の紹介として掲載していただきました。


近畿経済産業局ホームページ

category: オフィスKURACH

「イノベーション(自己改革)・ボード作成」セミナーのご案内  

スポーツコーチのための
「イノベーション(自己改革)・ボード作成」セミナーのご案内
CIMG1440_convert_20100816124949.jpg

 コーチ力・ステップアップセミナー

「なぜ、勝たせてやれない」「成果を出せない」と悩むコーチ(指導者)のみなさんに提案します。
一枚のボードに自分の夢を表現してみませんか。

確実にプレイヤーの成果を引き出せる“力”を構築させる「イノベーションボード」 。
「イノベーションボード」とは、「思い」や「夢」の実現化です。作成後、あなたは必ず変われる。
能力の確認と確立させることできる有効な方法です。

「すべてのプレイヤーに微笑み」をもたらしてみませんか。

それが指導者としての最高のご褒美です。 それはコーチ自身が変わることです。
チーム・プレイヤー・自分自身ために 未来に輝く着地点を時間軸と共に想像し、創造してみませんか。



日時:平成22年9月25日(土)9時30分~16時30分
   場所:枚方市輝きプラザ「きらら」5階セミナー2室
   〒573-1159 枚方市車塚1-1-1 *駐車場あり
問い合わせ/申し込み:
輝きプラザ「きらら」6階7号室スポーツ総合研究所オフィスKURACH
  ℡・FAX 072-860-7376
  メール scskok@kurach.jp
  ホームページ http://www.kurach.jp/
費用:5,000円(材料費含む)
 *セミナー終了後、交流会(4,000円程度)を計画しております。
募集人数:10名
受講ご希望の方はメール&FAXでお申し込みください。


ファックス申込用紙

CIMG0905_convert_20100315112848.jpg
このイノベーション・ボードの製作者は元大阪産業大学バスケットボール部主将山内隆博さんです。山内さんは作成半年後、教員採用試験1次に合格されています。
山内さんコメント:
「はじめは半信半疑でした。作製に取りかかってみると未来の自分が目の前に現れて、自分に語りかけてくるような不思議な感覚で夢中になって取りかかっていました。まさにドリームボードですね」

category: オフィスKURACH

残暑お見舞い申し上げます。 



こんな場所(枚方市民病院)で避暑しておりました。

口腔外科で軟骨摘出手術でほんの少し避暑しておりました。

心配なさらないでください。極めて元気です。

あまりの元気さに退院さされました。(笑)

この避暑前、京都峰山で美味しいものをいただいてまいりました。


CIMG1428_convert_20100816105232.jpg

飛び込みで入った割烹”ふるさと”と言うお店で

地元の人と仲良くなり、サービスでその日獲れたての天然ウナギをふるまっていただいた。

気さくなご主人と仲良くなり、お酒(冷)がついついすすみました。

このウナギの大きさ凄いでしょう。


CIMG1429+(0)_convert_20100816104145.jpg

CIMG1430_convert_20100816105308.jpg


そして、白焼きを美味しい天然塩でいただきました。美味~!

これで精をつけたおかげで無事退院。

秋に向けて頑張るぞ~!

category: クラッチのつぶやき

そして、合宿は終わった。(三朝インターミューラル・レポート6) 

CIMG1419_convert_20100809133906.jpg

三朝スポーツセンターのオフィスKURACHのブース。

4日間、プレイヤーの相談場所としての役割をさせていただいた。


CIMG1421_convert_20100809133727.jpg

それはチームや指導者とリンクしたものであった。

相談を受けるとき必ずこう言って始める

「チームの方針は・・・。この合宿の目的・・・。先生から何を頑張れと言われているの・・・」

チーム方針は14チーム、それぞれにある。

オフィスKURACHが押しつけては駄目である。

相談していた子がそのチームで機能するアドバイスでなければならない。

その役割を徹底した。

その子の居場所を共に模索した。

だれが納得すれば、良いのかを考えた。

時にはミーティングの輪の真後ろで聴き耳を立てた。

CIMG1424_convert_20100809134420.jpg
CIMG1425_convert_20100809133940.jpg


そして、2010三朝インターミューラル合宿(を閉じた。

オフィスKURACHの役割は終了した。

しかし、オフィスKURACHの使命は終わったわけじゃない。

公式戦で成果を出していただいて始めてミッションは終わる。

category: オフィスKURACH

モップと雑巾と弁当ガラ(三朝インターミューラル・レポート5) 

CIMG1415_convert_20100809131243.jpg

4つの会場にその日のゲーム計画が掲示してある。

その計画に従ってチームは動く。


CIMG1412_convert_20100809131053.jpg

そして、到着と同時にミーティングが始まる。

CIMG1410_convert_20100809130903.jpg
CIMG1413_convert_20100809131021.jpg

各チームでの取り組む姿勢が向上していた。

「人のために」を考えての行動が粛々と行われていた。

汗で滑るコートのために四隅にモッパーが準備する。

MY雑巾を持参していたチームもあった。

やらされ感がほとんどない。

人のためにできる行動がプレイの向上につながる。レベルが上がっている。

過去のインターミューラル合宿ではここまで徹底されていなかった。


CIMG1416_convert_20100809131126.jpg
ある会場で昼弁当時に感動があった。

散乱している弁当ガラを嫌な顔もせずに片づけている選手が居た。

すぐに会話した。

「凄げ~な。誰かが散らかした食べかすを(他)人の為にそっとできることが凄いな。これでみんなが気持ちよくこの体育館を使える。君のポジションン?」と聞く。

「はい、ガードです」

「きっと良いガードになれるよ。だって、人のためにさりげなく凄いことが出来るんだもの」と付け加えた。


category: オフィスKURACH

コーチの苦悩(三朝インターミューラル・レポート4) 

CIMG1383_convert_20100809123516.jpg

指導者は真剣だった。

どうすれば、チームはよくなる。

レベルや方向性の違いはある。

求めるものはただ一つ、「成果を出す」である。

ただひたすら、「結果」をもとめることを「成果」と捉える考え方はある。

「結果」と言う「成果」を出すのは「人」である。

また、出させるのも「人」である。

さらに「結果」と言う「成果」を評価するのも「人」である。

「人」と言うところに着眼点を向ける。

競技スポーツにおいての結果は当然、勝利することである。それを置いておいてなんてことは考えにくい。

勝利至上主義になる前に「勝利者になる人づくり」に目を向けてはどうだろう。

「人」を育てることができれば、勝利は向こうからやってくる。

CIMG1371_convert_20100809123339.jpg

プレイする「人」を育てるのが指導する「人」の使命(仕事)である。

この使命がチームに貢献する役割である。

プレイヤーが良いプレイすることを目標に頑張り、勝利を呼び込む、それが役割である。

コーチがプレイヤーにいかに戦い(プレイ)しやすい環境を整えるのが仕事であり、役割である。

CIMG1372_convert_20100809123417.jpg


この役割で良い人間関係を構築できるばチームは勝利者になる確率は向上する。

方法は色々ある。指導者が自分を確立し、チームの成果に対するベクトルの方向性を同じ方向に向ける。

それが指導者の使命である。

指導対象が「人」だから苦悩する。

「人」は心を持ち、感情がある。

やり易い環境を提供することを追及する。それが指導者の姿勢である。

やり易さとは「らく」するを意味しない。

しんどくとも「楽(たのしむ)」の提供である。遣り甲斐での提供である。

CIMG1399_convert_20100809123653.jpg

CIMG1394_convert_20100809123616.jpg


今回の三朝インターミューラルの指導者の取り組みに「きっかけ」を提案させていただいた。

4つの会場で苦悩し、戦うコーチたちの姿を追いかけた。

category: オフィスKURACH

 

人気ブログランキングへ

category: 未分類

学ぶ姿勢(三朝インターミューラル・レポート3) 

学ぶ姿勢と素直さ

*文章と写真はリンクしていません。
CIMG1395_convert_20100807084506.jpg

三朝合宿での出来事。

じっとコートを観ている一人のプレイヤーが居た。

気になるので声をかけた。

「合宿、楽しいかい?」

「あんまり試合に出れないし…」と少し暗い。

高校からバスケを始めたのでなかなか使ってもらえなく、セカンドチームに居るという。

その彼が試合前のアップでシュートを打ちだした。

リリースは非常に良いのだが構えに難あり。

更に声かけをした。「チームメイトの真似をしているんだね」と

チームメイトのホームに瓜二つである。

このチームはほとんど同じシュートフォームで打っている。

チームのコーチの許可を得て、臨時のクリニックが始めた。


「君らはディフェンスが前に立たれるとシュート打てないだろう?」と問いかけた。

「?????」で返答がない。

言葉を変えた。「ノーマークの時しか、(シュートが)打てないだろう」と。

その状況も理解出来ていないようである。


初心者プレイヤーに問いかけた。

「君は真似るという高い能力を持っている。でもね、間違ったことを正しいと思いこんじゃ駄目だよ」

そして、彼が見本としてるプレイヤーにシュートを打ってもらった。

次に私が軽くディフェンスしてみた。打てない。構えに難あり。

この見本になった子が悪い見本にされたとすねだした。(えっ?)

君も試合で結果出せるようにしてあげるからと言っても心を貝にしてしまった。

この子は後で正すとして、捉えず、初心者プレイヤーをクリニックした。

すると見る見るうちに好転していく。表情が変わった。

この彼はゲームでプレイにチャレンジし始めた。成果が出るのも直前である。


ところですねたプレイヤーはどうなった?

試合の合間を観て、声をかけた。でも、????のままである。

「さっきはごめんね。君も変われるチャンスはあるよ」

「君が下手だとは思っていないよ。君のプレイが上手くいくようにアドバイスしてもいいかな」

表情に変化が起きた。受け入れ始めてくれた。

そして、細部まで丁寧にクリニックした。


体育館のギャラリーに目を向けた。この2人が真剣に他のチームの試合を観ている。

この夜、2人に声をかけた。

「バスケ楽しいかい」と

目が輝いていた。


一つ仕事ができた。

category: オフィスKURACH

レベルアップ・クリニック(三朝インターミューラル・レポート2) 

上手くなりたい。

自分たちのチームを乗り越えて、選手一人ひとりの欲求がある。

三朝インターミューラル合宿2日目。

夕食後、オフィスKURACHクリニックを開催した。




CIMG1401_convert_20100808180915.jpg

CIMG1402_convert_20100808181007.jpg

CIMG1403_convert_20100808181048.jpg

コミュニケーション・ドリルからスタートした。

一緒に合宿していても、14チームの全ての選手が仲良く行動している訳じゃない。

合同合宿とは言っても、自チームのレベルアップのために悪戦苦闘するのである。

プレイングタイムを平等に確保するのは至難の業である。

オフィスKURACHの呼びかけで40名ほどが夜の三朝スポーツセンターに集まった。

「バスケを楽しもうぜ」と呼びかけても顔も名前も高校名もわからない。

「じゃ、チーム作りを始めるよ」とランニングを始めた。

1~6月生まれの人は赤印のコートへ、7月~12月の人は青印に

赤印・青印グループで生まれ日が奇数・偶数日の人を大きな声を出して声をかけて2人一組に…・

上手くわかれて、さらに自分の学校じゃない人とペアーができた。

早速、自己紹介。そして、学校と名前を知る。


アイスブレーキングとコミュニケーションツールで仲間意識が構築された。

「じゃ、4つのチームに分かれて、コーチについてもらう」

そして、総当たりのリーグ戦開始。


勝ちたい気持ちが絆が芽生る。

全ての試合が接戦となる。

レギュラー戦の様子を醸し出す。

僕らだって・・・。

今4枚の写真は全て試合終了後のものである。

スポーツって良いですね。

バスケ、最高!

弾んだ声が余韻となり残る。

category: オフィスKURACH

三朝インターミューラル合宿を終えて。レポート1 

跳んだ、走った、シュートした。

頑張った、悩んだ、学んだ。

そして、成長した。

主役は部員一人ひとり。

そして、支えたのは指導者の皆さんでした。

オフィスKURACHはサポートさせていただきました。


CIMG1374_convert_20100807084246.jpg

CIMG1380_convert_20100807084403.jpg



『たった4日間の経験がチームを大きく変えた』
指導者の意識が変われば、チームは変わる。
もっと変わったのは、部員たちである。

できても、できなくても三朝合宿は終わりました。
成果は出ましたか。
う~ん?出なかった。
凄く成果が出た。
どちらにせよ。次につなげましょう。

成果に○×はあったにせよ。
チーム・イノベーション(刷新する)を起こせましたか。
本番は公式戦です。

この合宿MYデータを完成させることができれば、ドラマが生まれる。
ドラマの主人公は「部員」である。
ドラマには「感動」が付き物である。
ドラマを完成させれば、「遣り甲斐」を自覚できる。

ドラマをクランクアップさせることができれば、「伝説」が誕生する。
語り継がれるものができれば、「伝統」になる。

「伝統」あるチームには「人」が集まる。
人が集まれば、レベルは上がる。

レベルが上がれば、「楽しく」なる。

更に、楽しくするために「工夫」(改善・開発)が生まれる。

努力すればこうなるという「着地点」が見える。

どれぐらい頑張れば「成果」が見る。
「着地点が見えれば」成果が見える。

そのために今、何をすべきかかが「理解」できる。
理解できれば、頑張り所で「力」が発揮できる。

「力」発揮できれば、「勝者」になれる。
「勝者」になれば、認められる。

認められれば、「自覚」ができる。
自覚ができれば、「自信」になる。

自信ができれば、「余裕」ができる。
余裕が「社会貢献」につながる。

社会貢献すれば、「人格」ができる。

CIMG1389_convert_20100807084719.jpg


このように正の連鎖がたった4日間の合宿に潜んでいる。
あなたはこの連鎖の脚本家(指導者)になれるチャンスがある。
「成果の出る努力」を引き出せる提案ができること。
やり方を変えれば(刷新)すれば、成功する。
このチャンスをものにできれば、リスペクトされる。

category: オフィスKURACH

三朝の4日間スタート。 

三朝合宿に帯同してきます。

『たった4日間の経験がチームを大きく変える』

指導者の意識が変われば、チームは変わる。
もっと変わってほしいのは、部員たちである。

できても、できなくても三朝合宿は始まり、終わる。

成果は出ましたか。
う~ん?出なかった。
凄く成果が出た。
どちらにせよ。次につなげるように頑張りましょう。

成果に○×はあったにせよ。
チーム・イノベーション(刷新する)を起こしましょう。
本番は公式戦です。

この合宿MYデータを完成させることができれば、ドラマが生まれる。
ドラマの主人公は「部員」である。
ドラマには「感動」が付き物である。
ドラマを完成させれば、「遣り甲斐」を自覚できる。
ドラマをクランクアップさせることができれば、「伝説」が誕生する。

語り継がれるものができれば、「伝統」になる。
「伝統」あるチームには「人」が集まる。

人が集まれば、レベルは上がる。
レベルが上がれば、「楽しく」なる。

更に、楽しくするために「工夫」(改善・開発)が生まれる。
努力すればこうなるという「着地点」が見える。

どれぐらい頑張れば「成果」が見るのか。
「着地点が見えれば」成果が見える。

そのために今、何をすべきかかが「理解」できる。
理解できれば、頑張り所で「力」が発揮できる。

「力」発揮できれば、「勝者」になれる。
「勝者」になれば、認められる。

認められれば、「自覚」ができる。
自覚ができれば、「自信」になる。

自信ができれば、「余裕」ができる。
余裕が「社会貢献」につながる。

社会貢献すれば、「人格」ができる。
このように正の連鎖がたった4日間の合宿に潜んでいる。

あなたはこの連鎖の脚本家(指導者)になれるチャンスがある。
「成果の出る努力」を引き出せる提案ができること。
やり方を変えれば(刷新)すれば、成功する。
このチャンスをものにできれば、リスペクトされる。

着地点の設定(時間軸)
3年後に達せさせた具体的な日時を設定し、微笑んでいる自分をイメージする。
分析(強みつくりのために)
今持っていない能力でも、身につけて自分の売りにできる強みを持つこと。
弱みを表に出さない。
実践できる具体の作成(シンプル)
目に見える到達点を設定する(コラージュ法や勝利のピラミッド)。
行動(責任を持たせる)
人任せの体質を改善する。
改善(アンライン)
できないことや成果が上がらないことに固守しない。
できることで成果の見えることをやり続ける。
成功の自覚(数値目標)
これをやれば、目標を達成できるという数値を設定する。
達せできれば、目標数値を上げる。
効力感の育成(見える指導)
こればやれば、こうなる着地点が部員の自信と自覚になる。
試合中にあまりベンチを見なくなる。

category: オフィスKURACH

着地点と時間軸 

スタート地点(今日)→ゴール(着地点未来)ではなく、着地点(ゴール)→現在なのです。積み重ねではなく、フィードバックする。*フィードバック:3年後などの時間軸を設定し、3年後の成果を想定して、今を考える方法。

過去は変えることはできません。
しかし、未来は好きなように描くことができます。
お好きなように具体策を添えて、描いてみましょうよ。

未来をコラージュしてみましょうよ。
自分自身の未来予想図を描き、3か月、半年、1年後、3年後を構築させましょう。
凄い確率で成功のラインは見えてくるはずです。
改善・開発・刷新を繰り返し、最善を具体化させる。
小さなガッツポーズの繰り返しを積み重ねる。
ガッツポーズはアンラ-ニングの法則である.
過去を捨てて、未来へ。

今日創った練習メニューも陳腐化する。
だから、分析、改善、開発を繰り返し、時間を区切って刷新を続ける。
時間を設定して実現しない成功は方法が間違っていたにすぎない。
方法を変えれば良いだけである。

悔やむことはない。

自分の手でできなければ、人の手を借りれば良いことだけである。
あなた自身が直接、手(指導)を下さなくとも、選手・生徒が微笑めれば、組織の長として満点である。
成功させるには心の変化が必要である。

精神主義ではない。
具体化したものを採用する勇気と心を持つだけである。
技術を教えるのではなく、技術を使う術とその術を信じて使える心を教えることがコーチングの優劣を決める。

それがゲームの勝敗を大きく左右する要因である。

選手の能力はバスケをする体格や体力や技術ではなく、バスケを楽しむ心を育てることである。
楽しむからうまくいく。うまくいくから楽しい。
楽しむ方法をコーチする。
それがスポーツ指導者のお仕事です。

自分の理念を構築して、理念に基づき、MYチームオリジナルバスケの楽しみ方を創造しましょう。

やり方(方法)は簡単です。

楽しくしんどいことを進んでやる部員が活躍する環境を設定してあげてください。
簡単なことです。やったことを客観的かつ平等に評価してやってください。
平等とは練習による機会均等であって、ゲームにおけるプレイングタイムの平等化を意味しない。

スタート、ベンチメンバーでは役割が違う。
チーム貢献をしっかり理解し、指導し、評価するに値する行動をとれる部員を育てる。
チームの育成方針(理念)をしっかりと伝える。
そして、やりがいを感じさせるチーム運営を実施する。

指導者と部員のベクトルが同じ方向であることが勝てるチームの大切な要因である。
理念の構築と具体化こそが同ベクトルを共有するチームを育てることができる。
ではその具体化に突入しましょう。
やり方は簡単です。
チーム分析を踏まえ

①できることをやる
②責任を持ってやる
③数値目標を明確にする
④時間軸を考える
⑤成果につながることをやる。
⑥ミスを叱らない。
⑦無駄なことはやめる。
⑧喜ぶ人を意識してやる。
⑨次を考える

最後に
コートで立ち微笑んできる自分、チームをイメージして計画する。
数値目標が設定して、達成させる。
「やればできる、必ずできる」

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード