FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイムバスケ思考034】 

【リアルタイムバスケ思考034】
寝る間も惜しんで…。
よくある質問、いつ寝ているんですか?
無呼吸症候群を検査した時、
寝た痕跡なし、呼吸した痕跡もない、てな結果が出た。
そんな馬鹿な、きっと、計測ミスでしょう。
寝ている間、夢じゃなく、考えて、
起きると即、その事を書きとめている。
家内曰く、寝言で何か、喋っているとか…。
ある番組の「プロフェッショナルなるとは…。」に応えるその道のプロたち。
そんな時にプロフェッショナルになりきって
「24時間、寝ても覚めて、その事を考えて、実現させるのがプロ」と
勝手に呟いたりしている自分発見…。
夢は、寝てみろ、夢を現実あるものにする。
夢を語っても現実みがないと無視される。
だから、夢を口にしない人では、いつまでも夢が叶わない。
有言実行で人に喋ってみませんか。
するとね、やらなきゃっての思いが発想として浮上してくる。
すると脳は実現させようとするようです。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考033】 

【リアルタイムバスケ思考033】
ときめかなければ、やめる(引退)の時
現場に居ないが、まだ、ときめく心が有る。
指導者としての『ときめき』が心の片隅に有る。
その心を弄ると
「もっと」と言う言葉が浮上してくる。
もっとできるのに、もっと上手くなれるのに
まだバスケ初めたばかりなのに、面白いなさそうにプレイしている。
きっと、ずっと、この状態が続くんだろうかなと思うと
悲しくなる。
ここで、なんとかせなあかんねん精神がもたげて来る。
色々な切り口で、「素直」になれよを教えたくなる。
素直じゃない心を素直にするを諦めない。
それが私の指導者としての「ときめき」である。
素直になれず、ダラダラしている。
先ず、ダラダラさせないメニューを提供する。
ダラダラでつまらないフリする裏返しは、
もっとかまって欲しいのサインのことが多い。
かまってやるよのサインを出してみると
あら不思議、ちゃんとやる。
これ、ちょっと困難校での得た感触である。

「やめてしまえ、帰れ、もう来るな」を声にする前に
諦めるのは、捨てるのは素直な姿勢へのアプローチをしてからでも
遅くはない。
アプローチして、ちょっとでも前向きな姿勢が出れば、
「できたやん」の言葉かけでニコッとしてくれれば、
こっちのものである。
何度も、期待を裏切られたことも多々あるも、
成功事例も多々ある。
後者に期待するのが指導者と心得る。

諦めんと頑張りましょう。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考032】 

【リアルタイムバスケ思考032】
指導者業からの我が人生訓
「人に頼るな、頼るから甘えがやってくる」
良くも悪くも、一人でやってしまう。
とは言っても、先輩諸氏から教え伝えてことを学び
現在に至っている。
人を頼るなと言って、
人の存在を蔑ろにしているわけではない。
自分以外の人をリスペクトする精神を捨てている訳じゃない。

「人に頼るな」は、『覚悟』を意味する。
「人に頼るな」は、『人のせい』にしないを意味する。

この「人」には、
チーム内、学級内、会社内などの自分以外の取り巻きであり、
責任の所在は誰にあるかを意味する。
選手、部員、生徒、社員に責任を転嫁していては、
そのチームの指導する「人」の未来はしれたもんです。
その「人」の周りには、微笑みはうまれない。

『覚悟』を教えて来た気がしてならない昨今である。
今、一つの『覚悟』が芽生えている。
この『覚悟』を最後にしようと思う。
その為にちょっとしんどい、山登りで
自分と自問自答しているのかも…。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考031】 

【リアルタイムバスケ思考031
100升計算用紙練習中のコートサイドの机に置かれてあった。
何の為に?
心拍数maxの時、クールに考えるチカラを身につける為に
だって、バスケ競技って、試合中、冷静判断が要求されるスポーツである。
タイムアウトだって、コーチの話を心拍数上がり、
アドレナリン出まくりの時で
冷静に聞いて、コートに戻り、クールに戦わなければならない。
冷静に判断できるトレーニングの一貫として導入した。
それが正解なのかをチームとして、判断する。
次の100升計算用紙の準備されるまでに採点するマネージャーは大忙し
時には、マネージャーが一人じゃ出来ませんとキレられたこともあり、
二人1組で採点させて、即回答、採点させる。
いろいろ工夫して、チームで考えるを共有した。
するとね、判断するチカラが芽生えた。
信じるか否かは、貴方が判断してください。
少なくとも、ちょっと困難校な学校のバスケチームが
考えるチカラができて、上位チームになっていきました。
色々チャレンジしたスキルの一つです。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考030】 

【リアルタイムバスケ思考030】
山歩きの急登坂で息が上がり、しんどくてたまらない時
二つのことがよぎった。
一つ、苦しくても一歩一歩、歩けば必ず目的に着く。歩けばええねん。
一つ、しんどい時、ちょっと休めばええねん。するとまた歩けるねん。

そこで里に降りてきた時に頭に浮かんだのが

いつも、いつも、嫌やから止めるなら、次はないよね。
どうしようない時だってある。
その時にどうするかで、成長があるか、否かである。
そのラインを何処に置くかで、その後が決まる。
ただ、止めたからって、やり直すことはできる。
その時期が、早ければ、早い方が修正が可能である。
時空を元には戻せないから、修正可能な領域は存在する。
それを気づかくのは、本人である。
ではあるが、気づきのきっかけは示せるのではなかろうか。

ユニクロの柳井氏は「1勝9敗」と表現し、
世界のトヨタは「カイゼン」と表現し、

ミスの数だけ、成長する事を示唆すれば、
チームは成長する。
修正するチカラを身につけさせるのが指導者のチカラである。

勝利を手にするには、40〜49.9%の成功率と教え、
50.1〜60%のミスをどの様に帳消するかを教え込む。
トランディションゲームの原則、
やられたら、やり返す。
悪い率を回数で取り戻す、この原則を教え込む。

その為のデータを取り、確認させて、対策力を具体化させる。
この原則を具体化したのこれだと自覚させる。

この先は、コーチである貴方が考えていただきたい。
貴方が貴方のチームに歩き方を
その方法を徹すれば、勝ちが見えてくる…。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード