FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

大阪枚方8月22日(木)、曇り、気温27度。 

_convert_20190822110106.jpg

おはようございます。
大阪枚方8月22日(木)、曇り、気温27度。
【大阪より10度低い涼しさをお届けしますの巻】
上高地の森の中、可憐に咲く草花
下山して、酷暑にバテ気味
せめて、あの時の涼しさを写真で届けよう
残暑お見舞い申し上げます。
2学期が始まる大阪の学校、
大阪北河内ミニバスは、サマーカップ大会
大阪高体連バスケは真夏のウインターカップ予選、
ひらかたキングフィッシャーズU12は教室再開
さぁ!今日も元気に
よ~いドン!でスタートします。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

GW後半に入って来ました。 

201905040731118fc.jpeg
GW後半に入って来ました。

オフィスKURACH所長は脳内整理に

ブラリ富士山麓一周歩きで過ごしおりました。

壮大な富士の景色は

新たなやる気と転嫁されております。

富士を360度の視点で眺める事ができたことは、

最高って言う他ありません。

富士は世界に誇れる山であります。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考365】 

【リアルタイム思考365】
この日を想定して積み重ねてきました。
テーマは「チーム創り」でした。
第一回リアルタイム思考から最後には、きっと「成果出せましたか」になる。
現在、私はチームに関わっておりません。
関わっていれば、「私はこうして、目標達成しました」と書き終えていたとおもいます。
成果を出せることを想定して、チームの取り組み姿勢を語ってきました。
「そううまくはいきませんよ」のご意見もあろうかと存じますが
チームマネジメントを成功に導く為に必要な項目を綴ってきました。
過去の成功事例、学問的根拠、トレーニング法、戦術、戦略、メンタル面、栄養面、家族の協力、学校と部活、スポーツと部活などチーム育成に必要な項目を可能な限りあげてきました。
一つの意見、考え方と聞き流して下さい。
また、参考にしていただけばと願っております。
日本バスケ界は2020東京オリンピック開催枠を得て
新たなスタートとなります。
次世代に何を残せるかを考察し、リアルタイム思考更新しながら
伝えるバトンをタスキを準備し、それを繋ぐべく行動を起こし
バスケの指導実践グループを立ち上げ、活動を始めます。
ここに書き上げた365メソッドをキーワードに
バスケ界を盛り上げていこうと願っております。
毎日この思考に付き合ってくださった方々にお礼申し上げます。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考364】 

【リアルタイム思考364】
歴史の夜明け前日感をもつ日を迎えました。
フィードバックさせて、積み重ねてきた364回目、
明日でこのシリーズも終わります。

読んでいただき、感謝。
続けられた自分に、ガッツポーズ。
この場を与えてくれたfacebookに、ハイタッチ。

まだ、語り足りなさを持っておりますが
お時間がよろしいようで、
次は皆さんが、バスケライフを楽しんで下さい。
私は次が、待ってます。
御縁があり、
①枚方総合体育協会、地域総合型スポーツクラブ活動(U12バスケ)
②あべの翔学スポーツ専攻講師
この二つの活動の中で「リアルタイム思考」で提案してまいりましたことを実践させて参ります。
活動日誌として、facebookに参上し、続けたく存じます。
もう一日、残しておりますが
ご愛読、感謝したします。
ありがとうございました。

スポーツ・コーチング総合研究所
オフィスKURACH 倉田伸司

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考363】 

【リアルタイム思考363】
ゲームマネジメントでよく教え伝えた言葉がある。
「根雪の5点」
絶対に追いつかれない、追いつけない
チーム内絶対値としての合言葉場であった。
現代バスケのスリーポイントがある。
3p+ボーナススローでも追いつかれない点差を意味する
これを「根雪の5点」、溶けるに時間がかかる。
溶けるに溶けない万年雪をイメージして、
固まった「根雪の5点」を教え込む
これがコーチングだと認識している。
この5点を取る、守るがゲームマネジメントメントに極意である。
その5点をコーディネートするトータル練習メニュー創造が
コーチングである。
バスケ競技を支える全ての要素を組み込み、
「根雪の5点」の攻防を着地点にフィードバックさせて行く。
今、やっているスキル、メニュー、メソッドが着地点が
イメージできるものでなければ、
選手たち、チームに成果が見えてこない。
これがチームで共有する「勝利の方程式である」
それを科学的根拠を持ってマネジメントさせるのが
チームスタッフの役割であり、仕事であり、使命である。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード