FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイムバスケ思考037】 

【リアルタイムバスケ思考037】
指導者のチカラ(能力)の発揮場所は現場である。
現場とは、向き合う場所である。
練習の場、メニュー創りの場、学びの場、アドバイスの場、ミーティングの場
そのトータルを集結させて、ゲームの場がある。
ゲームの場をクローズアップして、話す時に
日常の練習の場でのゲーム
試しの場である練習ゲーム
レギュラー選びでのゲーム
練習試合でも、ホーム、アウエーでのゲーム
冠大会でのゲーム
一軍戦のゲーム
二軍戦のゲーム
*ちなみに私は、一軍二軍って分け方はしない。
公式戦でのゲーム
etcで見方、教え方、捉え方、要求の仕方は異なる。

全て、いつも、同じ要求では、チームの伸び率はあまり期待できない。

さて、一つ一つの場での現場力を考えてみませんか。
公式戦でベストパフォーマンスをチームに求めるなら、
ゲームの種類により、要求度は異なるはずであると考える。
公式戦で起きる対応力が現場力であり、
其処で起きる現象を全て想定内にする為に
多くの試しのゲームがある。
更に公式戦で起きる「想定外」も「想定内」とするのも、
指導者の能力である。
怪我が起きたときのチームの対応のチカラを学ぶ場を
指導者集団が研究し、共有したいなと思う今日この頃である。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考036】 

【リアルタイムバスケ思考036】
「期待するが我慢する必要なし」は
プロ野球原監督が使った言葉、

「見切り千両」は株相場の格言
どの時点で切り替えるか。
泥沼化か、精算して、マイナスな現状を受け入れるか。

其処が成功への鍵となる。
マイナスな要因が現れても、何食わぬ顔で対処する。
海千山千のしたたかさを持ち合わせる。
ギリギリの勝負を数多く体験し、対応した経緯を記憶し、
かつ、同じ現象の前にマイナスまで下降しないラインで
如何に食い止めるかが、その人の度量である。

場の空気感を敏感に感じ取る能力は、天性の人もいるが
後天的に分析力での解決能力は身に着けるチカラは可能かも…。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考035】 

【リアルタイムバスケ思考035】

観客席での声

ダンクする外国人に大歓声の時代がいつまで続くんや。
もう卒業して、そのプレイ自体許さない時よ早く来いです。
ダンク自体に一喜一憂するのを否定しているのではなく
留学生や外国人助っ人に頼るチームづくりを卒業できないものか。
育成と強化のさじ加減の中でタレント発掘をオリンピック終われば、
そこで終わりじゃないでしょうね。
なんか、違うんだよねを感じている人の数がかなり増えている。

グローバルの時代だからって
国内の大会に自国育成って観点は反映されないのか…。
育成って、U12~U18だけの言葉じゃない。
根本的にすそ野を広げるってことを実感できないのはなぜだろうか。

ブログ再開に思う第一声です。
あきらめず、バスケの輪、広げていきます。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考再会】 

お久しぶりです。
コロナ禍、私生活もブログも自粛でした。
ただfacebookだけを更新しておりました。
楽しみに読んでいただいておりました方々へ申し訳ありませんでした。

これからもよろしくお願いします。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考034】 

【リアルタイムバスケ思考034】
寝る間も惜しんで…。
よくある質問、いつ寝ているんですか?
無呼吸症候群を検査した時、
寝た痕跡なし、呼吸した痕跡もない、てな結果が出た。
そんな馬鹿な、きっと、計測ミスでしょう。
寝ている間、夢じゃなく、考えて、
起きると即、その事を書きとめている。
家内曰く、寝言で何か、喋っているとか…。
ある番組の「プロフェッショナルなるとは…。」に応えるその道のプロたち。
そんな時にプロフェッショナルになりきって
「24時間、寝ても覚めて、その事を考えて、実現させるのがプロ」と
勝手に呟いたりしている自分発見…。
夢は、寝てみろ、夢を現実あるものにする。
夢を語っても現実みがないと無視される。
だから、夢を口にしない人では、いつまでも夢が叶わない。
有言実行で人に喋ってみませんか。
するとね、やらなきゃっての思いが発想として浮上してくる。
すると脳は実現させようとするようです。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード