FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイムバスケ思考027】 

【リアルタイムバスケ思考027】
医療関係者などとコラボし、立ち上げたスポーツ研究グループの理念の一つに
息の長い選手生活、引退後の生活なども話し合っている。
「新しい働き方ディアルキャリア」というテーマのニュース報道があった。
興味津々でフルタイム就業とアスリート活動…。
えっ?見ている間にある時期の実業団のスタイルじゃないのか
なんでそれがが新しいアスリートのあり方、企業のスタイルって、
ディアルキャリアって、横文字にしただけで
逆戻りじゃないか、唖然である。
ニュースにそのスタイルを取り入れた企業の社長さん曰く
「人材不足からの取り組みでアスリートに目を向けた」との言葉
アスリートは「競技が続けられるなら、どんな環境でもいい」
両者の思いが一致しての環境である。
そこで色々思うことがある。
元の形にスポーツ界も進むのかもと咄嗟に脳裏を横切った。
日本が持つ良くも悪くもスポーツ文化の一つ、
きっと、また、部活を見直す時が必ず来る。
そんな、予感がしてならない。
だってね、今、学校の外にと向いているけど、
使ってる施設はほぼ、学校や公的施設、
指導体制が変わっても、あまり変化は変わらない。
一つの意見と聞き流してくださって結構です。
起こせイノベーションでの活動で
必死にやろうとする教育界が存在することが多く語られていない。
でも、私への依頼で向き合う指導者と多くもおられる事実は語りたい。
一つの意見として、お聞きください。
スポンサーサイト



category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考026】 

【リアルタイムバスケ思考026】
早過ぎるんですかね、…と思うこと多々。
今、目の前を流れる出来事に、
そう呟くことが多々ある…。
その当時、ボツにされ、葬られた事が
今、実現している。
よかった、よかった、よかった。
でも、資料が残っている。
実現しようとした過去の資料が残されている。
そう考えるとデータは残しておくべき、
誰が先、誰が後、そんなことどうだって良い。
時間差であの時のティッピングポイントの一石が蘇る。
あの時の思いが実現できていることに喜びを感じる。

最近の出会いに「時代の流れ」って事が
私の中でクローズアップされる。

新しいことを自慢げ言う人、
あんたは古いって、言われたこともある。

そのパターンね、半世紀前に既に、
使っていたコーチが存在するのにね…。

まっ、いいっか…。
温故知新とアドバイスくださった人が居る。

今、始めようって事は、
実は、誰かが、どなたが、思っていたことで
何とか、しようとする思いの蓄積であり、総意である。

もう暫く、頑張りますわ。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ思考025】 

【リアルタイムバスケ思考025】
最後に追いつかれそうになった時にでも
根雪の点差が何点なのかで1点がすごく重い時がある。
まして、3点…。
その3点の差はどの時点に根雪のとなったのか。
前半終了時の3pシュートの成功にある。
その重さが最後の最後にのしかかった。
何度も体験した事である。
根雪とは、解かすに解けない、追いつきがたい点数差を意味する。
その差の重みに編み出した練習メニューがある。
かなりハードで、心身共に疲れ果てる事を
時間と戦いの中で決まるまでやる。
その重さとの戦いで重圧を克服できるのは、
実戦で成功した経験の時のみ、実感できるものである。
その成功を体験したチームには、効力として受け継がれていく。
そのイズムを教えたいがコーチングの原点である。
残り時間数秒で4点差を同点に追いつき延長で勝利をものにする。
3点ではなく、あえて4点とした。
3pシュート成功でも、追いつかれないは思い込みである。
人は奇跡と言うが、チームの皆んなは、そう思ってない。
だって、その為の練習を寝ても覚めても、
毎日毎日、練習メニューに組み込んでいたから、
それが受け継がれて、しつこさや、諦めなさに繋がって行くのである。
だから、「根雪の5点」と表現して、練習メニューに組み込んだ。
信じるか否かは、ご自由に…。
ただ、チームはそれを信じて、練習した。
チーム全員が共有するまで、成功するまで続けた。
簡単にできないから、やる価値を見出したのである。
点数表記が、1点が3点に、3点が4点に、4点が5点にとなった。
重みが、そうさせたと受けとめていただければ…。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ考察024】 

【リアルタイムバスケ考察024】
○バスケ育成の我が哲学
・ブレない指導の為のビジョン構築
・着地点が見える指導(可視化)
・やればできると信頼される指導(効力化)
・やらされ感のない、其処には必ず笑顔がある。
・故障しない身体つくりと通用する技術の伝達力
・古いものを新しくみせる指導の為の努力
・やり続ける根気で諦めない心を育てる。
・向上のプログラムを理論的に組める。
・出来ないことを出来るまで改善を繰り返し、更なるレベルアップを図る。
・チームで上達を共有、共存できる方針を提供する。
・飽きのこないプログラムの提供ができる。
・向学心が向上心に結びつき、チームに活気がある。
・いいものをインプットすれば、いいものがアウトプットされる。

思いつくまま、箇条書にしてみました。
これを繋ぎ合わせて、文章化する。
そうするとね、見えてくるものがあるんですよ。
これを具体化するのが指導者のコンピテンシーの一つである。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイムバスケ考察023】 

【リアルタイムバスケ考察023】
全国のテッペンを知る男からからアドバイスが届く。
「もっとできる」をテーマのU12へのアドバイスです。
その五つです。
①股関節が柔らかくスタンスが良い
②左右のレイアップとドリブル、それと左右軸足のピポット
③シュートフォーム
④キャッチ
⑤ボールを取ったらバスケットを見る。
+αが必ずあるはず…。
それを探す作業がバスケ技術の未来につながる。
色々出し合って、語り合いませんか。
U12にとどまらず、色々な角度、色々なカテゴリーが集まって
バスケ語りませんか。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード