クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイム思考032】 

【リアルタイム思考032】
体育館に響く「はい!」の大きな声
数分後、指導者の大きな声、「何やってんだよ?」
「わかってんのかよ(怒)」の声
「すみませんでした」との反省の大声
でも、お叱りの声と反省に声が
交互に響く一日はエンドレスに続く、
翌日も、次の日も、また、次の…。

困ったもんじゃありませんか。

元気な声が響くのは、良いのですが。
改善は、出来ると思います。

変えましょう。
変われます。

期待します。
スポンサーサイト

category: オフィスKURACH

【リアルタイム思考030】 

【リアルタイム思考030】
切り替え力の速さ天下一品
敗戦のその日に、
新チームに期待?
なるほどね。
う〜ん、確か、去年も…。

そして、少し時間が経てば、
「来年は能力の高い部員が集まるんです」

えっ、まだ、新人戦も始まってませんよ。

更に、新人戦の敗戦の後、
「3対3までしか、指導できてないんですよ」発言。
9月から12月、4ヶ月もあったのに
文化祭、体育祭で忙しくとか
学年の仕事がとか、
修学旅行の主担とか、
出来ない理由並べる

時が経過し、インターハイ予選終了後の弁

聞きたくない、聞きたくない。

俺ら、いつ頑張れば、いいのやら?
お〜い、後輩たち頑張れよ。
えっ、先輩ら、まだ、公式戦始まってませんよ。
部活、あるある話、特選。

category: オフィスKURACH

【リアルタイム思考029】 

【リアルタイム思考029】
「先生、お久しぶりで〜す!」の弾む声。
立ち止まって、しばし、バスケ談義。
とある県のエンデバーで講師をさせてもらった時の受講生のお一人。
「日本一なチームづくりを考えてみようエンデバー」
同内容、二箇所でセミナーさせていただいた。
コートでのクリニックも大切、
理念、理論を明確にして
チーム創りの第一歩が大事では…。

あれから、夢実現へ、教員採用試験合格
教員の道を歩まれている。

その後、別の場所で再び出会う。

それは指導現場(コート)、
輝く指導の眼差しの教え子たちは輝いていた。

その夜の懇親会は盛り上がった。

チームづくりの第一歩は
「理念、理論つくり」から。
そして、学びでレベルアップ
現場実践は改善を繰り返し
チームを成功へ導きだす。

category: オフィスKURACH

【リアルタイム思考028】 

【リアルタイム思考028】
外角のシュートを全然打たない相手チームのセンタープレイヤー
「そのプレイヤーの外は捨てろ!」とベンチから声が飛ぶ。
それでもディフェンスしようとするとプレイヤーの習性

その逆、ペイントエリヤの攻防に負けて外に出て、ディフェンスされない状況へ
そのセンタープレイヤーにしか、シュートチャンスがない。
ベンチから「もらって、打てよ!」とベンチからの声が飛ぶが
シュート打とうとする行動をとらないプレイヤー。

さて、どうなんじゃろうかね?
このような状況が続くレベルじゃ、
ハイレベルなバスケは望めませんよね。
と、思う今日この頃です。

category: オフィスKURACH

【リアルタイム思考027】 

【リアルタイム思考027】
公式戦の片隅で
指導者が集まって試合観戦
その日は、「スカウティング」の勉強会
自チームが次あたるチーム分析し、
対策を練る学習会。
「貴方は、何を観て、分析する?」と質問を受けた。
手の内、暴露である。
何も隠さず、メモを見せる。
①オフェンスの貰い足(ミートステップ)
ジャンプミートか、ストライドステップか
②ディフェンスのスタンスとステップ
最初の一歩はスライドか、クロスか
この2点ですと答えた。
不思議そうな顔された。
ゾーンとか、マンツーマンちか、プレスとか、フォーメーションとか
それを観ないんですかとの顔された。
その対策の為にスカウティングするのではと質問された。
対戦するときに、次何をやってくるかもわからない。
スカウティングした以外のことをやって来るかもしれない。
チームが戸惑うだけと答えた。
あまり興味を持たれなかった。
寂しい〜す⁉︎

category: オフィスKURACH

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード