クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【学びの本棚084】2017・5・29 

本棚084
【学びの本棚084】2017・5・29
《本》『成功への熱い思いを君に』
小尾敏夫・熊谷正寿プロデュース かんき出版

雑誌風の講演内容の本
「夢実現って、どういうことなんだろうか」で読みはじめた。
夢見たままの人が多い中で
夢を現実に実現させるって…。
まず、「そんなこと出来ないよう」を捨てる。
なるほどね…。
具体的に絵を描いてみる…。
そうだよね…。
やり始めた壁にトライする…。
其処が岐路…。
「やる」を選択すれば、一歩近づく…。
「続ける」でまた一歩…。
「修正カイゼン」でさらに一歩…。
「出来ないを捨てて」、起こせイノベーション!
再確認の本でした。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚083】2017・5・28 

本棚083
【学びの本棚083】2017・5・28
《本》『成功法則』齋藤 孝訳 三笠書房

この学びの本棚シリーズをHPから抜け出し、
再びアップしようとしたのは、
一人の若き教員で部活指導者の訪問がきっかけである。
彼はオフィスKURACHの本棚から20冊近い書物を持ち帰った。
役に立てばと進呈した…。

 競技終了後の表彰式、全ての称える文字を読まれるのは優勝者(チーム)だけで2位~入賞者は「以下同文」ですまされる。
スポーツ社会では、その他大勢なのである。
何位であろうと始めてもらった表彰状には、深い思い出がある。
でも、いつも、いつも「以下同文」では成就感はない。
「それは贅沢な悩みですよ」は理解できても、
20枚以上の「以下同文」扱いされた表彰状の山から抜け出したいと思うのは当然だろう。
昔、「2位じゃ全国大会にいけない、そんな表彰状いらない」とその表彰状を破り捨てた指導者がいた。
その気持ちは理解できるが、自分は破り捨てることはしない。
でも、「以下同文」じゃ仕方がない。
そこから抜け出したと強く思う気持ちは捨てられない。
「何とかせなあかん」という思いで読んだ本である。

category: クラッチのつぶやき

【学びの本棚082】2017・5・27 

本棚082
【学びの本棚082】2017・5・27
《本》『そして不死鳥はよみがえる』
ハヤブサ著 徳間書店

自分が好きなことをして、
命がなくなっても悔いはない。
命がなくなれば、その後苦しむことはない。
自分の身体がままならず、死ぬこともできない首から下が完全麻痺の身体に誰だって絶望感を持つのが普通だろ。
でも、ハヤブサは蘇った。
医者から見放された身体が蘇る。
完全ではないが立つことが出来る。
自分の手で食事ができる。

見続けていれば
諦めなければ
夢は終わらない
お楽しみは、これからだ!

そんな彼をとある学校に招いて講演「俺の生きざま”四角いリングに賭けた人生”」をしてもらった。
柔道場でみんな泣いた。その涙は哀れみの涙ではない。
感動の涙である。
この講演の前日、一緒に飲んだ魔王という焼酎は最高でした。
しかし、昨年(2016)他界された。
ご冥福をお祈りいたします。

category: オフィスKURACH

【学びの本棚081】2017・5・26 

本棚081
【学びの本棚081】2017・5・26
《本》『文武両道、日本になし』
マーティ・キーナート著 早川書房

人間の潜在能力には驚くべきものがある。
古臭く、柔軟性のない教育とスポーツの制度さえ改革すれば、
文武両道は可能だという筆者に賛同する。
”人の心が思い描き、信じることが出来るものは、みな達成できる”というナポレオン・ヒルの言葉が印象的に紹介されてあった。
日本には優秀なアスリートが有能な弁護士や医師である例が
極めて少ない。
それは教育のシステムにあると訴える本である。
今、それが問い直されている。
気づきは既にあった。
スポーツ馬鹿を世に送り出してはダメである。
有能で優秀なアスリートを育てなければ、スポーツが文化として発展はしないだろう。

category: オフィスKURACH

【学びの本棚080】2017・5・25 

本棚080
【学びの本棚080】2017・5・25
《本》『夢に向かいて』
近藤 欽司著 卓球王国

思うような指導ができずに悩んでいる人、
卓球が伸び悩んでいる人、
練習をしているのに試合で勝てない人にオススメの指導者。
表紙に書かれてある言葉にひかれて読んでみた。

第5章の試合で役に立つ練習とは何か。
第6章の誰にも指導の転機は訪れる。
この2章は興味深いものがあった。
競技は違えども、先駆者の教えは真似てみる必要ある。

日本卓球界、世界チャンピオンの尻尾を掴みかけている2017年、
この本が出版された2004年、
この人の描いたイノベーションボードが開花し始めている。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード