FC2ブログ

クラッチの「今日の一言(つぶやき)」

スポーツ・コーチング総合研究所 オフィスKURACH 所長クラッチこと倉田伸司のつぶやきをお伝えします。

 

最新トラックバック

【リアルタイム思考267】 

【リアルタイム思考267】
行き着くところは、バランス感覚である。
何のこと?
バスケットボールのパターン考察時の感覚である。
オフェンス、ディフェンス、それぞれに存在するバランス感覚。
3対2の原則と勝手に比率を決めている。
3は直接的
2は間接的
このバランスを崩すとやられる、負ける。
プレイに参加する直接の3は1〜3を意味する。
この3とは、プレイヤーの数を意味する。
哲学ですねって、言われたこともあるが
このイメージは自分のバスケ指導の感性で有り、
最も大切にしているがところである。
譲れない感性なんである。
ゼロは有り得ない。
1〜3の協力と邪魔せず次に備える2の存在が
ブレずに、間を取り合い、バランスを取り続ける。
そして、オフェンスなら24秒で如何に
リバンウンドデルタポジション(3)とセフティ(2)をつくり続けられるかが
ゲームを支配し、続けられるかが勝敗を左右する要因となる。
ディフェンスなら間接的な(2)が如何にオフェンスへの
トランディションへのタイミングを図れるかである。
今、究極的にこの感性を伝えようとしている。
それは私だけじゃなかった。
スポンサーサイト

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考266】 

【リアルタイム思考266】
長年連れ添っている夫婦だって揉める時は揉める。
人が集まればなにがしのトラブルがあるのが日常である。
意見が食い違うのが前提で
チームの運営や会社の経営で
意見の相違があるのがスタンダードと理解している方が 楽である。
その方が上手くいく事だって多々ある。
全て、同じなんて有り得ない。
だから、意見の擦り合わせをして
歩み寄りや妥協点を探るのである。
意見や方向性が違うからって、
分裂したからって、分れた先で
また、揉めるなんて事はよくある話ですよね。
でも、やってしまうのが人の社会ですよね。
上手くいって成果を出しているチームが
全て上手くいっていると思っている人、
そう信じている人、
結構多いですよね。
揉め事やアクシデントを外に出さない努力が其処にあることを
知る必要性を強く感じる。
いつの世の中でも
THEガマンの世界は存在する。
それをチームに教える事が出来る人が
良き指導者の証である。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考265】 

【リアルタイム思考265】
勝てない理由に「初心者が多くって…」を要因に挙げる指導者に出くわすと
無性に腹がたつ。
例えば、新人戦。
準備まで3ヶ月ぐらいの時間が各チームほぼ平等にある。
経験者ばかりのチームとの実力差は
最初はあるだろうが、伸び率からすると
断然、初心者の方が大きいと理解している。
初心者という理由で練習や練習試合での経験をあまりさせない傾向にある。
此処が問題である。
初心者だから、多くの経験が必要で
経験させれば、全て吸収して行く利点がある。
経験者は、ある時から自分の価値観で判断して
成長が鈍化する傾向が強く現れる。
その結果、指導者との摩擦も発生する。
そんな経験ありませんか。
3ヶ月もあれば、ゲームする体制は整えられるし、
初心者ばかりでも、レベルアップは測れる。
それが指導力である。
過去に何人もの素人という初心者を指導したことがあるが
対外的には、その事を告げた事は皆無である。
指導者なりたての時、ブロック(都道府県レベル)で
ベスト8まで進出した時のスタートメンバー5人
中学校経験者2名、後は野球部、卓球部、帰宅部
どう思われますか…。
転勤して、部員不足の時、途中入部してきた一人は
1月までバレー部、3月にはレギュラーとして普通にプレイする。
どう思われますか…。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考264】 

【リアルタイム思考264】
関西人、特に大阪の会話の最後、頻繁に出てくる
「なんでやねん」
漫才はこのフレーズで終わることが多い。
しかし、日常の会話では、この後が面白く、深い。
「お前はアホか?」も
よく使われるフレーズである。
ちなみにクラッチ試合用語は「かめへん!」
名古屋遠征時には、一時流行りのフレーズとなる。
「かめへん?」はどう言う意味。
構わない、気にしなくてもいいの大阪弁である。
そのかめへんを「かめへん、かめへん、かめへん」を
多用、連発する浪速のコーチの言葉が不思議だったようです。
連発するだけでは、笑いを誘って終わるだけ、
このかめへんから、チームが大変身し、
駄目チームがグッドチームに
弱いチームが終わってみれば、強いチームになる。
何度もその要因について、質問を受けた経験がある。
その一つの高校がクラッチ魔法の用語が部旗としてくださっている。
ご安心ください。
かめへんではありません。

category: クラッチのつぶやき

【リアルタイム思考263】 

【リアルタイム思考263】
ある組織で30年ビジョン構築というセミナーをさせていただいた。
奇しくも、同じタイミングで『人生百年説』が語られる新聞記事を読んだ。
このセミナー時の年齢が70歳、30年ビジョンの三十年目が100歳
自分の100歳を観てみたいと思った。
自分のセミナーで語った地域のスポーツ界が
自分のイメージ通りなのか、その時代を生きたいと思えた。
今、初めてようとする地域総合型スポーツクラブと
指導実践研究グループDSCSAとのコラボ
かなり現実化してきた。
ひとりの思いが飛び火して、もう一人の男の心に火がついた。
育てて、次世代に託する。
それがオフィスKURACHのミッションとする。

category: クラッチのつぶやき

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード